« 【オペラ】原発が安全と信じ続ける蝶々さんに涙・『蝶々夫人』新国立劇場 | トップページ | 【歌舞伎】ちょっと期待はずれの『夏祭浪花鑑』2011年6月新橋演舞場夜の部 »

2011/07/17

【歌舞伎】もっと大胆な演出を期待・コクーン歌舞伎『盟三五大切』

 勘三郎の病欠で迎えた今年のコクーン歌舞伎。公式サイトはこちらです。前回の1998年は観てないので、コクーンでは『盟三五大切』は今回が初めてでした。
 結論からいうと、『盟三五大切』ファンのぽん太としては、これでは納得できません。昨年のコクーン歌舞伎は、『佐倉義民伝』をラップと組み合わせるというもので、ぽん太の好みではありませんでしたが、それなりに斬新で意欲的な演出だったと思います。ところが今回は、脚本(台詞)はほぼ原作を踏襲し、演出上の解釈で趣向をこらすという方式。その解釈も、源五兵衛が巡る因果と我が身の行いに、生きることの不条理を感じて泣き濡れるというもの。ラストは「人生あたかも夢のごとし」で終わります。
 ぽん太が『盟三五大切』を好きな理由は、登場人物の心理などは顧みずに、劇としての必然性によって貫かれているからで、それがかえって現代的であり、また昨今の動機が理解できない犯罪にも通じてるように思われるからです。今回の串田和美の演出は、源五兵衛の「内省」に焦点を当てておりますが、これではこれまでさんざん繰り返されて来た「近代的」な心理劇に後戻りしたように思われます。
 また心理劇にしてしまうと、脚本上の矛盾が逆に気になってきます。たとえば源五兵衛は、なぜあれほど執拗に三五郎を殺そうとしたのかがわからないし、また泣きながら寺にたどり着いた源五兵衛が、いきなりパクパク飯を食い始めるのも不自然です。
 パロディ性、特に『仮名手本忠臣蔵』のパロディであるという面は、かなり抑えられていたようですが、これはコクーンの客層にはわかりにくいでしょうから、仕方のないところか。
 源五兵衛が小万の首をいとおしそうに抱えて帰って行くところの猟奇的な美しさがぽん太は好きなのですが、今回の演出では自分のしでかしたことの恐ろしさにおののきながら帰る、という感じになってました。
 本水の演出は、確かに観客がビニールをかぶって水しぶきをよけるのは楽しいですが(座布団の上にビニールシートが置いてあると、ちょっとワクワクします)、今回の演出なら、あえて観客にしぶきがかかる手前に雨を持ってこなくてもよかった気もします。
 橋之助の源五兵衛はなかなかよかったですが、もともと豪放な雰囲気が持ち味なうえに、演出の意図もあって、猟奇的な美しさがなかったのは残念。菊之助の小万、辰巳芸者の色気と気っ風、騙すことを後悔する正直さ、殺されるところでの嗜虐美と哀れさ、どれをとっても完璧でした。でも歌舞伎座ではなくコクーンなので、ちょっとくだけたところがあってもよかったかも。勘太郎の三五郎もきっちり演じていたけど、楷書すぎて粋さと色気が不足。七之助はこんかいは他の舞台があったのかしら。
 坂東彌十郎の家主はいつもながら上手。てっきり笹野高史が家主かと思っていたら、了心とますます坊主の二役。ますます坊主はやりたい放題。本気で台詞が出てこないのかよくわからない変な間が面白く、了心の真面目なシーンでも思わず笑いそうになりました。コクーン歌舞伎の楽しみのひとつです。八右衛門の中村国生は悪いけどダメ。高校生になったばかりといっても、歌舞伎役者の倅が金を取って舞台に出ているんですから、もっと頑張りましょう(なんて、偉そうにごめんね)。
 音楽はショスタコービッチの交響曲第5番の3楽章ですか?チェロの曲は知りませんでした。
 最後に討ち入りを呼びかける声は勘三郎とのこと。舞台に出たくて出たくて仕方がない様子が感じられて、よかったです。


渋谷・コクーン 歌舞伎第十二弾
盟三五大切
かみかけてさんごたいせつ
平成23年6月15日
シアターコクーン

四世鶴屋南北 作
  串田和美 演出・美術
           薩摩源五兵衛実ハ不破数右衛門  中村 橋之助
          芸者妲妃の小万実ハ神谷召使お六  尾上 菊之助
       船頭笹野屋三五郎実ハ徳右衛門倅千太郎  中村 勘太郎
                     芸者菊野  坂東 新 悟
                 若党六七八右衛門  中村 国 生
                 徳右衛門同心了心  笹野 高 史
                 船頭お先の伊之助  片岡 亀 蔵
富森助右衛門/家主くり廻しの弥助実ハ神谷下部土手平  坂東 彌十郎

|

« 【オペラ】原発が安全と信じ続ける蝶々さんに涙・『蝶々夫人』新国立劇場 | トップページ | 【歌舞伎】ちょっと期待はずれの『夏祭浪花鑑』2011年6月新橋演舞場夜の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

バジルさん、コメントありがとうございます。激務が続いていて、お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。ド素人のぽん太の感想を読んでいただき、ありがとうございます。
そうですか、七之助はオフだったんですか。たしかに中村屋一族で固めてばかりではいけないのかもしれませんね。でも、七之助の小万も見てみたかったです。

投稿: ぽん太 | 2011/08/19 14:24

はじめまして、検索から参りました。
今回のコクーン歌舞伎は観に行けなかったので、ご感想大変興味深く拝見させて頂きました。ありがとうございます。

ちなみに、七之助さんは別の舞台があったわけではなく、普通にオフでした。元々菊之助さんがキャスティングされた時点で、外されていたとのことです。

投稿: バジル | 2011/07/17 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/51953130

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】もっと大胆な演出を期待・コクーン歌舞伎『盟三五大切』:

« 【オペラ】原発が安全と信じ続ける蝶々さんに涙・『蝶々夫人』新国立劇場 | トップページ | 【歌舞伎】ちょっと期待はずれの『夏祭浪花鑑』2011年6月新橋演舞場夜の部 »