« 【バレエ】黒鳥の32回転がかすむ熊川哲也の王子『白鳥の湖』Kバレエカンパニー | トップページ | 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」 »

2011/10/30

【バレエ】愛するギエムに思わず胸キュン/シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Aプロ

 Aプロは、ギエムが愛をテーマにした二つの作品を踊りました。これまでぽん太はギエムというと、コンテンポラリーなど力強くエネルギッシュなバレエしか観たことがなかったので、新たな一面を見た思いでした。こちらが本日の公演の公式サイトです。
 同じ「愛」をテーマにしていながら、「マノン」と「田園の出来事」では、全く異なる愛のかたちを見せてくれました。「マノン」のギエムはとっても若々しくて愛らしく、愛の喜びが溢れ出てくるかのよな情熱的なダンスでした。ホントにギエムなのかと、双眼鏡で顔を確認したくらいです。一方「田園の出来事」は、女の盛りを過ぎた貴婦人が、若い家庭教師との間にひとときの愛の炎を燃え上がらせるという話しで、イギリスらしく、アシュトンらしく、ノスタルジックで胸がキュンとなるようなバレエでした。でも女性の観客はギエムが踊るナターリヤに感情移入すればいいので簡単ですが、メタボ中年のぽん太は、ムッルのベリヤエフに感情移入することなど恐れ多く、後藤晴雄のラキティンに我が身をなぞらえるしかなく、哀しく寂しい思いがしました。ぽん太は初めて見た演目ですが、とてもすばらしく、上質のバレエでした。
 ギエムは、愛が止めどなく溢れ出てくるような若々しいマノン、貴婦人の時ならぬ恋、ともにすばらしい表現力でした。ムッルがギエムの相手役をしっかりと踊りました。松下裕次が息子コーリアを、キレの良い踊りで好演。ラキティンの後藤晴雄が、哀愁とペーソスが感じられてよかったです。
 「白の組曲」。ラロというと、ぽん太は「スペイン交響曲」ぐらいしか聞いたことがありませんでした。民族色あふれる組曲でしたが、オーケストレーションに問題があるのか、なんかギクシャクして聴きにくい音楽でした。東京バレエ団がまあまあ健闘。
 「スプリング・アンド・フォール」も初めて観る演目。う〜ん高岸さん、肉体がオヤジになってきましたね〜。山海塾の天児牛大を見る思いでした。


シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 
HOPE JAPAN TOUR Aプロ
10月26日 東京文化会館

「白の組曲」
振付:セルジュ・リファール
音楽:エドゥアール・ラロ
シエスト: 乾友子、高木綾、渡辺理恵
テーム・ヴァリエ(パ・ド・トロワ): 奈良春夏、木村和夫、柄本弾
セレナード:小出領子
プレスト(パ・ド・サンク):岸本夏未、高橋竜太、小笠原亮、長瀬直義、宮本祐宜
シガレット:田中結子
マズルカ: 後藤晴雄
アダージュ(パ・ド・ドゥ):上野水香、柄本弾
フルート: 西村真由美
東京バレエ団

「マノン」より第一幕(寝室)のパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン
音楽:ジュール・マスネ
シルヴィ・ギエム、マッシモ・ムッル

「スプリング・アンド・フォール」よりパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー
音楽:アントニン・ドヴォルザーク
吉岡美佳、高岸直樹

「田園の出来事」
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:フレデリック・ショパン
ナターリヤ:シルヴィ・ギエム
ベリヤエフ(家庭教師):マッシモ・ムッル
ラキティン:後藤晴雄
ヴェラ(養女):小出領子
コーリア(息子): 松下裕次
イスライエフ:アンソニー・ダウエル
カーチャ(メイド):奈良春夏
マトヴェイ(従僕):永田雄大

指揮: アレクサンダー・イングラム
ピアノ: ケイト・シップウェイ
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

|

« 【バレエ】黒鳥の32回転がかすむ熊川哲也の王子『白鳥の湖』Kバレエカンパニー | トップページ | 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53093759

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】愛するギエムに思わず胸キュン/シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Aプロ:

« 【バレエ】黒鳥の32回転がかすむ熊川哲也の王子『白鳥の湖』Kバレエカンパニー | トップページ | 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」 »