« 【登山】大迫力!浅間山外輪山を往く | トップページ | 【絵画】上野でフェルメールの競演!《真珠の首飾りの少女》&《真珠の耳飾りの少女》 »

2012/09/13

【登山】槍穂高の二つの表情を愛でる(三股から蝶ヶ岳往復テント泊)

Img_3156
 今回は、以前にプロレスに連れて行ってもらったお礼もかねて、ゴールデンレトリバー君を伴っての山行となりました。ゴールデンレトリバー君は、以前はプロレスラーと見まごうような巨体の持ち主で、八ヶ岳の麓に別荘を持ちながら、決して山に登ろうとしませんでした。しかし、ここ数年で体をしぼり、いまでは毎週のようにあちこちの山に出かけているようです。写真もプロ級の腕前のレトリバー君は、稜線に泊まって写真を撮りたいとのことだったので、ぽん太も行ったことがない槍穂高の展望台、蝶ヶ岳に行くことにしました。ただ、三股からの往復では味気ないので、数年ぶりにテントに泊まることにしました。

【山名】蝶ヶ岳(2677m)、蝶槍(?)
【山域】北アルプス
【日程】2012年9月5日〜6日
【メンバー】ぽん太、にゃん子、ゴールデンレトリバー君
【天候】(9/5)晴れ、(9/6)雨のち曇り
【ルート】(9/5)三股駐車場9:37…蝶ヶ岳ヒュッテ15:09…蝶槍16:24…蝶ヶ岳山頂17:08…蝶ヶ岳ヒュッテ(テント泊)
(9/6)蝶ヶ岳ヒュッテ7:11…三股駐車場10:57

(※大きい地図や3Dグラフはこちら
【見た花】ダイモンジソウ、ツルリンドウ、サラシナショウマ、ミヤマトリカブト、ソバナ、アザミの一種、クロトウヒレン、ハクサンフウロ、ミヤマアキノキリンソウ、ウサギギク
【マイカー登山情報】三股までの道は、次第に狭くなるものの、しっかり舗装されています。数十台停められる広い駐車場あり。

 9月に入ったとはいえ、まだまだ残暑が厳しい今年の夏。加えてこの数日、日本の各地でゲリラ豪雨の被害が出るという不安定な天候。雷の心配があるので早出早着きに越したことはありません。ゴールデンレトリバー君の車に同乗させていただき、多摩の巣穴を朝7時前には出発し、9時半に登山スタート。数年振りのテント装備が肩に重くのしかかります。体を痛めぬようにゆっくりと登り始めました。途中、力水でおいしい水を補充。
Img_3114 もうすっかり秋の風情で、目立った花も咲いておりません。樹林帯のなかの単調な登りが続きますが、ときおり常念から前常念に続く稜線が姿をみせ、疲れを癒してくれます。
 近頃元気なレトリバー君は、われわれのペースがじれったいのか、先行してどんどん登っていきます。ただ、無風状態の暑さには参ったらしく、途中から風の話ししかしなくなりました。
Img_3124 ようやく稜線に到着。蝶ヶ岳ヒュッテの向こうには常念岳、そして大天井へと続く稜線が目に入ります。
Img_3131 そして眼前に屏風のように立ちはだかる槍・穂高。後光が射してまことに神々しい景観です。
Img_3134 テントを設営してから、せっかくなので蝶槍までピストン。
Img_3135 雲間からときおり姿をみせる槍ヶ岳の迫力にはかないませんネ。ン?こっちから見ると、槍は少し右に傾いて見えますね。
Img_3162 蝶槍から蝶ヶ岳に続く二重稜線。サルの群れがこんなところまで登ってきて、食事をしてました。
Img_3166 夕暮れの常念です。残念ながら雲のせいで夕焼けは見られませんでした。ゴールデンレトリバー君が持参した高級スコッチなどを頂きながら、山小屋とはひと味違った楽しい夕食を済ませて就寝。明日の天気はどうかしら?

早朝から雨がテントを打つ音が……。これでは朝焼けは望めません。朝食をすませて、水を吸って重いテントを撤収し、あとは下るのみ。しかし、わずかな晴れ間には、槍穂高に虹がかかっているのが見えました。昨日の雄々しい姿とは異なる、優雅で神秘的な美しさです。Img_3172_2
 帰りは、途中にあるほりでーゆで汗を流し、ゴールデンレトリバー君の案内で豊科のおいしい鰻を頂きました。生ビールまで飲ませていただき、帰りの車は寝倒すというぜいたく。あゝ、ありがたや。このご恩は決して忘れません。
 天候が崩れたのは残念でしたが、そのおかげで槍・穂高の二つの表情を見ることができました。久々のテント泊も楽しかったです。

|

« 【登山】大迫力!浅間山外輪山を往く | トップページ | 【絵画】上野でフェルメールの競演!《真珠の首飾りの少女》&《真珠の耳飾りの少女》 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/55646117

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】槍穂高の二つの表情を愛でる(三股から蝶ヶ岳往復テント泊):

« 【登山】大迫力!浅間山外輪山を往く | トップページ | 【絵画】上野でフェルメールの競演!《真珠の首飾りの少女》&《真珠の耳飾りの少女》 »