« 【京都】西本願寺、本願寺伝道院、小倉山二尊院 | トップページ | 【フロイト「不気味なもの」を読む(8)】同じ事態の反復、フロイトとマーク・トウェイン(P30〜31) »

2013/05/08

【京都】御霊神社、相国寺、花の御所跡、清明神社、伊藤仁斎宅跡、二条城、神泉苑

 昨年の12月、京都の南座に歌舞伎を観に行ったついでに、少し京都の街を歩いてきました。古い「サライ」で紹介されていたコースです(河内将芳「『平安・中世・江戸』3つの時代を歩く」サライ、2011年11月号)。観光客でごった返す有名な社寺と違って、静かな京都の風情が楽しめました。もちろんぽん太のことですから、プラスアルファのみちくさつき。
Img_3811 まずは上京区にある御霊神社です。京都神社庁のサイトはこちらです。
Img_3813 ここは、応仁の乱が始まったところとして知られています。応仁元年(1467年)、畠山政長がここに陣をしいて畠山義就と戦ったのが、応仁の乱の発端なんだそうです。
 また境内には松尾芭蕉の句碑があり、「半日は神を友にや年忘」と書かれています。芭蕉は元禄3年(1690年)の師走、御霊神社の神官に招かれて忘年歌仙を開きましたが、そのときの句だそうです。
Img_3814 御霊神社から少し南に行くと、相国寺があります。足利義満によって明徳3年(1392年)に造られ、夢窓疎石が開山となりました。その後何度も焼失と再建を繰り返しました。応仁の乱のときにも細川方の陣地であったため、焼失を免れませんでした。
Img_3825 浴室を公開しておりました。これは温泉ファンのぽん太としては外せません。
Img_3818 建物のなかに小さな小屋がしつらえてあります。
Img_3815 なかはこのようになっております。真ん中の部分にお湯が溜められ、蒸し風呂状に蒸気を浴びつつ、柄杓でお湯をすくって身体にかけたようです。
Img_3817 裏側はこのようになっております。釜でお湯をわかし、そのお湯を柄杓で樋に注ぎ込んだようです。
Img_3826 烏丸今出川の北西の一角が、足利将軍家の「花の御所」があった場所です。これもまた、応仁の乱の戦火で焼失しました。
 それよりも、途中で通った同志社大学、すごいですね〜。大河ドラマ「八重の桜」の八重さんが再婚する新島襄が設立した大学ですね。建物が広くて立派で、スポーツジムもあるみたいです。ぽん太が通っていた大学とは大違いです。また警備員が配置されて通学する学生を交通整理していました……過保護じゃない?
Img_3829 サライの記事ではここから二条城に向かいますが、ぽん太はちょっと寄り道。清明神社です。陰陽師として有名な安倍晴明の屋敷があったところで、彼の死後、彼を御祭神とする神社になりました。修学旅行生が大勢来ていて、グッズを購入してました。
Img_3832 戻橋です。源頼光の四天王のひとりの渡辺綱(わたなべのつな)が、この橋の上で、女に化けた鬼の腕を切り落としました。
Img_3835 伊藤仁斎宅(古義堂)跡です。伊藤仁斎は、江戸時代前期の儒学者・思想家で、寛永4年(1626年)にこの地で生まれ、自宅で私塾(古義堂)を開きました。宝永2年(1705年)に死去。この家の表札は「伊藤」ですが、子孫の方が住んでるのかしら。
Img_3836 夕日に輝く二条城です。大河ドラマ「八重の桜」では、これからここ二条城で、徳川慶喜が将軍拝命の宣旨を受け、大政奉還を行うわけですね。
Img_3839 サライの記事は二条城までですが、ぽん太とにゃん子は二条城の南にある神泉苑まで足を伸ばしました。というのもここは、初めて天皇の主催による御霊会が行われたところと聞いていたからです。平安時代、怨霊を静めるための御霊会を開くという習慣が、民衆のあいだに広がりました。それが逆に国家行事として行われるようになり、貞観5年(863年)に初めて天皇主催の御霊会が開かれたのが、ここ神泉苑だったのです。
 もともと神泉苑は、平安遷都と同時期に造られた広大な庭園でした。
Img_3842 ここの池には、竜神が住むと言われているそうです。天長元年(824年)の干ばつのおり、空海がここで祈雨の法を行って霊験があったそうです。写真は、その龍神を祀った、善女竜王社です。
Img_3840 現在は東寺真言宗の寺院で、聖観音・不動明王・弘法大師がご本尊だそうです。また一説によると、源義経と静御前がであったのがここだそうです。
Img_3841 神泉苑の境内にある歳徳神(としとくじん)です。看板によると「日本で唯一の恵方社」だそうで、毎年恵方の方角に向きを変えるんだそうです。

|

« 【京都】西本願寺、本願寺伝道院、小倉山二尊院 | トップページ | 【フロイト「不気味なもの」を読む(8)】同じ事態の反復、フロイトとマーク・トウェイン(P30〜31) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/57279497

この記事へのトラックバック一覧です: 【京都】御霊神社、相国寺、花の御所跡、清明神社、伊藤仁斎宅跡、二条城、神泉苑:

« 【京都】西本願寺、本願寺伝道院、小倉山二尊院 | トップページ | 【フロイト「不気味なもの」を読む(8)】同じ事態の反復、フロイトとマーク・トウェイン(P30〜31) »