« 【歩かないと行けない温泉(5)】奥鬼怒温泉郷にただ一軒残る古い木造建築・日光澤温泉(歩行時間1時間40分)(★★★★★) | トップページ | 【温泉】温泉三昧の秘湯・加仁湯(★★★★) »

2011/12/26

【登山・蕎麦】玄蕎麦河童・静寂の鬼怒沼

 鬼怒沼湿原のハイキングのご報告です。
 Img_0415 まずは今市の玄蕎麦河童で腹ごしらえ。ホームページはなさそうなので、ぐるなびにリンクしておきます。モダンな感じの店構えです。
Img_0413 十割蕎麦せいろを選択。香りが強くてとても美味しいお蕎麦でした。

ここらで登山データをご案内。
【山域】奥鬼怒(日光)
【山名】物見山(2113m)、鬼怒沼山(2140.8m)
【日程】2011年10月10日〜12日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】(10/10)曇り、(10/11)曇り、(10/12)晴れ
【ルート】(10/10)女夫淵温泉駐車場14:26…日光澤温泉16:02(泊)
(10/11)日光澤温泉7:03…鬼怒沼9:38…鬼怒沼山10:44…物見山12:24…加仁湯15:17(泊)
(10/12)加仁湯8:58…女夫淵温泉駐車場10:17

(※大きい地図や3Dグラフはこちら
【マイカー登山情報】女夫渕温泉のところに、広い市営の無料駐車場あり。そこから先は一般車両もタクシーも進入禁止です。八丁の湯や加仁湯温泉に宿泊の方は無料送迎バスを利用できますが(それぞれの宿にお問い合わせを)、日光沢温泉や手白澤温泉に宿泊の方は、駐車場から徒歩となりますのでご注意を。

Img_0419 1日目の駐車場から日光澤温泉に泊まるまでは、前回の記事をご覧下さい。紅葉にはまだ少し早かったですが、日光周辺特有の明るくい樹林がとても美しかったです。
Img_0505 2日目、鬼怒沼に向かいます。
 丸沼温泉方面への道の分岐点の吊り橋から見た紅葉です。全山紅葉というわけにはいきませんでしたが、所々美しく紅葉しておりました。
Img_0465 ヒナタオソロシノ滝です……。さあ、誰か、気がついた人……。そう、鬼怒沼に行く登山道からヒナタオソロシノ滝は見えません。道を間違えたんだヨ。紅葉に釣られて、つい吊り橋を渡ってしまいました。また谷まで降りて、反対側に登り返さないといけません。やれやれ。
Img_0469 ということで、こちらが正しいルートから見えたオロオソロシノ滝です。なんだ、ヒナタオソロシノ滝の方が立派ですね(負け惜しみ)。
Img_0471 などという間にジャジャーン、湿原に到着。
Img_0477 草紅葉というほどの赤さはありませんが、一面に黄葉した湿原は見事でした。
Img_0487 どんより曇った空、身を切るような冷たい風とあいまって、人気のない秋の鬼怒沼に、寂寥感が感じられます。
Img_0488 運動不足解消も目的なので、まずは鬼怒沼山まで往復。頂上は樹木に覆われて狭く、登りがいのない山でした。
Img_0494 お弁当を食べてから、今度は物見山往復です。途中、燧ヶ岳が見えました。
Img_0492 「物見山」というくらいなので、尾瀬方面がど〜んと見えるのかと思ったら、こちらも展望はありませんでした。少し西に行くと、展望がいいとろこがあるそうです。熊野の那智の滝で有名な青渡岸寺と書かれたお札がありました。物見山は別名毘沙門山と呼ばれるようですが、由来はわかりません。
Img_0501 帰り道、だんだんと雲が上がってきました。遠景の右が男体山、左が女峰山です。

|

« 【歩かないと行けない温泉(5)】奥鬼怒温泉郷にただ一軒残る古い木造建築・日光澤温泉(歩行時間1時間40分)(★★★★★) | トップページ | 【温泉】温泉三昧の秘湯・加仁湯(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

酒と食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53534532

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山・蕎麦】玄蕎麦河童・静寂の鬼怒沼:

« 【歩かないと行けない温泉(5)】奥鬼怒温泉郷にただ一軒残る古い木造建築・日光澤温泉(歩行時間1時間40分)(★★★★★) | トップページ | 【温泉】温泉三昧の秘湯・加仁湯(★★★★) »