« 【歌舞伎】「助六」と「熊谷陣屋」で若さが明暗 2010年5月新橋演舞場夜の部 | トップページ | 【歌舞伎】時蔵の八重垣姫、一巴太夫の常磐津、菊五郎の髪結新三 2010年5月大阪松竹座夜の部 »

2010/05/28

【歌舞伎】海老蔵の松王丸、染五郎の「お祭り」 2010年5月新橋演舞場昼の部

 公式サイトはこちらです。
 夜の部の「熊谷陣屋」に比べると、「寺子屋」の方が良かったです。海老蔵の松王丸は、やはり咳き込むところが大げさですが、綺麗で大きくてよかったです。桜丸にかこつけて、息子小次郎の死を嘆くところも、手放しの子供のような大泣きが、拙いと言えば拙いのかもしれませんが、悲しみがストレートに伝わってきました。対する染五郎の武部源蔵は、どうも線が細く小さく見えてしまって、松王丸と互角に渡り合えていませんでした。七之助の戸波も、菅秀才を命をかけて匿おうとする覚悟が感じられませんでした。勘太郎の千代はしっかりとしてました。
 「吉野山」は風邪気味のため、ぽん太は意識喪失。
 「魚屋宗五郎」は、江戸っ子らしく気っ風のいい松緑が、どう宗五郎を演じるのか楽しみにしていたのですが、ちと期待はずれでした。台詞が一本調子で、愛嬌やおかし味が感じられません。酔っぱらった状態も、目がすわって怒鳴り散らすばかりで、なんだかコワ〜イ感じでした。おなぎの七之助が、「こんなことだとわかっていたら、お酒は持ってこなかったのに」というところは、勘三郎の宗五郎では笑いが起きましたが、今回は特に受けませんでした。松緑は古典的な演目や踊りではいいですが、世話物は苦手なのかしらん。
 「お祭り」。「寺子屋」の武部源蔵と違って、鳶頭染吉の染五郎は、いなせな感じに色気も加わり、なかなかよかったと思います。


五月花形歌舞伎
平成22年5月・新橋演舞場
昼の部

一、菅原伝授手習鑑
  寺子屋(てらこや)
             松王丸  海老蔵
              千代  勘太郎
              戸浪  七之助
            園生の前  松 也
            百姓吾作  寿 猿
          涎くり与太郎  猿 弥
            春藤玄蕃  市 蔵
            武部源蔵  染五郎

二、義経千本桜
  吉野山(よしのやま)
      佐藤忠信実は源九郎狐  勘太郎
            早見藤太  猿 弥
             静御前  福 助

三、新皿屋舗月雨暈
  魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)
           魚屋宗五郎  松 緑
           女房おはま  芝 雀
          磯部主計之助  海老蔵
           召使おなぎ  七之助
            小奴三吉  亀 寿
            岩上典蔵  亀 蔵
            父太兵衛  市 蔵
          浦戸十左衛門  左團次

四、お祭り(おまつり)
              鳶頭  染五郎

|

« 【歌舞伎】「助六」と「熊谷陣屋」で若さが明暗 2010年5月新橋演舞場夜の部 | トップページ | 【歌舞伎】時蔵の八重垣姫、一巴太夫の常磐津、菊五郎の髪結新三 2010年5月大阪松竹座夜の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/48410445

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】海老蔵の松王丸、染五郎の「お祭り」 2010年5月新橋演舞場昼の部:

« 【歌舞伎】「助六」と「熊谷陣屋」で若さが明暗 2010年5月新橋演舞場夜の部 | トップページ | 【歌舞伎】時蔵の八重垣姫、一巴太夫の常磐津、菊五郎の髪結新三 2010年5月大阪松竹座夜の部 »