« 【演劇】〈ネタバレ注意!〉あの、笑えないんですけど・『90ミニッツ』三谷幸喜 | トップページ | 【中国地方の温泉と世界遺産(6)】御修造中で見えない出雲大社・出雲そば「かねや」・竹野屋・大社駅 »

2011/12/13

【中国地方の温泉と世界遺産(5)】素朴で温かいおもてなし、お湯も食事もすばらしい郷緑温泉郷緑館(ごうろくかん)@岡山県(★★★★★)

Img_0133 またまた5点満点の宿です。う〜む、中国地方は秘湯の宝庫ですね〜。東京からはなかなか来れないけど。宿の情報は、ホームページがなさそうなので、じゃらん観光ガイドにリンクしておきます。
 場所は、岡山県と鳥取県の境界近く、蒜山高原の南側で、山あいの小さな山村のなかにあります。でも、高速道路の米子道の湯原インターチェンジからすぐ近くなので、交通の便はいいです。
Img_0136 まるでお城のような立派な石垣の上に、楼のようにそびえております。明治時代に造られたという木造二階建ての建物は、白い壁に黒い棟木が美しく、立派な入母屋の瓦屋根を持ち、まるでお寺のようにも見えます。
Img_0123 ロビーは民芸調で、アットホームな雰囲気です。ちなみに宿のお父さん・お母さんも、とても素朴で気さくでアットホームです。
Img_0098 日帰り温泉として利用しているお客さんがお多いらしく、本日の宿泊はぽん太とにゃん子だけ。2階の一続きの和室を貸し切りです。窓がサッシュに変えられているのが残念ですが、いい雰囲気です。
Img_0099 窓からの眺め。いや、絶景かな、絶景かな。
Img_0131 宿の向い側にあずまやがありますが、これって神社では?
Img_0130 やっぱり。くちはてた狛犬があります。それにしても、この狛犬……得点が高いです。
Img_0126 宿の裏にはワンちゃんが。こう見えてもウサギの猟犬で、宿のお父さんの言うことしかきかないそうです。
Img_0127 隣りの池に、なにやらワサワサと生き物が。スッポンです。移動速度が速いのにはびっくりしました。実はこの宿は、スッポン料理を頂けることでも有名です。
Img_0101 いよいよ温泉です。浴室は一つしかないので、混浴というか、譲り合って入るようです。脱衣室は鄙びた感じがいいです。
Img_0103 こちらが浴室です。改装されたようであたら行くきれいで、御影石で浴槽が立派です。写真左奥が源泉、右手前は沸かし湯です。泉温が34.2度と低いため、しばらく源泉に浸かったあと、沸かし湯で体を温めます。
Img_0108 源泉の浴槽の底は、天然の岩盤になっており、岩の裂け目からお湯が湧き出しています。湧出量30.5l/minと湯量豊富で、もちろん源泉掛け流し。無色透明・無味無臭のお湯ですが、泉質はアルカリ性単純温泉で、お肌がすべすべになります。Ph9.1は、ぽん太が記録した範囲では、もっとも強アルカリ性です。
Img_0115 さて夕食です。さきほど書いたように、名物のスッポン料理とイノシシのすき焼きを断っての会席料理。お父さん・お母さんが気を悪くしたのではないかと心配でしたが、まったくそんなことはなく、真心のこもったお料理でした。なすにししとう、ミョウガなど新鮮な夏野菜がうまい、うまい。お父さんが打ったという猪の肉も、ちっとも生臭身がなくて美味しかったです。
Img_0124 こちらが朝食。素朴な献立ですが、やはり素材が新鮮で、一つひとつ手がかかっており、何よりも真心がこもっております。
 立派な石垣を持つ不思議な木造二階建て、岩から湧き出る強アルカリの湯、おいしいお料理と鄙びた雰囲気。素朴で温かく真心がこもっていて、田舎に帰ったみたいでくつろげます。ぽん太の評価は5点満点。

|

« 【演劇】〈ネタバレ注意!〉あの、笑えないんですけど・『90ミニッツ』三谷幸喜 | トップページ | 【中国地方の温泉と世界遺産(6)】御修造中で見えない出雲大社・出雲そば「かねや」・竹野屋・大社駅 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【中国地方の温泉と世界遺産(5)】素朴で温かいおもてなし、お湯も食事もすばらしい郷緑温泉郷緑館(ごうろくかん)@岡山県(★★★★★):

« 【演劇】〈ネタバレ注意!〉あの、笑えないんですけど・『90ミニッツ』三谷幸喜 | トップページ | 【中国地方の温泉と世界遺産(6)】御修造中で見えない出雲大社・出雲そば「かねや」・竹野屋・大社駅 »