« 【歴史】三重塔が美しい五智国分寺、謙信ゆかりの春日山城跡 | トップページ | 【歌舞伎】情感あふれる藤十郎の『新口村』2011年9月新橋演舞場昼の部 »

2011/09/17

【温泉】「秘湯」というには良すぎます!笹倉温泉(★★★)

Img_4122 6月下旬、上越観光を楽しんだぽん太とにゃん子が泊まったのは、笹倉温泉龍雲荘です。こちらが宿の公式ホームページです。日本海に面する糸魚川のやや東を、南に入って行ったところにあります。火打山や焼山の北側の山麓に位置し、美しい自然に囲まれています。
Img_4146 こちらが宿の外観です。この宿は日本秘湯を守る会に所属していますが、秘湯とは思えないような、ホテル風のモダンで立派な建物です。
Img_4127 こちらが客室です。広くて新しい和室です。
Img_4128 さらにもう一部屋あって、ベッドルームとなっております。こいつは贅沢。ぽん太とにゃん子には高級すぎます。
Img_4118 お風呂は三カ所にあり、それぞれ別の源泉が引かれています。まず冒頭の写真のお風呂、千寿の湯の露天風呂です。岩風呂風の浴槽と、木をふんだんに使った浴室が心地よく、半露天風呂になってます。そして外には、写真の陶器製の壷風呂があります。透明のお湯に、灰白色の湯の花が舞います。香りや味はしません。pH8.2とのことで、とてもすべすべします。
Img_4143 こちらがもう一つのお湯「龍雲の湯」です。こちらは近代的な広々とした浴室になっております。
Img_4142 露天風呂がついております。
Img_4124 これが三番目の浴室。小さくて少しひなびた感じのする浴槽ですが、実はこの浴槽こそが源泉掛け流しになっております。褐色の湯の花が舞い、すべすべ度が他の二つの湯とは異なります。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉。炭酸水素イオンが多いことが、すべすべの理由だそうです。
Img_4129 いよいよ夕食です。一見、普通のホテルの会席料理に見えますが、実はいろいろと凝ってます。写真左上の鍋はその名も「翡翠鍋」。もちろん糸魚川が翡翠の産地であることにちなんだネーミングでしょうけど、ずんだ(枝豆をすりつぶしたもの)の味付けがおいしいです。
Img_4131 こちらは「山芋蒲焼」。うなぎのような感じに成形されてますが、山芋でできているヘルシーなお料理です。
Img_4132 「変わり和風春巻」。周りの皮がおいしかったです。他にもデザートのトウモロコシのプリンなど、一つひとつ手が込んでいて、工夫が感じられました。
Img_4141 こちらは朝食ですが、温泉粥や干物が美味でした。山のなかの宿ですが、よく考えれば日本海が近いので、夕食も含めてお魚もおいしかったです。
 実はこの温泉旅館の親会社は、糸魚川市や長野県小谷村に水力発電所を持つ電力会社だそうで、昔はそこで働いている人のために入浴施設を作ったのだそうです。それを近年一般の人に開放し、温泉旅館となったのだそうです。水力発電所を見学するツアーも、あらかじめ予約しておくと可能だそうです。
 とても快適な宿で、普通に評価すると4点は固いのですが、「ひなびた秘湯」を愛するぽん太の個人的な好みからは減点1となり、ぽん太の評価は3点。う〜ん、残念だが良すぎる。

|

« 【歴史】三重塔が美しい五智国分寺、謙信ゆかりの春日山城跡 | トップページ | 【歌舞伎】情感あふれる藤十郎の『新口村』2011年9月新橋演舞場昼の部 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/52722207

この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】「秘湯」というには良すぎます!笹倉温泉(★★★):

« 【歴史】三重塔が美しい五智国分寺、謙信ゆかりの春日山城跡 | トップページ | 【歌舞伎】情感あふれる藤十郎の『新口村』2011年9月新橋演舞場昼の部 »