« 【歩かないと行けない温泉(4)】八ヶ岳の夏沢鉱泉(歩行時間45分)(★★★★)・手打蕎麦「眞」【蕎麦】 | トップページ | 【温泉】シュワシュワの炭酸泉・唐沢鉱泉(★★★) »

2011/09/11

【登山】八ヶ岳の横岳にツクモグサを見に行く

Img_3934
 6月だ!八ヶ岳だ!ツクモグサだ!
 前回の記事の通り、前から来たかった夏沢鉱泉に泊まったぽん太とにゃん子ですが、小屋でツクモグサが咲き始めているという情報を得、また梅雨の時期ながら天気が持ちそうだったので、居ても立ってもいられなくなり横岳まで往復することにしました。

【山域】八ヶ岳
【山名】硫黄岳2760m、横岳2829m
【日程】2011年6月7日〜6月8日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】(6/7)曇り、(6/8)曇り時々晴れ
【ルート】(6/7)桜平駐車場(14:10)…夏沢鉱泉(14:55)(泊)
(6/8)夏沢鉱泉(6:47)…オーレン小屋…赤岩ノ頭…硫黄岳(9:05)…横岳(10:13)…峰の松目(13:14)…オーレン小屋…桜平駐車場(14:59)

(※大きい地図や3Dグラフは「山行記録のページへ」をクリック)
【マイカー登山情報】桜平までの道は未舗装で、すれ違い困難なところも多いが、一般の乗用車で侵入可能。桜平らには広い駐車スペースあり。

Img_3912 夏沢鉱泉に泊まったとこまでは、前回の記事をご覧下さい。オーレン小屋から道を右に折れ、赤岩ノ頭に向かう道を取りました。曲がってすぐ、オーレン小屋のキャンプ場のところでカモシカ君と接近遭遇。人に慣れているみたいですね。
Img_3921 天気は曇りでしたが、硫黄岳に着いた頃に晴れ間が出て、展望が開けました。
Img_3928 横岳のいつものあたりに、咲いてました、咲いてました。ふさふさした毛が可愛らしいですね。数はまだ多くなかったですが。
Img_3937 崖の上に立ち、遥か眼下を見渡しながら、鳴き声で自らを知らしめるイワヒバリ。
Img_3943 帰り道で「峰の松目」を経由することにしました。へんな名前です。ぽん太の古い(1995年版)地図には道が(点線ですら)書かれていませんが、にゃん子の地図にははっきりと道が書いてあります。
 ん?なんだろう。地味な花だけど、初めて見たな。帰ってから図鑑で調べてもなかなか見つかりませんが、ようやくありました。「オウレン」(あるいはセリバオウレン)です。よくある花のようですが、花期が3〜5月なので、これまで見かけなかったのかもしれません。
Img_3944 峰の松目への道は、しっかりしていて、まったく危険はありません。しかし山頂はご覧のように樹に覆われていて展望もなく、特に感動のない峰です。まあ、「行った」というだけか……。
Img_3946 峰の松目からオーレン小屋に下る道は、通る人が少ないせいか、雪が多くて難渋しました。というか中途半端にゆるみかけているので、ずぼずぼと足がもぐり、うっかりすると踏み抜いて太腿まで入ってしまいます。見ると誰かの足跡が続いているのですが、なんか変だな〜。やけに細いし。よく見ると蹄の跡があります。カモシカ君が歩いたんですね。
 普段使わない筋肉を使って、とても疲れましたが、梅雨の時期に雨に降られずツクモグサを見れてよかったです。

|

« 【歩かないと行けない温泉(4)】八ヶ岳の夏沢鉱泉(歩行時間45分)(★★★★)・手打蕎麦「眞」【蕎麦】 | トップページ | 【温泉】シュワシュワの炭酸泉・唐沢鉱泉(★★★) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/52673420

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】八ヶ岳の横岳にツクモグサを見に行く:

« 【歩かないと行けない温泉(4)】八ヶ岳の夏沢鉱泉(歩行時間45分)(★★★★)・手打蕎麦「眞」【蕎麦】 | トップページ | 【温泉】シュワシュワの炭酸泉・唐沢鉱泉(★★★) »