« 【沖縄外海ダイビング(2)】ついに念願のキンチャクガニに会う!(安室牛瀬) | トップページ | 【歌舞伎】「恐い」というより「哀しい」勘太郎のお岩 2010年8月新橋演舞場第三部 »

2010/08/11

【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010

 首藤が出るというので切符を取ったのですが、なんでも日本人のローザンヌ国際バレエ入賞者によるガラとのこと。夏休みにこどもの城の青山劇場で行われたこともあってか、観客もちびっこがいっぱい。ぜひ今日来た人のなかから、未来のプリマが出て欲しいものです。ダンスの最中にごそごそトイレに行くのも今日はオーケーです。
 オープニングは、今年の出場者による群舞です。う〜ん、このひとは将来性がありそうだな、などということはぽん太には全くわからず。とにかく彼・彼女らが未来の日本のバレエを担っていくのでしょう。がんばってほしいものです。次いで今年の受賞者・佐々木万璃子による「ラ・バヤデール」のヴァリアシオン。だいぶ緊張していたみたいですが、ブラボー!Kバレエの瀬戸里奈と英国ロイヤルの蔵健太による「眠り」は、美しくまとまってましたが、観客をぐっとキャッチするところが欲しいです。横関・金田の「譜と風景」はとてもよかったです。聞いたことないバレエ団に所属する聞いたことないダンサーですが、ぜひ活躍して欲しいものです。本日の収穫でした。崔由姫と平野亮一の英国ロイヤル・コンビの「タイス」は、ルジマトフのような中年のネットリさはないものの、若い二人の初々しさが感じられました。平野の恍惚とした表情や、崔の目線が色っぽかったです。齊藤亜紀の「In The Middle, Somewhat Elevated」も迫力ありましたが、もひとつワイルドさが欲しいところ。「海賊」は、河野舞衣よりもLukas Slavickyの方が目立つ演目なのが残念。当初の予定どおり「黒鳥のパ・ド・ドゥ」を見たかった。佐々木万璃子がもうひとつコンテンポラリーの「Traces」。緊張が少しほぐれたのか、よく身体が動いてました。荒井祐子と清水健太のKバレエ組は「ロミオとジュリエット」。熊川哲也の振付は、男性のテクニカルなダンスが目立ち、二人の恋が燃え上がる感じに乏しいのが残念。
 さて、このあたりからレベルが急上昇してきます。SHOKOとWieslaw DUDEKのベルリン・ペアの「アダージェット」は、本当に見応えがありました。初めて観た演目ですが、女性が男性にあやつられ、翻弄され、いっとき逃れようとするが、またその手のなかに落ちていく、といった感じ。DUDEKの表現力が卓越していて、バレエの内容と同じく、SHOKOが終始DUDEKにリードされている感じでした。SHOKOは、もすこし細かな感情の陰影が表現できたらよかったのですが。でも、すばらしかったです。
 中村恩恵と首藤康之の「The Well-Tempered」もよかったです。題名の通り、バッハの「平均率クラヴィーア曲集」への振付け。こちらは女性が男性を終始リード。中村の、ちょっとアゴを出して猫背でドドドと歩く姿は、もう定番です。最後のスクエアの照明の演出も見事でした。独特の郷愁はもう中村独自の世界。首藤の引き締まった身体を駆使した踊りもただただ見とれるばかりでした。しかし中村恩恵は先日のKバレエもすばらしかったのに、なぜぽん太は「時の庭」はいいと思わなかったのでしょう。自分の目が曇っていた気がしてきました。座席が見えにくかったせいもあったかも(責任転嫁)。
 ラストはアメリカン・バレエ・シアターの加治屋百合子の「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」。軽くて柔らかくて、本格的にレベルの高い踊りでした。


ローザンヌ・ガラ2010
Lausanne Gala 2010
青山劇場/2010年8月8日

※( )内:所属、ローザンヌ国際バレエコンクール入賞年・賞

《オープニング》  振付:キミホ・ハルバート
アクリ瑠嘉・池田武志・衛藤ひなの・佐々木まどか・中ノ目知章
益子 倭・水谷実喜・宮崎真衣・山本勝利・吉田合々香

《2010年受賞者による》
「ラ・バヤデール」よりヴァリエーション
振付:M. プティパ
佐々木万璃子 (川口ゆり子バレエスクール/10年第3位・スカラシップ)

「眠れる森の美女」代3幕より グラン・パ・ド・ドゥ
振付:M. プティパ
神戸里奈 (Kバレエカンパニー ソリスト/99年エスポワール賞、コンテンポラリーヴァリエーション賞)
蔵 健太 (英国ロイヤルバレエ団 ソリスト/95年スカラシップ)

「譜と風景」
振付:アレッシオ・シルベストリン
横関雄一郎 (山本禮子バレエ団/98年スカラシップ)
金田あゆ子 (金田・こうのバレエアカデミー)

「タイス」パ・ド・ドゥ
振付:アシュトン
崔由姫 (英国ロイヤルバレエ団ファースとソリスト/02年プロフェッショナル賞、コンテンポラリー賞)
平野亮一 (英国ロイヤルバレエ団ソリスト/01年スカラーシップ)

「In The Middle, Somewhat Elevated」より
振付:W. フォーサイス
齊藤亜紀 (ロイヤルフランダースバレエ団 プリンシパル/91年スカラシップ)
Wim VANLESSEN (ロイヤルフランダースバレエ団 プリンシパル/93年キャッシュ・プライズ)

「海賊」よりパ・ド・ドゥ
振付:M. プティパ
河野舞衣 (ミュンヘン・バレエ/07年スカラシップ、オーディエンス賞)
Lukas Slavicky (ミュンヘン・バレエ プリンシパル)

「Traces」
振付:Cathy Marston
佐々木万璃子

「ロミオとジュリエット」よりパ・ド・ドゥ
振付:熊川哲也
荒井祐子 (Kバレエカンパニー プリンシパル/90年スカラシップ)
清水健太 (Kバレエカンパニー プリンシパル/00年スカラシップ、コンテンポラリー賞)

「アダージェット ~アレス・ワルツより」
振付: レナード・ツァネラ
SHOKO (ベルリン国立バレエ団 プリンシパル、Kバレエカンパニー ゲストプリンシパル/96年スカラシップ、TV視聴者賞)
Wieslaw DUDEK (ベルリン国立バレエ団 プリンシパル)

「The Well-Tempered」
振付:中村恩恵
中村恩恵 (88年プロフェッショナル賞)
首藤康之

「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:G. バランシン
加治屋百合子 (アメリカン・バレエ・シアター ソリスト/00年スカラシップ)
Jared Matthews (アメリカン・バレエ・シアター ソリスト)

|

« 【沖縄外海ダイビング(2)】ついに念願のキンチャクガニに会う!(安室牛瀬) | トップページ | 【歌舞伎】「恐い」というより「哀しい」勘太郎のお岩 2010年8月新橋演舞場第三部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/49097345

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010:

« 【沖縄外海ダイビング(2)】ついに念願のキンチャクガニに会う!(安室牛瀬) | トップページ | 【歌舞伎】「恐い」というより「哀しい」勘太郎のお岩 2010年8月新橋演舞場第三部 »