« 【温泉】すごい温泉力(泡の湯温泉三好荘@山形県★★★★)・一つひとつ仕事してます(寿司安@新潟市)) | トップページ | 【中国地方の温泉と世界遺産(1)】金泉の源泉掛け流しでこのお値段・有馬温泉上大坊(★★★★) »

2011/12/07

【歌舞伎】わがままだけど愛すべき勘三郎の「松浦の太鼓」2011年12月平成中村座夜の部

 12月は何かと忙しいので、平成中村座は夜の部だけの観劇です。
 まずは扇雀の「葛の葉」です。ぽん太が疲れで眠かったせいかもしれませんが、意外と面白くありませんでした。狐の葛の葉の世話女房は手慣れていて上手でしたが、赤姫の葛の葉は、心を痛めているのはわかりますが、可愛らしさがありません。狐になってからも、動きぎこちなくて狐らしいしなやかさがないし、狐言葉もリズムが感じられませんでした。早替わりや曲書きはお見事でしたが、全体として、子を思う母の心情が伝わってきませんでした。松也の安倍保名の方が、しなやかで色気があって美しく、ちょっと見直しました。
 「関扉」は、常磐津の大曲にのせた舞踊劇。踊りはよくわからないぽん太ですが、七之助の目の覚めるような美しさ、菊之助の傾城らしいふっくらした色気、勘太郎のしっかりした踊り、どれも良かったです。こうした名作を一つひとつこなしていく勘太郎と七之助に、エールを送りたいです。菊之助、また少し太ったか。
 勘三郎の「松浦の太鼓」が今回のメインディッシュ。以前に仁左衛門で観たことがありますが、仁左衛門だと可愛らしかった松浦鎮信が、勘三郎だと滑稽で面白かったです。人が良くて、お銚子者で、正義感があって、わがままだけど愛すべきお殿様。いっこうに討入ろうとしない源吾の妹に対して不機嫌になるあたり、気難しい先代を思わせます。「(討ち入りを)楽しみにしてたのじゃ」までの持ってき方とかもうまかったです。ちょっと声が小さい気もしましたが、最高でした。大高源吾の菊之助、イナセな味わいが出てきました。
 客席に、世界の旅人が来てました。本当の自分は見つかったでしょうか?


平成中村座 十二月大歌舞伎
平成23年12月4日・夜の部

一、芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)
  葛の葉(くずのは)
      女房葛の葉/葛の葉姫  扇 雀
            安倍保名  松 也
            信田庄司  亀 蔵

二、積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)
     関守関兵衛実は大伴黒主  勘太郎
     傾城墨染実は小町桜の精  菊之助
           小野小町姫  七之助
          良峯少将宗貞  扇 雀

三、秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)
  両国橋の場
  松浦邸の場
  同 玄関先の場
            松浦鎮信  勘三郎
            大高源吾  菊之助
              お縫  七之助
            宝井其角  彌十郎

|

« 【温泉】すごい温泉力(泡の湯温泉三好荘@山形県★★★★)・一つひとつ仕事してます(寿司安@新潟市)) | トップページ | 【中国地方の温泉と世界遺産(1)】金泉の源泉掛け流しでこのお値段・有馬温泉上大坊(★★★★) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53409190

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】わがままだけど愛すべき勘三郎の「松浦の太鼓」2011年12月平成中村座夜の部:

« 【温泉】すごい温泉力(泡の湯温泉三好荘@山形県★★★★)・一つひとつ仕事してます(寿司安@新潟市)) | トップページ | 【中国地方の温泉と世界遺産(1)】金泉の源泉掛け流しでこのお値段・有馬温泉上大坊(★★★★) »