« 【旅館・海鮮】もうちょっと高いコースにすればよかったヨ・追分温泉(★★★★) | トップページ | 【温泉】最高の温泉に入れるリーズナブルな宿・万座温泉松屋ホテル(★★★★) »

2013/07/30

【東日本大震災】石巻は2年たっても復興がすすんでニャイ!

Img_5465_2 東日本大震災のあと、その年の5月下旬にぽん太とにゃん子は松島を訪れ、津波の猛威を目の当たりにしました(そのときの記事はこちら)。その時は、物見遊山で行くのが気が引けて、石巻まで足を伸ばすことができませんでした。しかしあれから2年たったので、その後の復興の様子を見る意味もこめて、6月下旬に石巻に行って来ました。
Img_5374 石巻というと、石ノ森萬画館の被災と再開がよくとりあげられますが、その近くにある旧石巻ハリストス正教会を話題にする人は多くありません。この教会は1879年(あるいは1880年)に造られたもので、現存する最古の日本の教会建築です。1978年の宮城県沖地震で被災し、新しく建て替えられることになったのを機に、昔の建物が現在の場所に移築・復元されました。そして今回、東日本大震災で再び壊滅的な損傷を受けましたが、いまだ再建には手が着いていないようです。
Img_5376 石巻まちなか復興マルシェ。復興をめざして新たな観光拠点として作られたものですが、平日であったせいか、ちょっと寂れた雰囲気でした。
Img_5462 石巻漁港。トラックを追いかけるカモメの大群。魚市場の建物は、一部を除いてかなり再建されておりました。
Img_5467 旧北上川を渡って門脇地区に入ります。津波による被害が大きかったところです。一面の野原ですが、以前は住宅地だったところでした。
 記事の冒頭の写真は、この近くにあった車のスクラップの集積場です。
Img_5387 報道でよく見かけた「がんばろう!石巻」の看板。もともとは、この場所に店を開いていた人が、廃材などを使って個人的に作ったものだそうです。向かって左にあるポールの先端が、ここを襲った津波の高さです。想像を絶するとしか言いようがありません。向かいの仮設商店で地元の産物を売っている人に話しを聞いたところ、最初は「これ以上何を頑張れって言うんだ」という思いもあり、詰めかけるマスコミに対しても「自分たちの不幸を仕事のネタにしやがって」などという気持ちが正直あったそうです。「でも今はもう二年もたったんだから、観光客にも来てもらわないと」と言う表情には、まだ笑顔はありませんでした。
Img_5469 山側の方では仮設住宅も見かけましたが、写真を撮る気にはなりませんでした。あれから2年もたって、ちっとも復興がすすんでいない状況に、ぽん太も怒りと悲しみを感じました。復興予算がまったく違うところで使われていることも、ぽん太は納得できません。「失望」という気持ちがわき起こりそうになるのを、必死に抑えました。

Img_5472 さて、オマケです。仙台松島道路(三陸自動車道)の松島大郷インター付近から見えた、不思議な煙突。この造形は得点が高いです。ぐぐってみると、松島町初原浄水場の給水タンクのようですが、詳しい情報はありません。う〜ん、もっと話題になってもよさそうなのに。謎です。
Img_5475 美味しい牡蠣でも食べたいと思って塩釜水産物仲卸市場を訪ねたのですが、時間が遅すぎて何もありませんでした。たまたま通りかかった、しおがま・みなと復興市場(たとえばこちらをどうぞ)の「いとう水産」で、ウニとカキを戴きました。新鮮で美味しかったです。

|

« 【旅館・海鮮】もうちょっと高いコースにすればよかったヨ・追分温泉(★★★★) | トップページ | 【温泉】最高の温泉に入れるリーズナブルな宿・万座温泉松屋ホテル(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【東日本大震災】石巻は2年たっても復興がすすんでニャイ!:

« 【旅館・海鮮】もうちょっと高いコースにすればよかったヨ・追分温泉(★★★★) | トップページ | 【温泉】最高の温泉に入れるリーズナブルな宿・万座温泉松屋ホテル(★★★★) »