« 【沖縄外海ダイビング(1)】久々のメタリック系はいいね(運瀬・当麻No.2) | トップページ | 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010 »

2010/08/08

【沖縄外海ダイビング(2)】ついに念願のキンチャクガニに会う!(安室牛瀬)

Img_0881 初日3本目のポイントは安室牛瀬(あむろうしじ)。ポイントマップの19番です。
 写真はキンチャクガニ!ぽん太とにゃん子が以前から見たい見たい見たい見たいと思っていながら、見る機会に恵まれなかった生き物です。大きさは足を入れて約1〜2センチ。けっこうキレイな体色をしています。両手にチアリーダーのボンボンのようなものを持ってますが、これがカニハサミイソギンチャクという名前のイソギンチャクです。敵に対してイソギンチャクを振りかざして威嚇している姿を、テレビで見たことがあります。カニハサミイソギンチャクは、まだ単独で見つかったことがないそうです。つまり、イソギンチャクガニに持たれた状態でしか見つかっていないのです。また、生まれて来たキンチャクガニが、いったいいつ・どこでこのイソギンチャクを手に入れて、持つようになるのかもわかっていないそうです。キンチャクガニは、イソギンチャクをハサミで挟んで「持って」いるのだそうで、エサをとる時は下に置いたりするのだそうです。そんなわけで、片方のイソギンチャクをなくしてしまったりする場合もあるのだそうです。おもしろカワイイですね。
 キンチャクガニを見たことで、ぽん太とにゃん子が是非みたい生物は、ハンマーヘッドだけになりました。
Img_0858 僕も見てよとハナヒゲウツボ君。いつもながらキレイですね。
Img_0863 おなじみイッテンチョウチョウウオですが、アップで撮れたので載せときます。
Img_0875 この邪悪な物体はなんだ!?ゼニガタフシエラガイというウミウシの一種だそうです。これもお初にお目にかかりました。
Img_0888 安室牛瀬は、テーブルサンゴもすばらしいですよね。
Img_0893 サンゴの下にはネムリブカがいたりします。
Img_0902 このかめさんはタイマイです。クチバシが尖っているのと、甲羅のふちがギザギザしているのが特徴です。

P6070089 本日の夜の部は、アクアライフの梯さんに教えてもらった「居酒屋野郎りょう次」に繰り出しました。こちらが公式サイトです。若い人たちが頑張っていて、活気のある居心地のよいお店です。沖縄料理はもちろん、写真のような洋風の創作料理もおいしいです。「りょう次」にはいくつもの姉妹店があるそうで、グループのオーナーの金城良次さんは、沖縄では著名人なんだそうです。

|

« 【沖縄外海ダイビング(1)】久々のメタリック系はいいね(運瀬・当麻No.2) | トップページ | 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/49066036

この記事へのトラックバック一覧です: 【沖縄外海ダイビング(2)】ついに念願のキンチャクガニに会う!(安室牛瀬):

« 【沖縄外海ダイビング(1)】久々のメタリック系はいいね(運瀬・当麻No.2) | トップページ | 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010 »