« 【登山】レンゲツツジ満開の小楢山 | トップページ | 【歴史】三重塔が美しい五智国分寺、謙信ゆかりの春日山城跡 »

2011/09/15

【温泉】樺太館(★★★)・岡倉天心堂・関川の関所・日本スキー発祥記念館

Img_4033 6月下旬、小楢山に登ったぽん太とにゃん子は、中央道から長野自動車道に入って北上し、新潟県は妙高山の中腹にある、燕温泉の樺太館に泊まりました。実は今年の2月頃に泊まろうと思って一度電話したのですが、雪が多くて営業をしておらず、今回が雪辱戦(雪だけに)でした。宿の公式サイトは見つからないので、日本秘湯を守る会の紹介ページにリンクしておきます。このページの地図では、妙高山の南西にあるように描いてありますが、実際は東側のやや北になります。このあたりにはいくつものスキー場がありますが、燕温泉はそのどん詰まりにあり、山深く落ち着いた感じの温泉街です。
Img_4054 こちらが樺太館の外観です。ロッジ風の建物です。
Img_4052 窓から東の方角をのぞいたところ。晴れた日には美しい緑の向こうに、遠く苗場山なども見えるそうですが、本日はあいにくの曇り空です。客室は普通のこぎれいな和室です。
Img_4036 温泉は、冒頭の写真とあわせてご覧下さい。「温泉力」十分です。白濁して硫黄の香りがし、白い湯の花が舞います。H2Sかと思われるアブラのような香りもあります。もちろん源泉掛け流しで、注ぎ口からとうとうとお湯が流れ込みます。泉質は含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉。浴室は新しく、清潔で明るい感じです。露天風呂がないのが残念。
Img_4042 夕食は食堂でいただきます。品数が多いのがうれしいですが、量はほどほどでヘルシーです。キクや生のウドやがおいしく、ニジマスの木の芽焼き、山菜のてんぷら、茶碗蒸しも山菜で、山の幸満載です。ナラタケのお味噌汁も美味しゅうございました。
Img_4045 こちらが朝食です。やっぱり山の幸がおいしゅうございました。
 宿のご夫婦も優しい感じで、温泉力もあり、山深く静かな環境でとても落ち着きますが、いまひとつ特徴に欠けるため、ぽん太の評価はやや良しの3点です(ちなみにぽん太の尺度は「普通」が2点)。

Img_4063 通りがかりに、「岡倉天心堂」という看板があったので、寄ってみました。場所はここです。岡倉天心(1863年 - 1913年)は、明治期に美術の分野で活躍したひとですね。
Img_4061 霊廟のような建物があり、周囲にいくつか石碑があります。建物のなかには、岡倉天心と思われる像が安置されておりました。
 案内板によれば、1906年(明治39年)妙高高原を訪れた天心はこの地をたいそう気に入り、その年に山荘を建てて夏の間ここですごすようになりました。天心が亡くなったのは1913年(大正2年)でしたが、息を引き取ったのがこの場所だったそうです。
Img_4065 翌1914年(大正3年)、天心を忍ぶ人たちによって、分骨墓所が設けられ、「天心岡倉先生終焉の地」の石碑が建てられたそうです。それがこの写真でしょうか?
 下って1958年(昭和33年)、「赤倉天心会」によって、六角天心堂が建てられたそうです。これが上の写真のお堂でしょうか。
 さらに1990年(平成2年)に墓所が「再発見」されたと書いてありました。このお墓は、草に埋もれて所在不明になっていたのでしょうか?ぽん太にはよくわかりません。
 でもぐぐってみると、岡倉天心の墓や六角堂って、あちこちにあるみたいですね。

Img_4067 続いて訪れたのが「関川の関所」です。妙高市の公式サイトにリンクしておきます。北国街道の関所の跡だそうですが、佐渡の金を江戸へ運ぶ道であったため、重要な関所だったそうです。写真の奥にあるのが復元された御番所の建物。手前は「きんさん、ぎんさん」の像です。何で「きんさん、ぎんさん」?案内板によれば、関所に続く関川にかかる橋を改修した際に、佐渡の金銀にちなんで、「きんさん、ぎんさん」の銅像を建てたのだそうです。
P6230116 こちらは「日本スキー発祥記念館」。日本のスキーは、1911年(明治44年)にレルヒ少佐によってここ金谷山において幕を開けたのだそうです。上越市ホームページにリンクしておきます。記念館の案内だけでなく、スキー発祥の事情や、レルヒ少佐に関する情報も豊富で、なかなか充実しております。

|

« 【登山】レンゲツツジ満開の小楢山 | トップページ | 【歴史】三重塔が美しい五智国分寺、謙信ゆかりの春日山城跡 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】樺太館(★★★)・岡倉天心堂・関川の関所・日本スキー発祥記念館:

« 【登山】レンゲツツジ満開の小楢山 | トップページ | 【歴史】三重塔が美しい五智国分寺、謙信ゆかりの春日山城跡 »