« 【バレエ】ありがとう、そしてさようなら!<マラーホフの贈り物 ファイナル!>Bプロ | トップページ | 【雑学】小栗判官と神泉苑 »

2013/06/02

【バレエ】パリから産地直送です「天井桟敷の人々」パリ・オペラ座バレエ団

 パリ・オペラ座バレエ団の2013年日本公演は「天井桟敷の人々」。同名の映画を下敷きに、当時パリオペのエトワールだったジョゼ・マルティネスの振り付けで2008年に初演された演目。今回が日本初演です。あの有名な映画(ほとんど忘れてるけど。今度見てみようっと)がどのようにバレエ化されるのか?期待で胸をふくらませて観に行きましたが、思った以上のすばらしさでした。公式サイトはこちらです。
 このバレエは19世紀前半の古き良きパリの芝居小屋が舞台なのですが、多くの劇中劇が組み込まれています。開幕前にはホールの入り口で、楽団員が太鼓を鳴らしてます。前半が終わって休憩時間になると、天井から案内のビラがまき散らされ、ロビーの一角で「オテロ」の寸劇が演じられます(ぽん太は出遅れてしまって、人の頭の間からちょっとだけ見えただけでした。残念!)。また幕切れでは、ガランスが客席に降りて来て、オーケストラボックスを挟んで舞台上のバチストと見つめ合い、そして客席の通路を立ち去っていきました。こうした演出によって、東京文化会館の観客がバレエのなかに入り込み、一緒になって芝居を見ているような気分にさせてくれました。
 マルティネスの振り付けは、コンテンポラリー風な動きを取り入れながらもクラシカルで、気負わずに楽しめました。群衆シーンでは、ダンサー一人ひとりが別々の動きをしているのがすごい。しかも皆すばらしいテクニックで、あっちを見たりこっちを見たり大変です。「劇」の部分と「劇中劇」の部分が交錯しながらストーリーが展開していく手法も見事。全体として物語性が強い演出ですが、第2幕最初の劇中劇『ロベール・マケール』が、例えば「海賊」のなかのパシャの夢のシーンのように、抽象的なバレエを見せる場になっているのもうまいです。その他タンゴもあれば貴族の舞踏会もあり、踊りとしても見飽きません。休憩時間中に早めに幕があき、舞台上で劇中劇の稽古が始まるのですが、その振り付けをしていたのがマルティネスのようでした(後ろ向きなのではっきりわかりませんでしたが)。彼は最後のカテコにも登場し、盛大な拍手をもらってました。
 ガニオがバチスト役とのことで、かっこ良すぎるのではないかと心配してましたが、ピエロ姿での哀愁漂う演技や、コミカルな表現もばっちりこなしておりました。さすがパリ・オペラ座の団員、単なるダンス・ノーブルじゃないぞ、という感じでした。
 バチストに魅かれながらも純粋な愛を受け止められず、「大人の事情」に流されているガランスを、シアラヴォラが見事に踊りました。
 ルメートル役のカール・パケットは、大きな役を見るのはぽん太はたぶん初めてだと思うのですが、金髪でハンサムなうえに、キレのある踊りで目を引きました。幕間の寸劇もやり、劇中劇『ロベール・マケール』でもソロを踊り、大活躍でした。
 ナタリーのレティシア・ピュジョルは愛らしかったです。バンジャマン・ペッシュがオカマっぽい悪役ラスネール。
 ルテステュの衣装もよかったです。マルク・オリヴィエ・デュパンの音楽も堅苦しくなく聞きやすかったです。オケはKバレエでおなじみのシアター オーケストラ トーキョーでしたが、初めて演奏する曲とは思えない、こなれた演奏でした。
 パリの雰囲気をそっくりそのまま上野に持って来てくて、ぽん太はとっても幸せな気分になりました。


パリ・オペラ座バレエ団
「天井桟敷の人々」
振付:ジョゼ・マルティネス
2013年5月30日 東京文化会館

バチスト:マチュー・ガニオ
ガランス:イザベル・シアラヴォラ
フレデリック・ルメートル:カール・パケット
ラスネール:バンジャマン・ペッシュ
ナタリー:レティシア・ピュジョル
モントレー伯爵:クリストファー・デュケーヌ

音楽:マルク・オリヴィエ・デュパン
翻案:ジョゼ・マルティネス、フランソワ・ルシヨン
美術:エツィオ・トフォルッティ
衣装:アニエス・ルテステュ
照明:アンドレ・ディオ
指揮:ジャン・フランソワ・ヴェルディエ
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

|

« 【バレエ】ありがとう、そしてさようなら!<マラーホフの贈り物 ファイナル!>Bプロ | トップページ | 【雑学】小栗判官と神泉苑 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/57502551

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】パリから産地直送です「天井桟敷の人々」パリ・オペラ座バレエ団:

« 【バレエ】ありがとう、そしてさようなら!<マラーホフの贈り物 ファイナル!>Bプロ | トップページ | 【雑学】小栗判官と神泉苑 »