« 【歴史散歩】伊東近辺の曽我兄弟ゆかりの地を訪ねる | トップページ | 【オペラ】METなみの大スペクタクルだけど儚さに欠ける「アイーダ」新国立劇場 »

2013/03/16

【歌舞伎】松緑一直線/2013年3月新橋演舞場昼の部

 3月の新橋演舞場花形歌舞伎は、ぽん太は昼の部だけの観劇。演目は「三笠山御殿」と「暗闇の丑松」で。どちらも松緑が主役です。公式サイトはこちらです。
 松緑というと、「時代物は立派だけど世話物は下手」という印象をぽん太は持っていたので、「三笠山」はいいけど「丑松」はダメだろうと予想してました。しかし実際は「丑松」の方がよくって、「三笠山」はちょっと期待はずれでした。

 「妹背山婦女庭訓」の「三笠山御殿」は、2月に文楽で観たばかりの演目。松緑が演じる役は、無骨で荒々しい漁師だが、実は藤原鎌足の重臣の大武将という役柄。いかにも松緑に似合いそう。
 ところが松緑の鱶七は、ガラッパチでやんちゃな感じはしますが、田舎の漁師らしい荒々しさや無骨さ、槍を枕に寝てしまうような剛毅さが感じられず、体も小さく見えました。ぽん太ごときにはその理由は定かではありませんが、時代物らしい様式的な動きやセリフ回しに欠けていた気がします。なんか文楽の人形の演技の方が面白かった気がして、あらためて文楽の素晴らしさを痛感しました。「おれを質に取らしゃると、着る物や道具と違うて代物が飯喰ふぞや飯を」というセリフも、文楽のときはすごくおかしかったけど、なんかあっさり。刀を置くと槍が出てくるあたりも、すんなりと芝居が流れていってしまい、タメがありませんでした。
 菊之助のお三輪は素晴らしかったです。結婚してますます充実か?かわいらしい奥さんがロビーにおりました。テレビではちっちゃく見えましたが、実際は以外と背が高かったです。隣りに写っていた菊之助が長身だったんでしょうか。
 その菊之助がしっかりと「背を盗んで」田舎のウブな娘役を好演。形かたちの決まり、セリフの節回し、セリフや動作のリズム感、いずれもお見事で、観ていると気持ちよくなってきます。これぞ歌舞伎!馬子唄のシーンは、文楽ではお三輪がたどたどしく歌いながら踊るという設定でしたが、歌舞伎では、歌は義太夫さんが見事な喉を聞かせ、踊りは役者が美しいかたちを見せるという具合になっていて、文楽を歌舞伎に移植するときの工夫が見えて面白かったです。最後の嫉妬と怒りに表情が変わっていく様は、文楽では決してできない表現でした。
 亀三郎の烏帽子折求女と右近の橘姫は、まだ匂い立つような色気がありません。團蔵のおむら、彦三郎の蘇我入鹿が、流石の演技で舞台をしめておりました。

 松緑の丑松は、単純で不器用で一直線という設定で、まさに松緑その人という感じだったせいか、以外と面白く、芝居にのめり込むことができました。とはいえ、力んで大声を出せばいいというわけではありません。もうちょっと緩急自在のきめ細かな演技をして欲しいです。
 梅枝のお米も体当たりの演技で悪くありませんでした。板橋宿での丑松とのやりとりも迫力ありましたが、なんか左手が宙ぶらりんで行き場を失って遊んでいる感じがしました。絶望した後の、凄みさえ感じられる哀れさの表現は、まだ不十分でした。
 松緑の一直線の芝居運びに、歌舞伎らしい味わいや彩りを加えていたのがベテラン勢。高麗蔵、萬次郎、團蔵に咲十郎の湯屋番は言うに及ばず。橘太郎の妓夫三吉が秀逸で、最後の「だんな花魁のレコなんでしょ?」(な〜んだ全部わかってたの?)みたいなセリフも、間が最高でした。

 最後に松竹さんに注文。「暗闇の丑松」でどっぷり暗くなったところで帰途につくのはどうも。最後に華やかな所作事でも入れて欲しいです。昔はそんなプログラム構成じゃなかったでしたっけ。それに昼の部は休憩を入れて3時間8分ですが、夜の部はたったの2時間47分。やけに短くて、昼の部と比べても不公平な感じがするのですが……。松竹さん、よろしく。
20130313_1522 帰りがけに歌舞伎座に寄ってみました。あれれ、なんか前と全く同じじゃないの?う〜ん、前の建物はぽん太も嫌いじゃなかったけど、完全保存するほどの名建築ではないような……。中身が心配。


新橋演舞場
三月花形歌舞伎
平成25年3月10日 昼の部

一、妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)
  三笠山御殿
                  お三輪  菊之助
         漁師鱶七実は金輪五郎今国  松 緑
         烏帽子折求女実は藤原淡海  亀三郎
                荒巻弥藤次  歌 昇
                 宮越玄蕃  萬太郎
                入鹿妹橘姫  右 近
               豆腐買おむら  團 蔵
                 蘇我入鹿  彦三郎

二、暗闇の丑松(くらやみのうしまつ)
                暗闇の丑松  松 緑
               丑松女房お米  梅 枝
                岡っ引常松  亀三郎
                料理人祐次  亀 寿
                   熊吉  歌 昇
                  八五郎  萬太郎
                料理人作公  廣太郎
                料理人伝公  廣 松
             四郎兵衛女房お今  高麗蔵
                潮止当四郎  権十郎
                   お熊  萬次郎
                 四郎兵衛  團 蔵

|

« 【歴史散歩】伊東近辺の曽我兄弟ゆかりの地を訪ねる | トップページ | 【オペラ】METなみの大スペクタクルだけど儚さに欠ける「アイーダ」新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/56963770

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】松緑一直線/2013年3月新橋演舞場昼の部:

« 【歴史散歩】伊東近辺の曽我兄弟ゆかりの地を訪ねる | トップページ | 【オペラ】METなみの大スペクタクルだけど儚さに欠ける「アイーダ」新国立劇場 »