« 【バレエ】鬼気迫るコボーのルドルフ「うたかたの恋」英国ロイヤル・バレエ団 | トップページ | 【バレエ】都ちゃん凄いけど、マクミラン振付けはちょっと病的?「ロミオとジュリエット」英国ロイヤル・バレエ団 »

2010/06/27

【苦情】年金事務所の方へお願い・このような文書を送らないで下さい

 年金事務所から、障害基礎年金を受給されている方に、次のような文書が送られたようです。

障害基礎年金診断書の提出についてのお願い(お知らせ)

 障害基礎年金を受給されている方につきましては、その障害の状態を確認させていただくため、定期的に診断書の提出をお願いしております。
 あなたは、今年の7月に診断書の提出が必要となりますのでお知らせ致します。

 この届書は、「国民年金 障害状態確認届・受給権者所得状況届」等(届書名は年金受給者の方によって異なります)となっており、平成22年6月30日に当年金事務所より送らせていただきます。

 この届書は、平成22年8月2日(月)までに、お住まいの市役所の国民年金担当係までご提出いただく必要があります。短い期間でのお手続きとなりますので、お手数ではありますが、7月中に診断書の作成が出来るよう、かかりつけの医師に手配するなどの準備をお願いいたします。

 なお、診断書は必ず平成22年7月中の診断内容を記入いただくようお願いいたします。
            平成22年6月11日
            ●●年金事務所
            お客様相談室


 お願いです。このような文書を送らないで下さい。何人もの患者さんに、「こんなものが送られて来たのですが、いったいなんでしょう?」と聞かれ、その説明をするために余分な時間と手間が必要になりました。はっきり言って診療の邪魔です。また、患者さんを不安にさせます。
 国民年金の障害年金の診断書の提出は7月になっており(厚生年金の方は誕生月なので、分散しています)、医者が書類を書くのに追われることは、以前にも7月は障害年金の診断書で大忙しです(2006/07/09)や【医療改革】書類を減らすだけで医者不足は解消できる(2009/08/15)に書きました。1ヶ月に1度受診する患者さんも多いので、7月下旬に来られて「7月中に診断書を」と言われると、医者は書類書きに追われることになります。
 そこで恐らく年金事務所の職員が、診断書の作成・提出がスムーズに行くようにと考えて、この文書を郵送したのだと思いますが、これは医者にさらによけいな仕事を増やす結果となっております。
 こんな文書を送るなら、かわりに同じ日(6月11日)に診断書の用紙を早めに送れば済むだけの話しではないか。そうすれば、次の受診のときに医療機関に診断書を持っていき、その次の受診時に診断書を受け取れます。診断書の日付を「6月から7月のあいだ」に広げてくれればなおさらいいけど、それが無理でも、だいだい書いておいて、必要なところだけを7月に診断して書き加えればいいわけです。
 ある問題を解決するためにさらに屋上屋を架して、いっそう分かりにくくし、余分な仕事を増やすというのは、お役所仕事の典型で、おかしいやら腹立たしいやら。人員削減にならないように、わざと自分たちの仕事を増やしているとしか思えません。社会保険庁の体質は、年金機構になっても変わってないようですね。
 だいいち、「届書」などという言葉は、ぽん太は生まれて初めて見ました。典型的なお役所言葉ですね。goo辞書によれば、「届け出る内容を書き記した書面」とのこと。
 まあ、ぽん太が患者さんのためを思って、いちいち説明してあげるからいけないのかもしれません。来年から「年金事務所に電話してみたらどうですか?」という対応をしますので、年金事務所の方は電話攻撃に覚悟しておいて下さい。ん、仕事が増えて喜ぶのかしら?

|

« 【バレエ】鬼気迫るコボーのルドルフ「うたかたの恋」英国ロイヤル・バレエ団 | トップページ | 【バレエ】都ちゃん凄いけど、マクミラン振付けはちょっと病的?「ロミオとジュリエット」英国ロイヤル・バレエ団 »

精神医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

こんな無意味なことするな日本年金機構はこれ出さなかったら一時年金止めるとかアホか
国民を餓死や凍死させるつもりか
年金機構は個人情報を100万人ぐらい流出させたりして国民の害にしかならないからつぶしたほうがいい
厚生労働大臣の塩崎が無能なせい

投稿: あ | 2015/11/15 21:26

ヨシダさん、コメントありがとうございます。
いつものことですが、返事が大変遅くなって、申し訳ありません。
年金だけでなく、さまざまな事務手続きは、本当にめんどくさいですよね。もっと簡単に、わかりやすくして欲しいです。
ぽん太の経験では、お役人さんも人によるようで、バイト感覚のいい加減な人もいれば、とても熱心に対応して下さる人もいます。いい人が増えてくれるとうれしいのですが……。
それから地域の「生活支援センター」が、もろもろの手続きの手助けをしてくれることもあるので、ご相談してみるといいかもしれません。
少しでも障害者にやさしい世の中になるといいですね。

投稿: ぽん太 | 2011/03/12 13:51

自分は、障害者です、障害年金の申請を主治医より助言され
書類を自分なりに一生懸命に用意 提出しましたが、
年金でも、障害者年金は、別扱いで、年金機構の下に
障害者年金部署が、その下に申請進捗コールセンター?
なる 組織らしくて、この組織は、障害のイロハも
知らない者が、バイト感覚で障害者との対応をしています。
当然ですが、やる気は、まったくありません、聞きたい
内容の知識もありません、だけならまだしも、障害者
相手に感情丸出しで、自己保身 昔の組織より悪い様な
気がします、この組織に血税を使うあまり 審査決定に
半年も掛ると聞き体調は、悪化の一途です、厚労省の
年金局に電話しても、やはりお役人です、取り合っては、
くれませんでした。何方かこんな組織いらないと、
国を動かしてくれませんか?居ませんか!!

投稿: ヨシダ | 2011/02/21 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/48726417

この記事へのトラックバック一覧です: 【苦情】年金事務所の方へお願い・このような文書を送らないで下さい:

« 【バレエ】鬼気迫るコボーのルドルフ「うたかたの恋」英国ロイヤル・バレエ団 | トップページ | 【バレエ】都ちゃん凄いけど、マクミラン振付けはちょっと病的?「ロミオとジュリエット」英国ロイヤル・バレエ団 »