« 【歌舞伎】えっと……忘れちゃった。2012年3月新橋演舞場昼の部 | トップページ | 【歌舞伎】鴈治郎型の勘平を初めて見たよ。2012年4月新橋演舞場夜の部 »

2012/04/12

【オペラ】破滅へと突き進んだフクシマのごとし「オテロ」新国立劇場オペラ

 エイプリルフールにぽん太は「オテロ」を観に行ってきました。公式サイトはこちら、特設サイトはこちら
 ぽん太はこれまでオペラでも演劇でも「オテロ」(オセロ)を観たことはありませんでした。原作も読んだことないと思います。陰謀にはまって奥さんに嫉妬して、あげくのはてに殺してしまう馬鹿な男の話しと聞いて、「なんだかありきたりのストーリーだな〜」と思っていたのですが、実際に観てみたらとても感動しました。すばらしかったです。ただぽん太には、シェイクスピアの原作がいいのか、ヴェルディの音楽がいいのか、今回の公演がいいのか、区別がつかないところが、情けないところですが。
 ちなみにシェイクスピアの原作は「オセロ」(Othello)で、ヴェルディのオペラはイタリア語なので「オテロ」(Otello)とのこと。オセロといえば、あの白黒をひっくりかえすゲームの名前として有名ですが、Wikipediaを見てみると、1973年(昭和48年)にゲーム作家の長谷川五郎がこのゲームを発表した時、英文学者であった父親の長谷川四郎が、黒人のオセロと白人のデスデモーナの関係がめまぐるしく変わることから取ったのだそうです。親が四郎で子供が五郎……。ふ〜ん、長谷川五郎さんは、製薬会社の営業をやっていたんだそうな。どこの製薬会社なんだろう。ググってみると、中外製薬みたいですが。また、オセロと同じルールのゲームが19世紀のイギリスで既に行われていて、リバーシ(Reversi)という名前だそうです。飛行機のアトラクションで、このゲームがOthelloじゃなくてReversiという名前になっているのは、そういう理由だったんですね。
 そういえば、オセロの中島さんも、早く元気になって欲しいです。

 ウォッホン、みちくさが過ぎました。
 で、上に書いたようにこのオペラのストーリー、ひとつ間違えば下世話な痴話げんかになってしまうところです。しかし、オテロがとらわれる嫉妬は、通常の範囲を超えていき、まさに「嫉妬妄想」の様相を呈してきます。実際、誰かに「オテロは気がふれた」という台詞がありましたし、オテロ自身も、まるで癌のように自分のなかで膨らんで行き、自分を支配していく嫉妬心を、自分とは異質な物として捉えていました。勇敢な英雄であったオテロが嫉妬心によって壊れていき、またデズデーモナが夫の変容と自らの死という運命を受け入れるとき、ドラマは普遍性を獲得し、悲劇的なものにまで高まります。誤った考えや感情に支配され、死に向かって突き進んで行くオテロの姿は、危険を察知していながら大事故に行き着いたフクシマを思わせます。
 オテロ役は、昨年の「イル・トロヴァトーレ」でマンリーコを歌ったフラッカーロ。勇者らしい堂々とした雰囲気があり、前半では甘い恋の歌も聴かせてくれ、後半では嫉妬に狂い運命に翻弄されていくさまを鬼気迫る演技で表現しました。デズデーモナを代役で歌ったマリア・ルイジア・ボルシは、昨年「コジ・ファン・トゥッテ」で聞きましたが、そのときのコミカルな演技とは違って、今回は感動的でした。最低音がちと出にくそうでしたが、豊かな声量の落ち着いた声で、「柳の歌」もすばらしかったです。ミカエル・ババジャニアンは、オテロを破滅に導いて行く悪魔のようなイアーゴを好演。カッシオの小原啓楼やロドヴィーコの松位浩などの日本勢もよかったです。指揮者のジャン・レイサム=ケーニックが盛大な拍手をもらってましたが、有名なひとなんでしょうか。
 セットは、大量の水を使ってバブリーな感じがしましたが、悪くなかったです。


オテロ
ジュゼッペ・ヴェルディ
Giuseppe Verdi : Otello
2012年4月1日 新国立劇場オペラ劇場

【指 揮】ジャン・レイサム=ケーニック
【演 出】マリオ・マルトーネ
【美 術】マルゲリータ・パッリ
【衣 裳】ウルスラ・パーツァック
【照 明】川口雅弘

【オテロ】ヴァルテル・フラッカーロ
【デズデーモナ】マリア・ルイジア・ボルシ
【イアーゴ】ミカエル・ババジャニアン
【ロドヴィーコ】松位 浩
【カッシオ】小原啓楼
【エミーリア】清水華澄
【ロデリーゴ】内山信吾
【モンターノ】久保田真澄
【伝 令】タン・ジュンボ

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

|

« 【歌舞伎】えっと……忘れちゃった。2012年3月新橋演舞場昼の部 | トップページ | 【歌舞伎】鴈治郎型の勘平を初めて見たよ。2012年4月新橋演舞場夜の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/54438270

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】破滅へと突き進んだフクシマのごとし「オテロ」新国立劇場オペラ:

« 【歌舞伎】えっと……忘れちゃった。2012年3月新橋演舞場昼の部 | トップページ | 【歌舞伎】鴈治郎型の勘平を初めて見たよ。2012年4月新橋演舞場夜の部 »