« 【演劇】「THE BEE」NODA・MAP | トップページ | 【歌舞伎】中車の話題性と、藤十郎・秀太郎の至芸 2012年6月新橋演舞場昼の部 »

2012/06/21

【歌舞伎】菊五郎・團十郎の「身替座禅」2012年5月松竹座

 5月下旬、ぽん太とにゃん子は、歌舞伎を見に大阪遠征してきました。公式サイトはこちらです。
 初日は夜の部を観劇。
 最初は「絵本太閤記」。團十郎の武智光秀、菊五郎の真柴久吉という配役で、本格的な時代物でした。武智十次郎の菊之助がすばらしく、歌舞伎らしい様式性とリズムがあり、格調が感じられました。東蔵の皐月も武家の妻としての威厳と母親としての悲しみが伝わってきました。
 次いで「高杯」。身体能力の高い海老蔵ですから、体を張った下駄タップを聞かせてくれるんじゃないかと期待しておりましたが、リズムも不明瞭で、以前に観た勘三郎の方がよかったです。ちと期待はずれでした。酒に溺れるあたりの演技(?)はおかしみがありました。
 「ゆうれい貸屋」は軽く楽しい芝居。桶職弥六の三津五郎はいつもながら癖のないすっきりと品のいい演技。幽霊染次の時蔵が熱演で、嫉妬深くて色っぽいけどちょっとおかしな幽霊を、芝居っけたっぷりに演じておりました。

 芝居が跳ねたあとは、和洋遊膳中村で大阪の食を満喫。おいしゅうございました。

 さて、翌日は昼の部、まずは「寺子屋」です。海老蔵の武部源蔵は、以前に観た時には(2007年12月歌舞伎座)大げさすぎてヘンテコでおかしかったのですが、今回は演技もだいぶ押さえられているようで、悪くなかったです。梅枝の女房戸浪も好演。松緑の松王丸は、咳が様式的でリアルさがなくて変でした。最初は大きさが感じられませんでしたが、二回目に登場してからはなかなか迫力があってよかった気がします。このメンバーに入ると、菊之助が頭抜けている気がします。子を思う気持ちが伝わってきました。
 「身替座禅」は、菊五郎の右京、團十郎の玉の井という、ぽん太初めての組み合わせ。おまけに常磐津は人間国宝の一巴太夫。素晴らしくないはずがありません。菊五郎の右京は、惚けた味わいや色っぽさが最高。團十郎の玉の井は、男声を出してあざとく笑いをとったりせずに、ブスながら夫を好きで好きでたまらない、可愛らしい奥方でした。
 最後は藤十郎の「封印切」。藤十郎の忠兵衛を観るのは3回目ですが、完成された芸ですね。八右衛門の挑発に乗って封印を切ってしまうところもいいですが、その前の忠兵衛と梅川のじゃらじゃらや、最後の身請けを祝われるなか、死へと旅立っていくところの情が素晴らしかったです。


團菊祭五月大歌舞伎
大阪松竹座
平成24年5月23日・24日 

昼の部

一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
  寺子屋
             松王丸    松 緑
            武部源蔵    海老蔵
          源蔵女房戸浪    梅 枝
          御台園生の前    吉 弥
          涎くり与太郎    亀 寿
            春藤玄蕃    亀三郎
          松王女房千代    菊之助

二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)
            山蔭右京    菊五郎
            太郎冠者    権十郎
            侍女千枝    巳之助
            同 小枝  尾上右 近
           奥方玉の井    團十郎

  恋飛脚大和往来
三、玩辞楼十二曲の内 封印切(ふういんきり)
  新町井筒屋の場
           亀屋忠兵衛    藤十郎
            傾城梅川    菊之助
         丹波屋八右衛門    三津五郎
          井筒屋おえん    東 蔵
          槌屋治右衛門    左團次

夜の部

一、絵本太功記(えほんたいこうき)
  尼ヶ崎閑居の場
            武智光秀    團十郎
               操    時 蔵
           武智十次郎    菊之助
            佐藤正清    海老蔵
              初菊    梅 枝
              皐月    東 蔵
            真柴久吉    菊五郎

二、高坏(たかつき)
            次郎冠者    海老蔵
            太郎冠者    亀 寿
             大名某    市 蔵
             高足売    松 緑

三、ゆうれい貸屋(ゆうれいかしや)
            桶職弥六    三津五郎
            家主平作    團 蔵
         屑屋の幽霊又蔵    市 蔵
         娘の幽霊お千代    梅 枝
          弥六女房お兼    吉 弥
            魚屋鉄造    権十郎
          鉄造女房お勘    秀 調
         芸者の幽霊染次    時 蔵

|

« 【演劇】「THE BEE」NODA・MAP | トップページ | 【歌舞伎】中車の話題性と、藤十郎・秀太郎の至芸 2012年6月新橋演舞場昼の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/55010456

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】菊五郎・團十郎の「身替座禅」2012年5月松竹座:

« 【演劇】「THE BEE」NODA・MAP | トップページ | 【歌舞伎】中車の話題性と、藤十郎・秀太郎の至芸 2012年6月新橋演舞場昼の部 »