« 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」 | トップページ | 【バレエ】これは新国立の財産や 「パゴダの王子」新国立劇場バレエ団 »

2011/11/02

【バレエ】わけわかんないけどイイ!「アジュー」シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Bプロ

 今回の来日公演でギエムは、一つひとつの作品ごとに全く違った世界を見せてくれましたが、本日のコンテンポラリーの公演で、さらに二つの世界がつけ加わりました。ギエムの表現の引き出しはいったいいくつあるんでしょうか。
 「リアレイ」は、フォーサイスの振付け。音楽のデヴィッド・モローという名は聞いたことがありませんが、ドイツ現代音楽風の暗い曲。舞台上も暗く、暗転をはさんで短い踊りがいくつも連なるさまは、なんだか句集を読んでいるような気になります。ただ疲れ気味のぽん太は、ライトの明滅につれて、意識も明滅してきました。
 「アジュー」はとても良かったです。一転してコミカルでペーソスを感じさせる作品ですが、根底には悲しさと寂しさが横たわっております。振付けはエッグ・マック……じゃやなくてマッツ・エック。例のジゼルを精神病院送りにしたヤツですね。舞台上に立てられたスクリーンに映し出されたギエムは、映像から抜け出すかのように舞台に現れ、その後も出たり入ったりします。まるでiPadマジック(たとえばこちらのYoutubeをどうぞ)みたいで、なかなかおもしろいアイディアです。次第にスカートにブラウス、カーディガンというオバハンのような服装で、動きもなんとなくださいです。やがてカーディガンや靴下を脱ぎ捨てて、はじけたように踊りまくります。スクリーンの向こう側には、犬が、そして男性が姿をみせます。最後には再び靴下をはいて、スクリーンのなかの人たちの元に戻って行きます。プログラムを買わないぽん太には、マッツ・エックの意図はわかりませんが、人生に疲れ、そこから逃げ出そうとした女性が、再びそこに戻ることを決意する話しのような気がします。使われている音楽は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番の第2楽章ですが、これはベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタであり、この曲が作曲されて(1821年から22年頃)から約5年後の1827年に、ベートーヴェンはこの世に別れを告げたのでした。ベートーヴェンというと「英雄」だ「運命」だと勢いある力強い音楽が頭に浮かびますが、晩年はピアノソナタや弦楽四重奏のジャンルで、自己の内部に沈潜して高みに登って行くような音楽を創っていたのでした。

 今日は東京バレエ団もなかなかよかった気がします。思わず(失礼!)集中して観てしまいました。「春の祭典」は、まあもともとの音楽もいいけれど、迫力があって見応えがありました。長瀬直義と吉岡美佳の二人の生け贄も悪くなく、特に吉岡さんは柔らかさと動きの緩急が心地よく、神々しさがありました。
 キリアンの「パーフェクト・コンセプション」は、穴のあいた座布団みたいなのを小道具にした、シャレたダンス。まんなかに穴があいていて、腰に持ち上げるとスカートみたいになったりします。これまた動きのおもしろさを楽しめました。バッハの『ゴールドベルク変奏曲』はうなり声も入っているのでグールドの演奏か?たしかジル・ロマンの『アリア』でも使われていたような……。この曲にカラスの鳴き声が加わると夕暮れの雰囲気になることを初めて知りました。
  

シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 
HOPE JAPAN TOUR Bプロ
10月30日 東京文化会館

「春の祭典」
振付:モーリス・ベジャール、音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
生贄:長瀬直義
2人のリーダー: 柄本弾、森川茉央
2人の若い男:氷室友、小笠原亮
生贄:吉岡美佳
4人の若い娘:高村順子、西村真由美、佐伯知香、吉川留衣

「リアレイ」*
振付:ウィリアム・フォーサイス、音楽:デヴィッド・モロー
シルヴィ・ギエム、マッシモ・ムッル

「パーフェクト・コンセプション」
振付:イリ・キリアン
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ、ジョン・ケージ、レスリー・スタック
田中結子、川島麻実子、松下裕次、宮本祐宜

「アジュー」(Bye)*
振付:マッツ・エック
音楽:ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第32番Op.111 第2楽章
シルヴィ・ギエム

|

« 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」 | トップページ | 【バレエ】これは新国立の財産や 「パゴダの王子」新国立劇場バレエ団 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53121964

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】わけわかんないけどイイ!「アジュー」シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2011 Bプロ:

« 【歌舞伎】現代的テーマが欲しい・2011年10月国立劇場「開幕驚奇復讐譚」 | トップページ | 【バレエ】これは新国立の財産や 「パゴダの王子」新国立劇場バレエ団 »