« 【オペラ】楽しかったけどちょっと雑多「セビリアの理髪師」新国立劇場 | トップページ | 【旅行】丹波篠山観光/一会庵の蕎麦/天空の城・竹田城 »

2012/12/08

【建築】大阪のレトロ建築。青山ビル・伏見ビルなど

 ぽん太とにゃん子は、11月上旬に永楽歌舞伎を観に行ってきました。歌舞伎の感想は既に書きましたので、今回は旅のご報告です。
 Img_3576 まずは大阪市内で一泊。大阪に泊まる時は、松竹座に歌舞伎を観に行く場合が殆どなので、これまでぽん太は難波近くにホテルをとっていました。今回は一泊して翌日も移動だったので、北浜近くのホテルに泊まりました。オフィス街にところどころ古い建物が残っている感じで、東京でいえば日本橋みたいな雰囲気でしょうか。難波とは違った雰囲気で面白かったです。夜はいつものように、近くの居酒屋をハシゴして酒と魚を味わいました。そのとき偶然に見つけた古めかしい建物にある喫茶店で、翌朝はモーニングをいただきました。
 写真のツタの絡まる趣きある建物が、青山ビルディングです。登録有形文化財に指定されているようです。公式サイトはこちらです。大正10年(1921年)竣工のスペイン風の洋館。設計・施行は大林組だそうです。こちらのサイト(思いつくまま・近代歴史遺産の旅 第458回・青山ビル(旧野田家住宅))によれば、当初はレストラン経営者の野田源次郎氏の住宅だったそうで、山口誓子や大村崑がこの建物の一室を借りていたこともあるそうです。
Img_3577 こちらが丸福珈琲の入り口。レトロな雰囲気が素敵です。
Img_3578 内装は新しく綺麗ですが、木を多く使ったり、天井の梁のレリーフなど、レトロな味わいを出しております。
Img_3580 こちらがモーニング。飲み物(写真はカフェオレ)の値段だけで、バタートーストとゆで卵がつきます。美味しゅうございました。
Img_3584 見ると、隣りのビルも登録有形文化財のようです。こちらはWikipediaに出てました。こちらは大正12年(1923年)竣工。当初は「澤野ビルヂング」という名前で、ホテルとして使われていたそうです。設計は長田岩次郎とのこと。
Img_3582 玄関は、アールデコ調に整えられておりました。
Img_3575 ホテルの窓からもレトロな建物が見えましたが、切りがないし、時間もなかったので、みちくさは省略しました。返ってからぐぐってみると、レンガの建物は「オペラ・ドメーヌ 高麗橋」(Wikipedia)で、設計は、近頃有名な東京駅などを設計した辰野金吾。その左の建物は日本基督教団浪花教会(Wikipedia)で、昭和5年(1930年)竣工、なんとヴォーリズの設計指導で、竹中工務店が設計・施行したものだそうです。う〜〜ん、見とけばよかった。また今度ね。

|

« 【オペラ】楽しかったけどちょっと雑多「セビリアの理髪師」新国立劇場 | トップページ | 【旅行】丹波篠山観光/一会庵の蕎麦/天空の城・竹田城 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【建築】大阪のレトロ建築。青山ビル・伏見ビルなど:

« 【オペラ】楽しかったけどちょっと雑多「セビリアの理髪師」新国立劇場 | トップページ | 【旅行】丹波篠山観光/一会庵の蕎麦/天空の城・竹田城 »