« 【歌舞伎】愛之助の水野十郎左衛門の迫力。2013年1月浅草公会堂第1部 | トップページ | 【バレエ】このエネルギーで復興だ〜!「ダイナミック・ダンス!」新国立劇場バレエ団 »

2013/01/21

【歌舞伎】また「勧進帳」かぁ。2013年1月浅草公会堂第2部(付:居酒屋志婦や)

 第1部に引き続き、第2部を観劇しました。公式サイトはこちら、特設サイトはこちらです。
 第2部は「口上」があるためか、お年玉挨拶はナシでした。
 最初の演目は「毛谷村」です。あちこち省略された短縮版。すでにお幸が訪ねてきて奥の部屋におり、六助が子供をあやす場面もありません。六助が微塵弾正に額を割られるところも省略かと思いましたが、なんでも筋書きによれば(ぽん太は買ってないのでネット情報の受け売りですが)、我當の「六助ほどの剣の達人が額を割られるのはおかしい」という意見にしたがって意図的に省いたんだそうです。たしかに理屈ですが、額を割られても相手を思いやっている六助の善良さを見せた方がいいような気もしました。また六助が、庭石を踏むケレンもなくて、ちょっと寂しかったです。
 とはいえ愛之助の六助が素晴らしく、愛之助持ち前の人の良さが役柄によく合ってました。ぽん太ごひいきの壱太郎がお園。体の線が細いので、怪力の女丈夫らしさはありませんでしたが、正統派の見事な演技でした。ぽん太は壱太郎を見ていると、マリインスキー・バレエのロパートキナを思い出します(誉め過ぎか?)。客にこびるような安易な感情表現をしないなので、いっけん硬質な印象を受けますが、高いレベルでの深い感情表現があり、一つひとつの動きが実に美しいです。ぜひとも、観客受けを狙った小芝居などは身につけず、正道を歩んで欲しいと思います。海老蔵の杣斧右衛門が、とぼけた味でおかしかったです。以前に見た「神田ばやし」の桶屋留吉もそうでしたが、海老蔵が滑稽な役を演じると、普段とのギャップが大きくて面白いですね。吉弥のお幸が舞台を締めてました。
 次いで海老蔵の「口上」。なんと「にらみ」が付いていて、目玉がぽとりと落ちるんじゃないかと思うほど飛び出ていて、迫力満点でした。なんでも、にらんでもらうと一年間の無病息災が約束されるそうで、ぽん太も来月大腸ポリープを取る予定なのですが、きっと良性ですむことでしょう。
 最後は「また勧進帳」。松竹は、なんで同じ演目を年に何度もやるんでしょう。一生に数回しか歌舞伎を観ないひとにはいいかもしれませんが、毎月歌舞伎を見ているとさすがに飽きてきます。「白鳥の湖」を年に何回も上演するバレエ団や、「ハムレット」を何度も上演する劇団はあるんでしょうか。松竹は「歌舞伎座さよなら公演」とうたって1年4ヶ月にわたって超有名な演目を延々と上演しましたが、こんどは「歌舞伎座杮落公演」と銘打って、また一年間超有名作品を上演し続けるのでしょうか。ぜひ演目を工夫して欲しいとぽん太は願ってます。
 ゴッホン、愚痴はさておき、海老蔵と愛之助の初顔合わせの「勧進帳」、他の配役もあいまって、若々しくて勢いがありました。愛之助の問答も迫力がありましたし、海老蔵も声が鼻に抜ける悪い癖がだいぶ直ってきたような気がします。弁慶が葛桶の蓋に注がれたお酒を飲む前に、ふーっと吹く仕草がありませんでしたが、成田屋はこうなんでしたっけ?ぽん太はこれまで意識してませんでした。孝太郎の義経は品格がありましたが、顔が小さくて表情が乏しいせいか、慈愛がにじみ出て来るといわけにはいきませんでした。
 6時終了だったので、居酒屋の志婦"や(しぶや)に寄りました(食べログ)。観光客で賑わう浅草ですが、地元の常連さんばかりのお店で、日本酒もいろいろ揃っていてなかなか良かったです。

新春浅草歌舞伎
浅草公会堂
平成25年1月16日 第2部

  彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
一、毛谷村(けやむら)
               毛谷村六助  片岡愛之助
                  お園  中村壱太郎
                  お幸  上村吉 弥
          微塵弾正実は京極内匠  中村亀 鶴
               杣斧右衛門  市川海老蔵

二、寿初春 口上(こうじょう)
                  口上  市川海老蔵

三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
               武蔵坊弁慶  市川海老蔵
               富樫左衛門  片岡愛之助
                亀井六郎  尾上松 也
                片岡八郎  中村壱太郎
                駿河次郎  中村種之助
               常陸坊海尊  片岡市 蔵
                 源義経  片岡孝太郎

|

« 【歌舞伎】愛之助の水野十郎左衛門の迫力。2013年1月浅草公会堂第1部 | トップページ | 【バレエ】このエネルギーで復興だ〜!「ダイナミック・ダンス!」新国立劇場バレエ団 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/56579799

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】また「勧進帳」かぁ。2013年1月浅草公会堂第2部(付:居酒屋志婦や):

« 【歌舞伎】愛之助の水野十郎左衛門の迫力。2013年1月浅草公会堂第1部 | トップページ | 【バレエ】このエネルギーで復興だ〜!「ダイナミック・ダンス!」新国立劇場バレエ団 »