« 【バレエ】ルグリの「ルートヴィヒ2世」にため息<ウィンナー・ガラ>ウィーン国立バレエ団 | トップページ | 【バレエ】コミカルなルグリが素敵だが、ウィーン色は薄いか「こうもり」ウィーン国立バレエ団 »

2012/04/28

【展覧会】「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧」展

 新国立劇場でオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を観る前に、オペラシティーのアートギャラリーで「絵描き小僧」展を観てきました。公式サイトはこちら、オペラシティーのサイトはこちらです。
 入場するといきなり、脳を片手に持った北野武がお出迎え。縁日・見世物小屋的な雰囲気の合体動物もあります。絵画は落書き風・ピカソ風のヘタウマ系。ペンキ屋の父からの影響を思わせるポップな色彩で、ユーモアに満ちております。恐竜が滅んだ理由がさまざま書かれた展示や、蒸気機関車みたいな動く巨大なミシン。旧日本軍の極秘生物兵器は、ジンベイザメを使った航空母艦に、トビウオの戦闘機が配備されており、上には懐かしい青焼きのコピーが。また、ビートたけしの昔のコントのビデオも流れてました。
 たけしが全部作ったわけではなく、アイディアだけ出して他人に作らせたものも多いですが、それはそれでいいでしょう。肩肘張らず、楽しくてユーモアあふれる展覧会でした。


BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展
Beat Takeshi Kitano, Gosse de peintre
期間:2012年4月13日[金]─ 9月2日[日]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー

|

« 【バレエ】ルグリの「ルートヴィヒ2世」にため息<ウィンナー・ガラ>ウィーン国立バレエ団 | トップページ | 【バレエ】コミカルなルグリが素敵だが、ウィーン色は薄いか「こうもり」ウィーン国立バレエ団 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/54524567

この記事へのトラックバック一覧です: 【展覧会】「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧」展:

« 【バレエ】ルグリの「ルートヴィヒ2世」にため息<ウィンナー・ガラ>ウィーン国立バレエ団 | トップページ | 【バレエ】コミカルなルグリが素敵だが、ウィーン色は薄いか「こうもり」ウィーン国立バレエ団 »