« 【登山・温泉】ツツジ満開!前袈裟南西尾根から袈裟丸山/大胡温泉三山の湯(★★★★) | トップページ | 【宿】アポイ岳登山に最適の公共の宿/アポイ山荘(★★★) »

2012/06/11

【登山】今度は6月4日、アポイ岳再訪

Img_2088_2
 花で有名なアポイ岳。以前は7月上旬に登ったのですが、今回は違う花を見るために、時期をずらして6月上旬に登ることにしました。おかげで様々な花を初めて見ることができました。

【山名】アポイ岳(811m)
【山域】北海道南部
【日程】2012年6月4日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ
【ルート】アポイ岳ビジターセンター9:38…アポイ岳12:45…幌満お花畑…アポイ岳ビジターセンター15:39

(※大きい地図や3Dグラフはこちら
【見た花】(登山口〜5合目山小屋)オオイワツメクサ(初)、チゴユリ、ツマトリソウ、フデリンドウ、ヒメイチゲ、ミヤマスミレ、イチヨウラン(初)、エゾオオサクラソウ(初)
(5合目山小屋〜山頂)エゾタカネニガナ(初)、アポイアズマギク、ヒロハヘビノボラズ(初)、ヤマツツジ、エゾシモツケ(初)、ヨツバシオガマ、アポイクワガタ(初)、ミヤマオダマキ、チシマキンレイカ、チングルマ、サマニユキワリ(初)、ミヤマハンショウヅル、チシマフウロ、アポイタチツボスミレ(初)、キンロバイ、ユキワリコザクラ?(初)、エゾキスミレ(初)、キジムシロ
【マイカー登山情報】登山口に広い駐車場があります。

Img_2027 登山口近くに咲いていた白い花。イワツメクサに似てますが、花びらの切れ込みが小さく、少し幅が広いです。調べてみるとオオイワツメクサという花で、イワツメクサの北方型変種だそうです。ぽん太は初めて見ました。
Img_2029 登山口近くの登山道。両側の林がすがすがしくて気持ちいいです。
Img_2051 にゃん子が綺麗なランを発見。イチヨウラン(初)です。拡大してみるととっても美しく、また5枚の萼片が星形に広がっているのもいいですね。
Img_2057 エゾオオサクラソウ(初)です。あちこちに咲いていました。
Img_2056 全体像はこちら。円形で掌状に切れ込んだ葉っぱから、茎がすっくと立ち上がり、先端にボンボンのように花を付けます。ちょっと大きめで、とっても華やかです。
Img_2060 5合目山小屋の所で稜線に出て、まず初めはエゾタカネニガナ(初)。
Photo ヒロハヘビノボラズ(初)です。きれいな花ですが、名前は変ですね。
Img_2074 エゾシモツケ(初)です。
Img_2078 花にまじえて岩の写真を。この緑色っぽい岩がかんらん岩で、この岩でできていることが、アポイ岳の特有の植生の原因となっております。アポイのかんらん岩については、例えばこちらをどうぞ。かんらん岩は火成岩の一種で、上部マントルという非常に深い所で造られるんだそうです。アポイ岳では、プレートの衝突によって、本来はとても深い所にあるかんらん岩が地表に現れているんだそうです。かんらん岩は変成作用を受けやすく、変成によって蛇紋岩に変化するそうですが、ここアポイ岳では、蛇紋岩に変化していない「新鮮な」かんらん岩が見られるそうです。かんらん岩や蛇紋岩は、超塩基性岩と呼ばれSiO2含有量が少ないのが特徴で、この岩があるところには独特の花が咲きます。例えば至仏山や早池峰山も、蛇紋岩(や、かんらん岩)でできています。
Img_2088 アポイクワガタ(初)です。クワガタ君のなかでも特にちっちゃい感じがします。
Img_2101 サマニユキワリ(初)です。花弁と花弁の間に隙間があります。葉っぱはおしゃもじを細くしたような形で、ふちが裏側に折れ曲がります。綺麗ですね〜。
Img_2107 ちょっと花がしょぼいですが、お初なのでアップしておきます。アポイタチツボスミレだと思います。
Img_2113 ユキワリコザクラ(?)かな〜?先ほどのサマニユキワリと似てますが、それが花弁と花弁の間に隙間があったのに比べ、この花は花弁と花弁の間の隙間はなく、明らかに違います。サマニユキワリの方が葉っぱが細いという記述もありますが、よくわからん。ある本には、サマニユキワリは亜高山の草地に多く、ユキワリコザクラは産地の岩場に多いと書いているので、ユキワリコザクラとしておきます。ということは、今回はユキワリコザクラは見れなかったということか……。
Img_2115 アポイ岳の黄色いスミレといえば、エゾキスミレ。う〜んこれは?葉っぱが厚めで光沢があるから、エゾキスミレでいいのかしら?
Img_2120Img_2121 山頂でのお弁当は、「親子岩潮風弁当 様似産つぶめし」。地元のつぶ貝がたっぷり入ったお弁当で、とってもおいしかったです。
 帰りは幌満お花畑に寄って帰りましたが、見事にまったく何も咲いてませんでした。
Img_2126 シマリス君がお見送り。さようなら。

|

« 【登山・温泉】ツツジ満開!前袈裟南西尾根から袈裟丸山/大胡温泉三山の湯(★★★★) | トップページ | 【宿】アポイ岳登山に最適の公共の宿/アポイ山荘(★★★) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/55966754

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】今度は6月4日、アポイ岳再訪:

« 【登山・温泉】ツツジ満開!前袈裟南西尾根から袈裟丸山/大胡温泉三山の湯(★★★★) | トップページ | 【宿】アポイ岳登山に最適の公共の宿/アポイ山荘(★★★) »