« 【歌舞伎】七之助大活躍。2012年1月平成中村座夜の部 | トップページ | 【歌舞伎】おとくが主役!秀太郎の「傾城反魂香」/2012年1月大阪松竹座 »

2012/02/01

【歌舞伎】亀治郎が弾けまくり。2012年1月浅草歌舞伎

 正月といえば新春浅草歌舞伎。第一部・第二部を通しての観劇です。こちらが公式サイトです。
 第一部のお年玉ご挨拶は亀治郎。なかなか話術が巧みです。今年限りで浅草歌舞伎は卒業とのこと。観客席から溜息が漏れます。猿之助襲名は、みな盛大な拍手で応援です。この日はWOWOWの収録が入っていたのですが、他局の番組の宣伝をして、WOWOWを困らせておりました。また、これから上演される「南総里見八犬伝」のあらすじを、「犬が出て、玉が出て、八人そろったら、そろそろ終わり」と簡潔明瞭に説明しておりました。
 で、最初の「南総里見八犬伝」。ぽん太は以前に見たことがあるような気がしますが(2006年8月歌舞伎座か?)、あんまり覚えてません。こんかいは石川耕士の脚本・演出によるものだそうですが、なかなか面白かったです。「温厚なお父さんがキレるよ、キレたら恐いよ」みたいな現代用語が入ってたりしましたが、新春浅草歌舞伎では違和感はありませんでした。蟇六内でのこっけいなだんまりと、円塚山での本格的なだんまりとの対比も面白かったです。
 壱太郎の浜路がなんとも初々しくて可愛らしかったです。亀治郎はよぼよぼの因業じじい蟇六で登場。大ベテランの竹三郎演ずる女房亀篠とのやりとりが面白かったです。
 お次ぎは愛之助と壱太郎の「廓文章」。お二人とも初役だそうですが、さすがに今回は手習いといったところでしょうか。愛之助の伊左衛門はよく勉強してますが、まだまだ仁左衛門のような、立ち姿だけで美しかったり、火鉢にあたる手の動きになんともいえぬ品の良さと可愛さがにじみ出て来る域には達しておりません。一太郎の夕霧も、とっても可愛らしいのですが、太夫の風格には欠けるようです。ただ、実在の夕霧が亡くなったのは22歳とも27歳とも言われておりますので、ホントの夕霧はこのように子供こどもしていたのかもしれません。いずれにせよ壱太郎、今後に大いに期待です。
 第二部は「敵討天下茶屋聚」の通し。この演目は、昨年の5月に新橋演舞場で観ているはずですが、内容がだいぶ違うような。今回は猿之助版だからでしょうか。とにかく亀治郎がはじけっぱなしで、ケレンたっぷりで、ちょっと鼻につくところもありましたが、猿之助襲名の前祝いだからいいか、という感じでした。ぽん太が大阪に歌舞伎を観に行ったおりおりに、四天王寺や住吉大社を見学していたので、場面が思い浮かんで面白かったです。


新春浅草歌舞伎
平成24年1月 浅草公会堂

第1部

お年玉〈年始ご挨拶〉
  亀治郎

一、南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)

  富山山中の場
  大塚村庄屋蟇六内の場
  円塚山の場
             庄屋蟇六/犬山道節  亀治郎
             金碗大輔/簸上宮六  男女蔵
                網干左母二郎  亀 鶴
                  犬塚信乃  歌 昇
                  犬村大角  巳之助
                 蟇六娘浜路  壱太郎
                 犬田小文吾  種之助
                  犬坂毛野  米 吉
                 犬江親兵衛  隼 人
            下男額蔵実は犬川荘助  薪 車
                    伏姫  春 猿
                蟇六女房亀篠  竹三郎
                  犬飼現八  愛之助

二、夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう)
  吉田屋
                藤屋伊左衛門  愛之助
                  扇屋夕霧  壱太郎
              吉田屋女房おきさ  春 猿
               吉田屋喜左衛門  竹三郎

第2部

お年玉〈年始ご挨拶〉
  愛之助

猿之助四十八撰の内
通し狂言 敵討天下茶屋聚(かたきうちてんがぢゃやむら)

  序幕 四天王寺の場より
  大詰 天下茶屋村敵討本懐の場まで
          安達元右衛門/片岡造酒頭  亀治郎
                  安達弥助  男女蔵
                 早瀬源次郎  巳之助
               源次郎許嫁葉末  壱太郎
               人形屋幸右衛門  薪 車
                伊織妻染の井  春 猿
                  早瀬伊織  亀 鶴
               東間三郎右衛門  愛之助

|

« 【歌舞伎】七之助大活躍。2012年1月平成中村座夜の部 | トップページ | 【歌舞伎】おとくが主役!秀太郎の「傾城反魂香」/2012年1月大阪松竹座 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53776346

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】亀治郎が弾けまくり。2012年1月浅草歌舞伎:

« 【歌舞伎】七之助大活躍。2012年1月平成中村座夜の部 | トップページ | 【歌舞伎】おとくが主役!秀太郎の「傾城反魂香」/2012年1月大阪松竹座 »