« 【クラシック】オーチャードホールの音響が悪くて楽しめず。新日本フィルの「第九」 | トップページ | 【歌舞伎】三津五郎がはじけた!2012年12月新橋演舞場昼の部 »

2012/12/28

【歌舞伎】こいつ、殺したる……菊五郎の「籠釣瓶花街酔醒」2012年12月新橋演舞場夜の部

 あゝ忙しや、忙しや。ブログを書くヒマも体力もないけれど、忘れちゃうんで書いておきます。公式サイトはこちらです。
 今回の目玉は、なんといっても菊五郎が佐野次郎左衛門を初役で務めるという「籠釣瓶花街酔醒」でした。歌舞伎人のインタビューを読むと、菊五郎は脚本を読み込んで独自の工夫を加え、次郎左衛門が縁切りの途中から八ツ橋を殺してやろうと思うという新演出で演じるとのこと。初役は工夫を加えず教わった通りにやらないといけないというしきたりがあるそうですが、菊五郎レベルでは初役といっても誰かに教わるわけではないですから、自由にやっていいのでしょうね。
 どんな風になるのかとっても楽しみでしたが、実際に観てみると想像以上に素晴らしく、これまで観た「籠釣瓶」とは全く違う芝居にみえました。縁切りの途中で怒り出すというだけで、芝居全体がこうも変わるものかと、感心するやら驚くやら。
 普通の演出では、縁切り場までの次郎左衛門は、人のいい田舎者として演じられます。もちろん本当は、大詰めでの殺人にいたる「悪」をうちに秘めているのですが、演出上それは表に出さず、あくまでも善人して演じます。その善人が、大詰めでは一転して猟奇的な殺人をするところが面白さになるのですが、そうなると次郎左衛門の心理的な連続性がないので、説明として「妖刀籠釣瓶の力」が持ち出されることになります。善人の次郎左衛門が籠釣瓶の魔力によって殺人鬼となった、というわけです。
 こんかいの菊五郎の演出では、八ツ橋との仲を皆におだてられて舞い上がっているといった、次郎左衛門の人の良さは控えめに演じられます。そして縁切りの途中で怒り出し、八ツ橋の殺害を決意します。次いで「花魁、そりゃあんまり袖なかろうぜ」に始まる有名なセリフは、普通は恨みつらみを訴えて哀れをさそいますが、今回の舞台では八ツ橋とタンカを切り合うかのようで、江戸の芝居らしいハリが心地よいです。
 その場はおとなしく引き下がるものの、故郷にもどって4ヶ月の間に、法事をすませ、身代を整理し、八ツ橋殺害の準備を着々とすすめていきます。この部分は舞台では描かれませんが、次郎左衛門がその間、怒りを胸に秘めつつ冷静かつ着実に殺害計画をすすめていく様子は、想像するだに恐ろしいです。大詰で立花屋に久々現れた次郎左衛門は、最初から目つきがするどく、殺害の意思が強く現れております。
 こうして次郎左衛門の性格が、現代のストーカーにも通じる冷酷で執念深い性格として描かれているので、劇に一貫性が生じました。心理的に筋が通ることによって、舞台の進行上「妖刀の力」は不要になり、籠釣瓶は次郎左衛門の怒り・冷酷さ・執念深さの「象徴」となります。
 以上のように、役者の「芸」を見せる古典的な狂言である「籠釣瓶花街酔醒」が、現代的な演劇として見事に生まれ変わりました。伝統的な演目に、新たな解釈を見いだした菊五郎の手腕に拍手、拍手です。
 歌舞伎の演目は、今日ではいくつかの場面を抜粋して上演するのが普通です。通しで上演することで、筋をわかりやすくしようという考え方があり、仁左衛門もこうした考えから、しばしば通しで演じているようです。ただ先月の「双蝶々曲輪日記」のように、通しでやることによって返って辻褄が合わなくなるということもあります。抜粋のままで、新解釈を加えるという菊五郎のやり方も「アリ」だとぽん太は思いました。
 同じく初役の菊之助の八ツ橋、花道での笑みはまるで博多人形のようで、ほうっとため息をつきたくなるほど美しかったですが、笑いの「意味」は感じられませんでした。その後も花魁としての妖艶さより、廓で生きていかねばならない女の必死さが伝わってきました。松緑の下男治六、世話物はだめ。團蔵の釣鐘権八は、ちょっと格好良すぎ。もっと下劣で嫌ったらしいのがぽん太の好みです。繁山栄之丞の三津五郎、芝居はうまいのですが色気に欠けるので、八ツ橋が栄之丞に操を立てるために次郎左衛門にあそこまでひどい仕打ちをするという説得力がありませんでした。

 恐ろしい芝居のあとは、三津五郎の「奴道成寺」でお口直し。踊りは絶品でした。


新橋演舞場
十二月大歌舞伎
平成24年12月 夜の部

一、 籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

   序 幕 吉原仲之町見染の場
   二幕目 立花屋見世先の場
       大音寺前浪宅の場
   三幕目 兵庫屋二階遣手部屋の場
       同  廻し部屋の場
       同  八ツ橋部屋縁切りの場
   大 詰 立花屋二階の場
              佐野次郎左衛門  菊五郎
                  八ツ橋  菊之助
                 下男治六  松 緑
                   七越  松 也
                   九重  梅 枝
                   初菊  右 近
                 遣手お辰  歌女之丞
                絹商人丈助  亀 蔵
               絹商人丹兵衛  秀 調
               立花屋おきつ  萬次郎
                 釣鐘権八  團 蔵
                繁山栄之丞  三津五郎
               立花屋長兵衛  彦三郎

二、 奴道成寺(やっこどうじょうじ)
         白拍子花子実は狂言師左近  三津五郎
                   所化  亀三郎
                   所化  亀 寿
                   所化  宗之助
                   所化  萬太郎
                   所化  右 近

|

« 【クラシック】オーチャードホールの音響が悪くて楽しめず。新日本フィルの「第九」 | トップページ | 【歌舞伎】三津五郎がはじけた!2012年12月新橋演舞場昼の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/56288123

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】こいつ、殺したる……菊五郎の「籠釣瓶花街酔醒」2012年12月新橋演舞場夜の部:

« 【クラシック】オーチャードホールの音響が悪くて楽しめず。新日本フィルの「第九」 | トップページ | 【歌舞伎】三津五郎がはじけた!2012年12月新橋演舞場昼の部 »