« 【ドイツ旅行(9)】ベルリンで観て来たよ「Symphony of Sorrowful Songs」ベルリン国立バレエ団 | トップページ | 【沖縄外海ダイビング(1)】久々のメタリック系はいいね(運瀬・当麻No.2) »

2010/08/06

【ドイツ旅行(10)】ワイマールを経て帰国です

Img_0765 ゴールデンウィークのドイツの旅のご報告、今回でようやく終了です。ベルリンをバスで出発し、途中ワイマールを観光し、フランクフルトから飛行機で帰国です。
 途中、アウトバーンで交通事故があったようで、ヘリコプターが来ておりました。これは、いわゆるドクターヘリですね。ヘリコプターに医者が乗って現場に駆けつけ、現場で救急処置を行うというものです。ドイツはドクターヘリの先進国として有名です。ドイツでは1970年からアウトバーンの交通事故に対応するために運用を開始。年間2万人を超えていた交通事故死亡者を3分の1以下に減らしたそうです。日本の救急ヘリ病院ネットワークのサイトはこちら。2010年7月7日現在、日本でのドクターヘリの配備は23カ所ですが、日本よりわずかに国土の狭いドイツでも80カ所に配備しているそうです。
Img_0769 などと言っているあいだにワイマールに到着。写真はマルクト広場に面するホテル・エレファント。16世紀初頭にオープンした歴史あるホテルで、ゲーテやシラー、バッハを初めとし、メンデルスゾーン、リスト、ワグナー、トーマス=マン、トルストイなども宿泊したことがあるそうです。また写真のテラスからは、ヒトラーも演説を行ったそうです。
Img_0772 こちらは、ゲーテやシラーが自作を上演した国民劇場。
Img_0766 でもってこちらは、文豪ゲーテが約50年間も暮らしたというゲーテ・ハウス。
Img_0777 こちらがシラーの家です。「ウィリアム・テル」はここで執筆されたのだそうです。

|

« 【ドイツ旅行(9)】ベルリンで観て来たよ「Symphony of Sorrowful Songs」ベルリン国立バレエ団 | トップページ | 【沖縄外海ダイビング(1)】久々のメタリック系はいいね(運瀬・当麻No.2) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ドイツ旅行(10)】ワイマールを経て帰国です:

« 【ドイツ旅行(9)】ベルリンで観て来たよ「Symphony of Sorrowful Songs」ベルリン国立バレエ団 | トップページ | 【沖縄外海ダイビング(1)】久々のメタリック系はいいね(運瀬・当麻No.2) »