« 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010 | トップページ | 【沖縄外海ダイビング(3)】タッチューのギンガメ玉、ウチザン礁、運瀬 »

2010/08/12

【歌舞伎】「恐い」というより「哀しい」勘太郎のお岩 2010年8月新橋演舞場第三部

 新橋演舞場、八月花形歌舞伎に行ってきました。公式サイトはこちら。昨年まで八月は納涼大歌舞伎でしたが、今年は花形歌舞伎だそうです。勘太郎がお岩、海老蔵が伊右衛門に、ともに初役でのぞむのが楽しみです。
 勘太郎のお岩がよかったです。急に声を張り上げたりグロテスクな姿態を見せたりして、観客をワーワー、キャーキャー怖がらせることを目指すのではなく、お岩の惨めで悲しい運命を切々と演じていました。勘太郎の誠実なキャラクターにも合ってた気がします。こちらのインタビューによれば、勘太郎は役作りのため、体重を10kgも落としたのだそうです。気合いがはいってますね。『四谷怪談』が単なる「怪談話」ではなく、歌舞伎狂言であることを再認識しました。もちろん「戸板返し」や「提灯抜け」のけれんも楽しませていただきました。
 海老蔵の伊右衛門は、ゾクゾクするほど色っぽい極悪人を期待していたのですが、思ったほどではありませんでした。顔はいいんですが。どこか人物像が定まっていない気がして、伊右衛門がどんな人物であり、どんな思いで小岩を裏切っていたのかが、よくわかりませんでした。お岩を怒鳴りつけるところなどは昨今のDVを思わせ、身につまされるようでなかなか迫力がありました。海老蔵の若い感性で、何を考えてるんだかわからなくて、人間性がぽっかりと抜け落ちているような、現代に通じる悪人像を作り出して欲しいものです。
 獅童の直助はそつなくこなしてましたが、なんだか台詞が現代劇風。七之助のお袖はいつもながら美しかったです。小山三の「おいろ」がいかにもやり手ばばあといった雰囲気で観客を大いにわかし、盛大な拍手をもらってました。


八月花形歌舞伎
平成22年8月・新橋演舞場
第三部

通し狂言
東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)

  序幕 浅草観世音額堂の場より
  大詰 仇討の場まで

   お岩/小仏小平/佐藤与茂七  勘太郎
           直助権兵衛  獅 童
              お袖  七之助
              お梅  新 悟
         茶屋女房おまつ  歌 江
             舞台番  猿 弥
              宅悦  市 蔵
           伊藤喜兵衛  家 橘
          民谷伊右衛門  海老蔵

|

« 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010 | トップページ | 【沖縄外海ダイビング(3)】タッチューのギンガメ玉、ウチザン礁、運瀬 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/49128003

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】「恐い」というより「哀しい」勘太郎のお岩 2010年8月新橋演舞場第三部:

« 【バレエ】日本のバレエってレベル高いのう ローザンヌ・ガラ2010 | トップページ | 【沖縄外海ダイビング(3)】タッチューのギンガメ玉、ウチザン礁、運瀬 »