« 【温泉】切明温泉「雪あかり」で山菜を満喫(★★★★)・そば茶房遊蕎(ゆうきょう)【蕎麦】 | トップページ | 【歩かないと行けない温泉(4)】八ヶ岳の夏沢鉱泉(歩行時間45分)(★★★★)・手打蕎麦「眞」【蕎麦】 »

2011/09/09

【歌舞伎】芝翫休演、又五郎の足は?2011年9月新橋演舞場・夜の部

 今年の九月の歌舞伎は、三代目中村又五郎と、四代目中村歌昇の襲名披露つき。二代目又五郎の最後の舞台出演は2006年4月だったそうなので、残念ながら最近歌舞伎を観るようになったぽん太は、舞台を観る機会はありませんでした。
 『沓手鳥孤城落月』は、大阪城の落城を描いた、坪内逍遥の新史劇。なんといっても淀君の錯乱が見物ですね。あゝ、大河ドラマの宮沢りえちゃんも、あんなになってしまうのでしょうか……。はたして淀君が錯乱したというのは史実なのかどうか?ぽん太はよくわかりません。
 二の丸の若武者は、福助の息子の児太郎。タテの間合いが合ってない感じでした。
 場内になって、いよいよ芝翫が登場。腰元に介抱されていた淀君が立ち上がって演技を始めます。三階席で観ていたぽん太は、芝翫って、こうして見ると福助に似てるな〜。さすが親子、などと思っていたら、台詞を言い始めたら福助じゃん!! 芝翫は病気で本日は休演だったそうです。しかし福助の淀君も悪くはなく、特に内膳に言いよるあたりの凄まじさは福助ならではでした。又五郎が秀頼。
 口上では、芝翫が急に休演となったために代わりに仕切ることになった吉右衛門が言葉がつまったりして、笑いを取ってました。
 『車引』は、又五郎の梅王丸。なかなか迫力がありましたが、足を痛めたのでしょうか、歩くときびっこを引いていて、また見得でも足をやんわりと置いてました。藤十郎の桜丸は色気と柔らかさが絶品でした。80代のおじさんが芸の力で美男の若侍に見えてくるのが、まさに歌舞伎マジック。今回は特に上から見ていたのでアゴたるみが見えず、本当に美しかったです。なんでも珍しい上方の型だそうですが、細かい違いはぽん太にはよくわかりませんでした。吉右衛門の松王丸も迫力がありました。歌昇の杉王丸も気合いが入ってました。
 『石川五右衛門』は、染五郎が五右衛門役。身体の線の細さが気にならず、大きさが演技で出せるようになってきたようで、なかなか迫力があってよかったです。松緑も、こうした時代物は悪くありません。ただ節電のせいか三階席はけっこう暑く、なんだか眠くなって舞台に集中できなかったのが残念です。


新橋演舞場
秀山祭九月大歌舞伎
中村歌 昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露
平成23年9月7日
夜の部

一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)

  二の丸乱戦の場
  城内山里糒庫の場
                  淀君       芝 翫
                豊臣秀頼  歌 昇改め又五郎
                  千姫       芝 雀
              大住与左衛門       錦之助
                石川銀八       児太郎
                大蔵の局       吉 弥
                 正栄尼       東 蔵
              大野修理之亮       梅 玉
                氏家内膳       吉右衛門

二、三代目 中村又五郎襲名披露
  四代目 中村歌昇襲名披露  襲名披露 口上(こうじょう)

                      歌 昇改め又五郎
                      種太郎改め歌 昇
                           幹部俳優出演

  菅原伝授手習鑑
三、車引(くるまびき)
                 梅王丸  歌 昇改め又五郎
                 松王丸       吉右衛門
                 杉王丸  種太郎改め歌 昇
                藤原時平       歌 六
                  桜丸       藤十郎

  増補双級巴
四、石川五右衛門(いしかわごえもん)
    市川染五郎宙乗りにてつづら抜け相勤め申し候

              石川五右衛門       染五郎
                三好長慶       松 江
                三好国長       亀 寿
                 左忠太       廣太郎
                 右平次       種之助
                次左衛門       錦 吾
               呉羽中納言       桂 三
                此下久吉       松 緑

|

« 【温泉】切明温泉「雪あかり」で山菜を満喫(★★★★)・そば茶房遊蕎(ゆうきょう)【蕎麦】 | トップページ | 【歩かないと行けない温泉(4)】八ヶ岳の夏沢鉱泉(歩行時間45分)(★★★★)・手打蕎麦「眞」【蕎麦】 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/52678684

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】芝翫休演、又五郎の足は?2011年9月新橋演舞場・夜の部:

« 【温泉】切明温泉「雪あかり」で山菜を満喫(★★★★)・そば茶房遊蕎(ゆうきょう)【蕎麦】 | トップページ | 【歩かないと行けない温泉(4)】八ヶ岳の夏沢鉱泉(歩行時間45分)(★★★★)・手打蕎麦「眞」【蕎麦】 »