« 【バレエ】圧倒的迫力の「スパルタクス」ボリショイ・バレエ | トップページ | 【バレエ】ますます女子会化するKバレエ・カンパニーの「シンデレラ」 »

2012/02/09

【バレエ】オシャレで楽しい「こうもり」新国立劇場バレエ

 新国立でローラン・プティの「こうもり」を観てきました。バレエの「こうもり」は初めてです。こちらが公式サイト特設サイト
 ローラン・プティの振り付けということで、大人向きのオシャレな舞台かと思っていたのですが、子供たちと一緒に家族で楽しめるバレエでした。すごいテクニックの見せ場があるわけでも、斬新な動きがあるわけでもありませんが、オシャレでちょっとコミカルで洗練されていて、楽しいステージでした。
 ベラ役の本島美和はスタイルがよく、品のいい優雅な踊りがすばらしかったです。ただ変身して男達を魅了する場面では、もっとコケティッシュな雰囲気があるとよかったのです。ヨハンの福岡雄大も上手でしたが、やはりもっと女好きっぽい仕草や表情が欲しかったです。なんか二人とも根が真面目そうですが、もっと演技力・表現力を磨いていって欲しいです。
 その点ウルリックの八幡顕光は演技力があり、キレの良い動きとあいまって、存在感がありました。もすこし「ペーソス」が感じられると、さらによかった気がします。
 チャルダッシュの芳賀望は、先日の「パゴダの王子」での大活躍が目に焼き付いてますが、今日はちょっと元気がなかった気がします。
 群舞もよし。ガルフォース指揮の東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団は、ウィーンらしいノリノリの演奏、というわけにはいかなかったのは、バレエの伴奏だから仕方がないのかも。
 講演後に、芸術監督のデヴィッド・ビントレーのミニ・インタビューがあり、来シーズンの演目の紹介などが聞けました。ローザンヌ国際バレエコンクールで菅井円加が優勝したというニュースが飛び込んで来たのが、その日の夜。ビントレーが新国立と同時に芸術監督をしているバーミンガム・ロイヤル・バレエ団への留学を希望しているそうで、1日ずれていたら、それに関する話しも聞けたかもしれませんでした。
 ところで、ビントレー芸術監督になってから、フィーチャーリング外国人有名ダンサーと新国立コールド・バレエ団という形の公演をやめ、新国立バレエ団員のみによる公演を増やしているように思えます。外人を招聘する費用を蓮舫に査定されたためなのかもしれませんが、新国立バレエ団員を育成するという点ではすばらしい試みだと思います。この点を前面に押し出して宣伝して、観客の応援をお願いしてもいいのではないでしょうか?


新国立劇場バレエ
<こうもり>
Roland Petit’s La Chauve-souris
2012年2月5日 新国立劇場オペラ劇場

【振 付】ローラン・プティ
【音 楽】ヨハン・シュトラウスⅡ世
【編 曲】ダグラス・ガムレイ
【美 術】ジャン・ミッシェル・ウィルモット
【衣 裳】ルイザ・スピナテッリ
【照 明】マリオン・ユーレット/パトリス・ルシュヴァリエ
【指 揮】デヴィッド・ガルフォース
【管弦楽】東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

ベラ:本島美和
ヨハン:福岡雄大
ウルリック:八幡顕光
メイド:楠元郁子
グランカフェのギャルソン:江本拓、奥村康祐、輪島拓也
フレンチカンカンの踊り子:厚木三杏、西川貴子、堀口純
チャルダッシュ:芳賀望
川村真樹、長田佳世、寺田亜沙子、丸尾孝子、米沢唯、細田千晶

|

« 【バレエ】圧倒的迫力の「スパルタクス」ボリショイ・バレエ | トップページ | 【バレエ】ますます女子会化するKバレエ・カンパニーの「シンデレラ」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/53909640

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】オシャレで楽しい「こうもり」新国立劇場バレエ:

« 【バレエ】圧倒的迫力の「スパルタクス」ボリショイ・バレエ | トップページ | 【バレエ】ますます女子会化するKバレエ・カンパニーの「シンデレラ」 »