« 【バレエ】ロミオじゃないよ。新国立バレエ『ロメオとジュリエット』 | トップページ | 【バレエ】ルグリ別格!マニュエル・ルグリの新しき世界II・Bプロ »

2011/07/23

【歌舞伎】海老蔵復活。2011年7月新橋演舞場昼の部

 海老蔵復活、観て参りました。以前は「えびぞー、えびぞー」と騒いでいたにゃん子ですが、あの事件以来かなり熱がさめたようで、今回は3階右袖席での観劇です。公式サイトはこちら
 まずは澤瀉屋一門で『義経千本桜』から「鳥居前」。義経と静御前の別れを描いた一幕です。ずいぶん身体が引き締まった右近の佐藤忠信が、なかなか迫力がありました。
 続いて『勧進帳』。『義経千本桜』と『勧進帳』はまったく異なる演目ですが、両方とも義経を扱っていて、後日談になっているところがちょっと面白い組み合わせですね。
 海老蔵が富樫を演じますが、團十郎の弁慶、梅玉の義経という豪華な配役。海老蔵の最初の名乗りは、脇役の富樫にしてはちょっと堂々としすぎている気もしますが、狂言の主役は弁慶だけど、今回のステージの主役は海老蔵なので、これでいいのかもしれません。
 團十郎の弁慶は、さすがに立派。たしか以前に教育テレビで團十郎が『勧進帳』の解説をしてました。團十郎の解釈は、富樫ほどの武将なら一目で山伏たちが義経一行であることは見抜いているはずで、尻尾を出させようとしたがうまくいかず、見逃すことを決意した。しかし部下が義経に似た人物がいると注進したため、役目上やむなく止めざるを得なくなった、というものでした。そのあたりの細かい心理描写は、あまり感じ取れませんでした。もっともそれはハラであって、あからさまに演じてはいけないのかもしれません。
 でも最初に言ったように、今回の席は3階右袖だったので、富樫がよく見えません。ううう、左袖にすればよかった。最後の顔を上げての引っ込みなどは、乗り出して見させていただきました。
 代わりに梅玉の義経がよく見えました。弁慶と富樫がやり取りをしているあいだ、じっと座っているだけと思っていた義経が、笠に手をやったりと、意外と動いているのに初めて気がつきました。あれは一つひとつ決められた演技なんでしょうか、それともアドリブみたいなもんなんでしょうか。しかし梅玉の義経は、気品と悲哀があって最高ですね。(これも乗り出して見た)判官御手もよかったです。
 最後の『楊貴妃』は初めて見た演目。大佛次郎の作で昭和26年(1951年)に初代水谷八重子の楊貴妃で初演され、歌舞伎では昭和28年(1953年)に上演されたそうです。
 若き楊貴妃は、美しい高力士に恋心をいだきますが、彼が宦官であることを知って傷つきます。やがて玄宗皇帝の妃となった楊貴妃は、美貌と権力でもって高力士をもてあそびます。出世のために宦官となり、屈折した思いを抱いている高力士は、楊貴妃を愛しながらもその身体ゆえに愛しきれず、ついに自らの手で楊貴妃を殺します。
 もちろん海老蔵が高力士を演じます。玉三郎との泉鏡花で鍛えた演技を発揮か。新作にも強い福助の楊貴妃もゴージャスで悪くなかったです。でも全体として、倒錯的でエロティックな感じがいまひとつ足りなかった気がします。
 

新橋演舞場
七月大歌舞伎
平成23年7月
昼の部

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  鳥居前
          佐藤忠信実は源九郎狐  右 近
                 静御前  笑 也
                早見藤太  寿 猿
               武蔵坊弁慶  猿 弥
                 源義経  門之助

二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
               武蔵坊弁慶  團十郎
               富樫左衛門  海老蔵
                亀井六郎  友右衛門
                片岡八郎  権十郎
                駿河次郎  松 江
               常陸坊海尊  市 蔵
                 源義経  梅 玉

三、楊貴妃(ようきひ)
                 楊貴妃  福 助
                 高力士  海老蔵
         天真の従兄のちの楊国忠  権十郎
          一の姉のちの韓国夫人  笑三郎
          二の姉のちの虢国夫人  春 猿
          三の姉のちの秦国夫人  芝のぶ
                 女道士  歌 江
             竜武将軍陳元礼  猿 弥
                  李白  東 蔵
                玄宗皇帝  梅 玉

|

« 【バレエ】ロミオじゃないよ。新国立バレエ『ロメオとジュリエット』 | トップページ | 【バレエ】ルグリ別格!マニュエル・ルグリの新しき世界II・Bプロ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/52207852

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】海老蔵復活。2011年7月新橋演舞場昼の部:

« 【バレエ】ロミオじゃないよ。新国立バレエ『ロメオとジュリエット』 | トップページ | 【バレエ】ルグリ別格!マニュエル・ルグリの新しき世界II・Bプロ »