« 【歌舞伎】仁左衛門のいがみの権太のバランス感覚 2011年巡業西コース | トップページ | 【オペラ】迫力の大合唱『イル・トロヴァトーレ』新国立オペラ »

2011/10/21

【オペラ】隣りの夫婦喧嘩?『ローエングリン』バイエルン国立歌劇場

 ブログを書く間がありまへんがな……。
 NBSの海外オペラ来日公演は、いい席は高いし、安い席の抽選は1枚しか申し込めないので、ぽん太とにゃん子の二人はなかなか観に行けません。ということでバイエルンもパスするつもりだったのですが、お得なエコノミー席が売り出されたので、なんとかチケットをゲット!やった〜happy01。しかしその数日後、400人の来日予定メンバーのうち100人が、福島原発事故を理由に、来日を拒否したというニュースが……crying。ふふふ、NBSさん、やるやないの。
 こちらが今回の公演の公式サイトです。会場はばかでかいNHKホールで、席は2階の一番後ろ。なんだか遥か彼方でやっているのを遠くから眺めているという感じでしたが、値段を考えるとまずまず楽しめました。
 ワグナーの『ローエングリン』は、以前から一度観てみたいと思っていた演目。昨年のゴールデンウィークにノイシュヴァンシュタイン城を見てからは、さらに思いが募りました。ルードヴィッヒ2世が若い頃『ローエングリン』を観て魅了され、自ら扮装して楽しんだたことは有名で、城の内部にもローエングリンの絵が飾ってありました。考えてみるとこのお城は、今回の歌劇場があるミュンヘンと同じバイエルン州に属していますね。
 しかしリチャード・ジョーンズの演出は、オペラの進行にともなって、舞台上にエルザの理想とするマイホームが造られていくというもので、衣装も時代がかっていないので、思い描いていたような神話的・耽美的な美しさは感じられませんでした。おまけにローエングリン役のヨハン・ボータがかなりの太っちょで、白鳥を抱いて登場してきたときの絵柄はちょっと滑稽でした。しかし彼の名誉のために直ちに付け加えておけば、声はすばらしく、フォルテッシモでも声を張り上げている感じがなく、広いNHKホールの隅っこまで、朗々と響き渡りました。
 第三幕でのローエングリンとエルザのやりとりは、完成した新居のなかで行われるので、なんか観念的な夫と現実的な妻のあいだの、よくある夫婦喧嘩のように見えてきます。「結婚するんだから名前くらい教えてよ」というエルザの方が当たり前に思われ、名前を聞いてしまったばっかりに、大衆の面前で「正義」の名のもとに避難され、闘いのリーダーを失った責任まで追わされるのは、まことに気の毒に思えます。
 ラストシーンでは、生き返って来たエルザの弟を見て、人々が一斉に自殺しようとするのですが、こんな子供をリーダーにしても勝てっこないということでしょうか?なんだか変な演出でした。
 例によってぽん太には、オケと指揮の善し悪しはわかりません。ただ、これだけはぽん太も聞き慣れている第三幕への前奏曲は、いまいち光り輝くような迫力がなかったような気がしました。
 合唱は、なんかそろってない気がしましたが、日本人も多く混ざっていたせいか?


バイエルン国立歌劇場「ローエングリン」
2011年10月2日(日)15:00開演(会場:NHKホール)

リヒャルト・ワーグナー作曲
「ローエングリン」 全3幕
Richard Wagner
LOHENGRIN  
Oper in drei Akten

指揮:ケント・ナガノ
Musikalische Leitung Kent Nagano
演出:リチャード・ジョーンズ
Inszenierung Richard Jones
美術・衣裳 :ウルツ
Bühne und Kostüme Ultz
照明:ミミ・ジョーダン・シェリン
Licht Mimi Jordan Sherin
合唱指揮:ゼーレン・エックホフ
Chöre Sören Eckhoff

ハインリッヒ王:クリスティン・ジークムントソン
Heinrich der Vogler Kristinn Sigmundsson
ローエングリン:ヨハン・ボータ
Lohengrin Johan Botha
エルザ・フォン・ブラバント:エミリー・マギー
Elsa von Brabant Emily Magee
フリードリヒ・フォン・テルラムント伯爵:エフゲニー・ニキーチン
Friedrich von Telramund Evgeny Nikitin
オルトルート:ワルトラウト・マイヤー
Ortrud Waltraud Meier
王の伝令:マーティン・ガントナー
Heerrufer des Königs Martin Gantner

ブラバントの貴族:
フランチェスコ・ペトロッツィ、ケネス・ロバーソン、ペーター・マザラン、タレク・ナズミ
Brabantische Edle Francesco Petrozzi, Kenneth Roberson, Peter Mazalán, Tareq Nazmi
4人の小姓:バイエルン国立歌劇場合唱団ソリスト
4 Edelknaben Solistinnen des Chores der Bayerischen Staatsoper

バイエルン国立管弦楽団/バイエルン国立歌劇場合唱団
Bayerisches Staatsorchester/Chor der Bayerischen Staatsoper

|

« 【歌舞伎】仁左衛門のいがみの権太のバランス感覚 2011年巡業西コース | トップページ | 【オペラ】迫力の大合唱『イル・トロヴァトーレ』新国立オペラ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/52922454

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】隣りの夫婦喧嘩?『ローエングリン』バイエルン国立歌劇場:

« 【歌舞伎】仁左衛門のいがみの権太のバランス感覚 2011年巡業西コース | トップページ | 【オペラ】迫力の大合唱『イル・トロヴァトーレ』新国立オペラ »