« 【温泉】「明治時代部屋」は雰囲気あり。夏も良い貝掛温泉(★★★★) | トップページ | 【歌舞伎】猿之助の「黒塚」は哀しき哉。2012年7月新橋演舞場夜の部 »

2012/08/03

【登山】ちょっと過剰整備。夏晴れの平標山

Img_2648
 あまりの暑さに東京を脱出したぽん太とにゃん子、登ったことのない手頃な山はないかと探したあげく、平標山に登ることにしました。暑さをしのぐためには、できれば標高2000メートルから登り始めたかったところですが、仕方ありません。
 平標山は、苗場山の西側に位置しており、苗場スキー場やかぐら・みつまた・田代スキー場でスキーをしていると、国道十七号線の反対側に、真っ白に雪をかぶった姿を見ることができます。

【山名】平標山(1983.7m)
【山域】上信国境
【日程】2012年7月26日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ
【ルート】平標登山口駐車場9:07…松手山…平標山山頂12:33…平標山ノ家…(平元新道)…平標登山口駐車場15:31

(※大きい地図や3Dグラフはこちら
【見た花】アカモノ(実)、ヤマツツジ、ウツボグサ、オオヤマサギソウ、クガイソウ、クモキリソウ、オトギリソウの一種、クルマユリ、ハクサンシャクナゲ、ツルアリドオシ、タカネニガナ、コゴメグサ、ハクサンフウロ、ノンコンギク、シモツケソウ、ツリガネニンジン、オオバギボウシ、キオン、コメツツジ(初)、ヤマハハコ、ニッコウキスゲ、オタカラコウ、キンコウカ
【マイカー登山情報】平標登山口に大きな駐車場があります。料金500円也。
【注意事項】・越後湯沢から平標登山口までの国道17号線にはコンビニはありません。越後湯沢周辺で買い出しをお済ませ下さい。
・どっち周りのルートがいいかという問題ですが、ぽん太と同じ方向をおすすめします。平元新道は樹林帯のなか急な階段が延々と続くので、下山で利用した方がいいです。

Img_2603 駐車場に車を停めて登山開始。天気は快晴。日焼け止めを入念に塗り、水も1.5リッター準備して、こまめの給水を心がけます。
 平日だというのに駐車場には既に多数の車が停まっており、バスで到着した団体さんも。人気の山のようです。
 登山道は過剰ともいえるほど整備されており、階段が延々と続きます。さるやんごとなきお方が登ったのでしょうか?
 写真は道ばたに咲いていたラン系の花。帰宅して調べたところ、オオヤマサギソウのようです。初めてかと思ったら、図鑑に線が引いてあったので、以前に見たことがあるようです。
Img_2606
 似ていますが、こちらはよく見かけるクモキリソウですね。
Img_2611 松手山を抜けると森林限界を越え、これから登る伸びやかな稜線が見えてきます。頂上は、写真中央やや右のピークです。天気がよくて(暑いけど)気持ちよいです。様々な高山植物も目を楽しませてくれます。
Img_2615 産毛のはえた小さな白い花。ツルアリドオシだそうです。これも以前に見たことがあるようです。
Img_2628 白いちっちゃなツツジ。コメツツジは、ぽん太は初めてです。
Img_2631 西側は雲に覆われていたのですが、一瞬だけ苗場山が姿を現しました。湿原をなす平らな山頂が、堂々たる風格です。
Img_2635 山頂から仙ノ倉山に続く稜線。せっかくなので往復したかったのですが、時間がないのであきらめました。
Img_2640 山頂から平標山ノ家に下る稜線は、キンコウカのお花畑でした。冒頭の写真は、山ノ家から山頂を振り返ったものです。
 こっからの下山は、花も展望もない林のなかの急な階段を、延々と下ります。麓が近づいてくると、なにやらビートのきいた音楽が聴こえてきます。明日から苗場プリンスで、フジロックフェスティバルが開催されるそうです。苗プリ周辺は、ロックっぽい服装の若者たちが、次々とつめかけていました。

|

« 【温泉】「明治時代部屋」は雰囲気あり。夏も良い貝掛温泉(★★★★) | トップページ | 【歌舞伎】猿之助の「黒塚」は哀しき哉。2012年7月新橋演舞場夜の部 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/55285464

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】ちょっと過剰整備。夏晴れの平標山:

« 【温泉】「明治時代部屋」は雰囲気あり。夏も良い貝掛温泉(★★★★) | トップページ | 【歌舞伎】猿之助の「黒塚」は哀しき哉。2012年7月新橋演舞場夜の部 »