« 【フロイト「不気味なもの」を読む(9)】同じ事態の反復(続き)、フロイト自身の死に対する思い込み(p31〜P32) | トップページ | 【オペラ】ミア・パーションの清楚な歌声「コジ・ファン・トゥッテ」新国立劇場 »

2013/06/15

【登山】6月に新緑を愛でる・斑尾山

Img_5119
 今年の冬から春に、それぞれ身体を壊したぽん太とにゃん子。ごくごく軽い足慣らしから、再び身体を作って行かなくてはなりません。その口開けはスキー場で有名な斑尾山から。東京はもう梅雨入りですが、季節を戻して美しい新緑を楽しめました。

【山名】斑尾山(1381.8m)
【山域】甲信越
【日程】2013年6月5日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ
【ルート】斑尾林道南側登山口13:23…大明神岳14:33…斑尾山14:41…登山口15:38

(※大きい地図や3D地図、当日の天気図などはヤマレコの記録へ)
【見た花】ギンラン、イワカガミ、チゴユリ、レンゲツツジ、青いスミレの一種
【マイカー登山情報】上信越道の豊田飯山インターチェンジから、県道96号を野尻湖方面に進みます。斑尾高原豊田スキー場・キャンプ場へ行く道を右へ分け、涌井の集落を過ぎたところで、田んぼの間のあぜ道のような道に入って行きます。舗装されておらず、すれ違いも困難な道ですが、普通車でも入って行けると思います。登山道と交差する当たりに、車を2台ほど停められるスペースがあります。「××林道との合流以降は通行できません」みたいな掲示があったので、古海の方までは抜けられないのかもしれません。ぽん太は来た道を戻りました。

Img_5118 登山口からはひと登りで稜線へ。ギンランがお出迎えです。
Img_5125 稜線に出てからも、さしたる勾配はありません。新緑を楽しみながら歩きます。大明神岳からは、野尻湖方面の景色を眺めることができます。黒姫山はけぶってますね。
Img_5131 山頂直下にある十三薬師です。一体しかないじゃん、と思ったら……。
Img_5130 祠のなかにみっちり入ってました。薬師様は本来十二体と決まってますが、斑尾山だけ十三体なんだそうで、傍らの案内板にいわれが書いてあるのですが、虫食い状に汚れていて読めません。ぐぐってみたら、こちらのサイトに案内板の全文が書いてありました。

|

« 【フロイト「不気味なもの」を読む(9)】同じ事態の反復(続き)、フロイト自身の死に対する思い込み(p31〜P32) | トップページ | 【オペラ】ミア・パーションの清楚な歌声「コジ・ファン・トゥッテ」新国立劇場 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/57583618

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】6月に新緑を愛でる・斑尾山:

« 【フロイト「不気味なもの」を読む(9)】同じ事態の反復(続き)、フロイト自身の死に対する思い込み(p31〜P32) | トップページ | 【オペラ】ミア・パーションの清楚な歌声「コジ・ファン・トゥッテ」新国立劇場 »