« 【旅行】丹波篠山観光/一会庵の蕎麦/天空の城・竹田城 | トップページ | 【歌舞伎】こいつ、殺したる……菊五郎の「籠釣瓶花街酔醒」2012年12月新橋演舞場夜の部 »

2012/12/27

【クラシック】オーチャードホールの音響が悪くて楽しめず。新日本フィルの「第九」

 年末恒例の「第九」は、日程の関係で今年も新日本フィル。せっかくなのでS席を取ってみたのですが、これが失敗でした。音響が悪すぎます。

 ステージ前方に座っている弦楽器の音は直接聴こえる一方、舞台奥の管楽器の音は、背後の壁あるいは天井版に反射してから耳に届くのか、音がずれて聴こえるのです。第二楽章のスケルツォなどでは、ほとんど半拍ずれて聴こえました。独唱や合唱も、なんか奥まって声が届かず。ということで、演奏の感想を述べる以前の問題でしたcrying
 指揮者のリュウ・シャオチャは日本初登場ですが、海外ではすでに高い評価を受けているとのこと。オペラの経験も深いとのことで、『エグモント』序曲では、これから何かが始まるような予兆に満ちたドラマチックな演奏でした。全体としては、奇をてらわず、オーソドックスで、堂々とした演奏だったように思います。
 音楽関係の友人に聞いたら、オーチャードは音響が悪いので有名で、3階席の1番前がよく聴こえるとか。こんどはその席にしよ〜っと。ちなみに今回の席は1階の13列でした。


2012年12月24日 会場:Bunkauraオーチャードホール 
新日本フィルハーモニー交響楽団
クリスマス・コンサート
『第九』特別演奏会2012

■プログラム
レーガー作曲 7つの宗教的民謡 より 『おおいとしきみどり児、やさしきイエス』  
ベートーヴェン作曲 劇音楽『エグモント』 序曲 op.84  
ベートーヴェン作曲 交響曲第9番ニ短調『合唱付き』 op.125  

■出演者
指揮:リュウ・シャオチャ(呂紹嘉) プロフィールを見る(PDF)>  インタビューを読む>
ソプラノ:天羽明惠
アルト:加納悦子
テノール:永田峰雄
バリトン:キュウ・ウォン・ハン

合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭

|

« 【旅行】丹波篠山観光/一会庵の蕎麦/天空の城・竹田城 | トップページ | 【歌舞伎】こいつ、殺したる……菊五郎の「籠釣瓶花街酔醒」2012年12月新橋演舞場夜の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。happy01
素人としては、当然「高い席=音がいい席」だと思っていたのが間違いでした。次からは3階にしようと思います。
オーチャードホールは、現在バレエの熊川哲也が芸術監督ですが、バレエ公演にとっても問題があるホールで、1階の前の方(当然S席)だと、舞台を見上げる形になってしまい、ダンサーの足先が見えないのです。
ホールを設計する人は、とうぜんその道のプロなんだと思いますが、いろいろ難しいんでしょうかなね。高い切符を頑張って買って行く立場としては、ぜひいいホールを造って欲しいです。

投稿: ぽん太 | 2013/09/21 13:42

お邪魔します。
最近オーチャードホールの名前を聞かないな、と思って
もしかして無くなったのかも、ぐらいの気持ちで検索してこの記事を見つけました。

誠に勝手ながら、私なりの経験と知識でうんちくを少々。

オーチャードホールはシューボックス型と言われますが、シューボックス(細長い立方体)というには縦が高すぎるため音響に不具合が発生しているのだろうと推測しています。

シューボックス型のホールは元々壁際がいい音するんですよ。
1階中央よりも壁に近いサイド。
後方は高い位置の方がいい音がします。

オーチャードホールは縦に高いせいか、その特徴が顕著な気がします。
1階中央や1階後方は最悪ですね。
特に1階中央は必ずと言っていいほどS席で売られますから、お客さんの失望感は大変なものだと思います。
私も出来た当初に一度だけ1階中央を試して見切りをつけました。

反対に3階席の正面は最高にいい音がしますよ。
ステージまでの距離があるにも関わらず、とてもクリアな音で聴こえます。
料金でいうと高い席が最悪で、安い席が最高なのですから、密かに「貧乏人のためのホール」と呼んでいました(笑)
当時はコンサート情報で「オーチャードホール」の文字を見ると嬉しかったことを思い出します。

※もし私の知らないうちの改修などされていて音響が変わっていたらごめんなさい。
私がコンサートホールによく通っていたのは15年かそれ以上前ぐらいまでですので。


ちなみに、同じシューボックス型と言われるホールでも、すみだトリフォニーホールは曲者なので注意が必要です。

シューボックス型の弱点である1階中央の音を良くするためだと思いますが、トリフォニーホールはステージの両サイドの壁が斜め下向きの角度に設置されています。
これにより、1階中央にも一次反射音を響かせようという試みだと想像しますが、その割を食ったのがサイドの席です。
シューボックス型のホールで本来いい音がするはずの、2階席3階席のサイドが完全に聴くに値しない席になってしまいました。
本来壁際で響くはずの一次反射音が、上に響いて来ないためだと思われます。

かと言って1階中央もそれほど良い音になったとは思えません。
トリフォニーホールが出来た頃にはあまりコンサートに行かなくなっていたので、確信を持って言えるほどではありませんが、
トリフォニーホールはシューボックス型の弱点(1階中央)を少しだけ克服した代わりに、良い席を全て失ったように思われてなりません。

長々と失礼しました。

投稿: | 2013/09/17 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/56386327

この記事へのトラックバック一覧です: 【クラシック】オーチャードホールの音響が悪くて楽しめず。新日本フィルの「第九」:

« 【旅行】丹波篠山観光/一会庵の蕎麦/天空の城・竹田城 | トップページ | 【歌舞伎】こいつ、殺したる……菊五郎の「籠釣瓶花街酔醒」2012年12月新橋演舞場夜の部 »