« 【旅館・蕎麦】奥多摩の美しい木造建築と美味しい会席料理「河鹿園」(★★★★)/石挽きそば並木 | トップページ | 【登山】愛宕神社から日の出山往復 »

2012/06/28

【バレエ】可愛いおばさん、変な演出「白鳥の湖」アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ

 アナニアシヴィリ(とグルジア国立バレエ)の「白鳥の湖」、観てきました。ジャパン・アーツの特設サイトはこちらです。
 何の予備知識もなく行ったので、幕があいてびっくり仰天。バレエの練習風景でした。正面には鏡があり、両サイドにはレッスンバーがあり、ダンサー達は練習着です。公演が近いのか、衣装が出来上がり、芸術監督の前でパ・ド・トロワやカンテラ踊り(?)のチェックが行われます。つぎに主役を射止めたマトヴィエンコのレッスンに入りますが、芸術監督は気に入らない様子。あげくのはてにマトヴィエンコは倒れ込んでしまいます。ううう、ぽん太の好きなワルツがにゃい!道化クルクルもにゃい!果たして2幕はどうなるのか?
 2幕は、突然正常に戻りました。悪魔の踊りのあと、王子がちゃんと弓を持って出てきます。3幕の黒鳥も無事終了。最初にハンガリー、ナポリ、マズルカが踊られ、次に6人のお妃候補の踊り。黒鳥が登場してスペインになるのもオーソドックス。王子と黒鳥のパ・ド・ドゥでは、前半のハイルヒトラーみたいにしながら踊るところで、一回いっかい高くリフトしていたのが目立ちました。背景にオデットが現れたところでは、悪魔はオディールをマントで隠します。をひをひ、そっちを隠してどうするんじゃ。黒鳥のヴァリアシオンは、蛇使い風の音楽の方でした。
 4幕に突入。王子とオデットの悲しいパ・ド・ドゥののち、悪魔乱入。王子を白鳥たちが囲みます。さあ、これから王子と悪魔の闘いが繰り広げられるのか。白鳥たちが輪を広げると、あらら、もう王子が倒れています。ひょっとして囲んで見えないようにしておいて、なかで「オデットを裏切りおって〜」とフルボッコにしていたのか。
 ここで予想通り最初のレッスン場に戻り、マトヴィエンコは目を覚まします。仲間のダンサー達が、「こんなところで寝てるぜ!さあ、行こう」みたいな感じの身振り。夢から覚めやらないマトヴィエンコの背後に、オデットが現れます。

 この夢のパターンは、どっかで見たような、見ないような……。家に帰って調べてみたら、昨年の1月のマラーホフ、ポリーナの「シンデレラ」(ベルリン国立バレエ)でした。このときの振付・演出はマラーホフ。今回の「白鳥」は、アレクセイ・ファジェーチェフの演出・台本改訂・振付改訂となっております。う〜ん、どっちが先なのか、ぽん太にはわかりません。ただこれだと、「所詮は夢」ということになってしまって、ちょっと感情移入しずらいな〜。「シンデレラ」のときは、夢から覚めたポリーナが主役を射止めるという設定で、シンデレラ・ストーリーと重なっていましたが。
 
 ニーナはやはり素晴らしかったです。胴はちょっと太くなったけど、いつまでも可愛らしいおばさん、という感じ。白鳥は、高貴でウルウルした感じではなく、愛らしくキュートでした。黒鳥も妖艶さはなくて、両手をびょんと伸ばすしぐさなど、「元気いっぱい」でした。
 マトヴィエンコは、大きく、美しく、伸びやかで、正確で、まさに「王子」そのものでした。
 二人に比べると、どうしても他のグルジア国立バレエのダンサー達は見劣りがしました。群舞もバタバタしている印象がありました。音楽のテンポが全体に早めだったせいもあるんでしょうか。指揮者はダヴィド・ムケリア。オケの東京シティ・フィルは、早めのテンポによくついていってました。ヴァイオリンやチェロのソロも情感たっぷりでした。

アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ
「白鳥の湖」
2012年6月27日 東京文化会館

音楽 : ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
原振付 : マリウス・プティパ,レフ・イワノフ
原台本 : ウラジーミル・ベギチェフ、ワシーリー・ゲリツェル
演出・台本改訂・振付改訂 : アレクセイ・ファジェーチェフ
衣装・装置デザイン : ヴャチェスラフ・オクネフ、ギガ・ラピアシヴィリ
照明デザイン : ポール・ヴィダー・シーヴァラング
指揮 : ダヴィド・ムケリア
管弦楽 : 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

≪出 演≫
オデット (白鳥の女王)/オディール (偽のオデット) : ニーナ・アナニアシヴィリ
ジークフリート王子 : デニス・マトヴィエンコ
悪魔 : ダヴィド・アナネーリ
王妃 (王子の母) : ニノ・オチアウリ
式典長 : ユーリー・ソローキン
パ・ド・トロワ (王子の友人たち) :アナ・アルブタシヴィリ、ニノ・マチアシヴィリ、ウィリアム・サントス
3羽の白鳥 : ショレナ・ハインドラワ、ニノ・サマダシヴィリ、エカテリネ・スルマワ
4羽の白鳥 : ヌツァ・チェクラシヴィリ、ニノ・マチアシヴィリ、アナ・アルブタシヴィリ、ニノ・マハシヴィリ
花嫁候補 : エカテリネ・スルマワ、アナ・アルブタシヴィリ、エカテリネ・マハチャシヴィリ、ニノ・サマダシヴィリ、ヌツァ・チェクラシヴィリ、ニノ・マチアシヴィリ
ナポリの踊り : テオーナ・アホバーゼ、ムルマン・キカリシヴィリ
ハンガリーの踊り : アリーサ・ボグダーノワ、ギオルギー・エルカニシヴィリ
スペインの踊り : ショレナ・ハインドラーワ、ヴェーラ・キカビゼ、モリス・メスヒヤ、ウィリアム・プラット
ポーランドの踊り (マズルカ) : タムタ・バフタゼ、 ラナ・カヴレリシヴィリ、ニア・ゲラゼ、 アナ・チモシェーンコ、マルハズ・メスヒヤ、 ズラブ・ダツキシヴィリ、ニカ・ジャイアニ、キゴルギー・エルカニシヴィリ

|

« 【旅館・蕎麦】奥多摩の美しい木造建築と美味しい会席料理「河鹿園」(★★★★)/石挽きそば並木 | トップページ | 【登山】愛宕神社から日の出山往復 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/55066503

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】可愛いおばさん、変な演出「白鳥の湖」アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ:

« 【旅館・蕎麦】奥多摩の美しい木造建築と美味しい会席料理「河鹿園」(★★★★)/石挽きそば並木 | トップページ | 【登山】愛宕神社から日の出山往復 »