« 【拾い読み】高所低酸素適応の秘密『生老病死のエコロジー―チベット・ヒマラヤに生きる』 | トップページ | 【バレエ】吉田都の笑顔に癒される。英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「真夏の夜の夢」「ダフニスとクロエ」 »

2011/06/29

【オペラ】この状況では浮気もやむなし。新国立「コジ・ファン・トゥッテ」

 う〜ん、これもだいぶ前なので、忘れてきてしまってます。公式サイトはこちら、特設サイトはこちらです(音楽が流れます!)。
 設定が奇抜で、現代のキャンプ場が舞台になっており、グリエルモとフェルランドはアルバイトの若者、アルフォンソはキャンプ場の経営者です。フィオルディリージとドラベッラの姉妹は、キャンピングカーに宿泊しているギャルです。こんな設定では浮気するのは当然といった感じで、キャンプファイヤーを見つめ合いながら、アルバニア人ならぬバイク野郎に愛を語られたら、落ちてしまうのも無理ありません。「貞操」とか言われても逆にピンとこないのです。
 ラストも普通は仲直りして、めでたしめでたしとなるのですが、今回はみな傷ついて立ち去ってしまい、アルフォンソだけがひとり残るというものでした。そういう演出もありかな、とは思うのですが、最後の音楽が「仲直りしてめでたし」という曲なので、ちょっと違和感がありました。
 セットは小屋があって森があって池があって、ぐるぐるまわって、なんだかジオラマみたいでした。
 座席が3階の一番奥で、ちょっと音が通らなかった気がします。歌手ではフィオルディリージのマリア・ルイジア・ボルシと、フェルランドのグレゴリー・ウォーレンが良かった気がします。デスピーナのタリア・オールも、あばずれっぽい雰囲気が面白かったです。
 オケと指揮の善し悪しは、ぽん太にはよくわかりませんでした。


コジ・ファン・トゥッテ
[New Production]
Wolfgang Amadeus Mozart:Così fan tutte
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト/全2幕
新国立劇場 オペラ劇場
2011年6月2日

スタッフ
【指 揮】ミゲル A・ゴメス=マルティネス
【演 出】ダミアーノ・ミキエレット
【美術・衣裳】パオロ・ファンティン
【照 明】アレッサンドロ・カーレッティ

キャスト
【フィオルディリージ】マリア・ルイジア・ボルシ
【ドラベッラ】ダニエラ・ピーニ
【デスピーナ】タリア・オール
【フェルランド】グレゴリー・ウォーレン
【グリエルモ】アドリアン・エレート
【ドン・アルフォンソ】ローマン・トレーケル

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

|

« 【拾い読み】高所低酸素適応の秘密『生老病死のエコロジー―チベット・ヒマラヤに生きる』 | トップページ | 【バレエ】吉田都の笑顔に癒される。英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「真夏の夜の夢」「ダフニスとクロエ」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/51838474

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】この状況では浮気もやむなし。新国立「コジ・ファン・トゥッテ」:

« 【拾い読み】高所低酸素適応の秘密『生老病死のエコロジー―チベット・ヒマラヤに生きる』 | トップページ | 【バレエ】吉田都の笑顔に癒される。英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「真夏の夜の夢」「ダフニスとクロエ」 »