« 【歌舞伎】荒事の團十郎の滑稽な道玄 2010年10月新橋演舞場昼の部 | トップページ | 【オペラ】空席が多くてもったいにゃい 新国立劇場「アラベッラ」 »

2010/10/28

【歌舞伎】仁左衛門の盛綱 2010年10月新橋演舞場夜の部

 本日は夜の部を観劇。松竹の公式サイトはこちらです。
 今回のお目当ては何といっても仁左衛門の盛綱による「盛綱陣屋」でしょう。確かにすばらしいできだったと思うのですが、なぜだかわかりませんがぽん太はこの演目は、感情移入しにくいところがあります。孫でもできるとまた違うのでしょうか。
 で、その孫に切腹を迫る微妙の役は秀太郎。ホントに品がいい優しいおばあちゃんで、小四郎可愛いやという気持ちを押し殺して厳しく切腹を迫るというより、言ってるそばから泣いちゃう感じでした。心理描写が得意な仁左衛門、盛綱役に疎漏があるはずがありません。首実検の場も見事でした。我當の時政が、まるで「スターウォーズ」にでも出てきそうな人間離れした迫力でした。三津五郎が注進というごちそう。
 
 「どんつく」は常磐津にのせた滑稽で楽しい舞踊ですが、豪華な配役でした。親方鶴太夫の團十郎が、バチとバチがくっついて見える仕草をしたり、ジャグリングをしたり、太神楽花籠鞠を披露したり(最後の1個は2回失敗して、手で直接入れて笑いを取ってました)と大活躍。何でもできるんですね。ぽん太は踊りはよくわかりませんが、三津五郎の踊りはなんかよかったです。座って見ている巳之助が、微かに首を振ったりして、懸命に父の踊りを目に焼き付けている風だったのが印象的でした。

 ラストは『艶容女舞衣』より「酒屋」。ぽん太は初めてみる演目でした。お園の福助が、変なところがちっともなくてよかったです(失礼な褒め言葉でごめんなさい)。あんまり顔で演技しないで無表情でやった方がいいのかも。一本気っぽい竹三郎の茜屋半兵衛と、物腰やわらかな我當の宗岸がともによく、特に竹三郎は吉弥とともに、上方の雰囲気を醸し出していました。最後の福助の半七と孝太郎の三勝も情緒がありました。
 帰り際ににゃん子がひとこと。「なんで浮気して子供作って勝手に出てった男が、みんなからあんなに同情されるの?」そ、そりゃそうだ……。


新橋演舞場
錦秋十月大歌舞伎
平成22年10月 夜の部

一、近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)
  盛綱陣屋
           佐々木盛綱  仁左衛門
           高綱妻篝火  魁 春
            信楽太郎  三津五郎
            伊吹藤太  錦之助
           盛綱妻早瀬  孝太郎
             四天王  男女蔵
             四天王  宗之助
             四天王  薪 車
             四天王  亀 鶴
            竹下孫八  進之介
          古郡新左衛門  友右衛門
           盛綱母微妙  秀太郎
            北條時政  我 當
          和田兵衛秀盛  團十郎


  七世坂東三津五郎 五 十 回忌
  八世坂東三津五郎 三十七回忌追善狂言
  九世坂東三津五郎 十 三 回忌
二、神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)
  どんつく
           親方鶴太夫  團十郎
          荷持どんつく  三津五郎
             門礼者  梅 玉
             白酒売  魁 春
              芸者  福 助
             太鼓打  巳之助
              子守  小 吉
             太鼓持  錦之助
             太鼓持  秀 調
             田舎侍  左團次
              大工  仁左衛門

三、艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)
  酒屋
           お園/半七  福 助
              三勝  孝太郎
           半兵衛女房  吉 弥
             半兵衛  竹三郎
              宗岸  我 當

|

« 【歌舞伎】荒事の團十郎の滑稽な道玄 2010年10月新橋演舞場昼の部 | トップページ | 【オペラ】空席が多くてもったいにゃい 新国立劇場「アラベッラ」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/49836668

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】仁左衛門の盛綱 2010年10月新橋演舞場夜の部:

« 【歌舞伎】荒事の團十郎の滑稽な道玄 2010年10月新橋演舞場昼の部 | トップページ | 【オペラ】空席が多くてもったいにゃい 新国立劇場「アラベッラ」 »