« 【バレエ】愛するギエムに思わず胸キュン/シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Aプロ | トップページ | 【バレエ】わけわかんないけどイイ!「アジュー」シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Bプロ »

2011/10/31

【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」

 歌舞伎座が建替えとなったせいなのか、国立劇場や平成中村座など、歌舞伎の新たな試みが一斉に萌芽してきたような気がしているぽん太です。いかがおすごしですか。僕も元気です。ということで10月の国立劇場、菊五郎劇団による新作歌舞伎です。こちらが公式サイト、そしてこちらが特設サイトです。
 国立劇場の裏に諸君がずらっと整列していたので何かと思ったら、芝翫さんの葬儀の車が立ち寄るとのことでした。すばらしい芸を見せてくれありがとうございました。ご冥福をお祈りします。
 で、こんかいの公演ですが、菊之助がぐるんぐるん回るダブル宙乗りあり、なでしこジャパンのパロディの笑いあり、自害あり、時代物もあれば世話物あり、立ち回り、現代的な幻想的風景、レディ・ガガを意識した衣装、金閣寺のせり上がりあり、「実ハ」ありで、一瞬も目を離すことができない歌舞伎らしい舞台でしたが、ぽん太はいまいち満足できませんでした。というのは感動がない。思わず泣いてしまう場面が欲しかったです。確かに荷二郎の自害はありましたが、自害すればいいというものではなく、「お軽勘平」にしろ「寿司屋」にしろ、自害にいたるまでの流れに共感できなければ、感動はできません。また古典の復活上演ならまだしも、「新作」歌舞伎なのですから、現代的な感性やテーマを取り込んで欲しいところ。これではただのエンタテイメントです。
 三幕目の、奈良屋綿七が小夜二郎と長総を騙り、長総が綿七に乗り換える下りが、芝居として面白かったです。
 菊五郎はあいかわらずうまい。恒例の千穐楽のお楽しみは最後の「バレちゃった?」か。時蔵の長総、藤白安同に諌言する道義心ある妻が、いつの間にか小夜二郎といい感じになり、奈良屋綿七に寝返ったかと思うと、いつのまにか盗賊のおかみさん風を吹かせるという、節操がないというか変わり身が早い人物を、いやったらしくならずに、場面場面を歌舞伎らしく演じ分けていて見事でした。松緑・菊之助もしっかりと役を演じてました。亀三郎と松也の悪党が面白かったです。特に松也、こういう役もやるのか……。


国立劇場開場45周年記念
平成23年度(第66回)文化庁芸術祭主催
曲亭馬琴=作『開巻驚奇侠客伝』より
通し狂言 開幕驚奇復讐譚(かいまくきょうきあだうちものがたり) 五幕十場
  尾上菊五郎・尾上菊之助  両宙乗りにて術譲り相勤め申し候
2011年10月27日 国立劇場 
  尾上菊五郎=監修
  国立劇場文芸課=脚本
  国立劇場美術係=美術

発  端      新田貞方討死の場
序  幕(相模) 箱根賽の河原の場
          底倉温泉藤白家浴館の場
二幕目  九六媛仙境の場
三幕目(伊勢) 上多気宿街道筋の場
          同     旅籠屋の場
          同     店先の場
          飼坂峠の場
四幕目(河内) 千剣破村木綿張荷二郎内の場
大  詰(山城) 北山殿金閣の場

(出演)
 吉野山の仙女・九六媛/木綿張荷二郎/斯波義将:菊五郎
 藤白安同妻・長総/将軍足利義持:時蔵
 新田貞方/新田小六助則:松緑
 褄笠小夜二郎/楠姑摩姫:菊之助
 野狐銀次:亀三郎
 熊谷満実:亀寿
 野上復市:梅枝
 仙童女田鶴:右近
 宮満重:萬太郎
 小狸金太:松也
 白藤安同:権十郎
 乳母・母屋:萬次郎
 旅籠屋亭主・与九介/隅屋維盈:團蔵
 畠山満家:彦三郎
 足利義満:田之助

|

« 【バレエ】愛するギエムに思わず胸キュン/シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Aプロ | トップページ | 【バレエ】わけわかんないけどイイ!「アジュー」シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Bプロ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53100844

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」:

« 【バレエ】愛するギエムに思わず胸キュン/シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Aプロ | トップページ | 【バレエ】わけわかんないけどイイ!「アジュー」シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Bプロ »