« 【東日本大震災】石巻は2年たっても復興がすすんでニャイ! | トップページ | 【登山】コマクサの巨木(?)が満開の草津白根 »

2013/08/03

【温泉】最高の温泉に入れるリーズナブルな宿・万座温泉松屋ホテル(★★★★)

Img_5490
 猛暑の続く7月中旬、ぽん太とにゃん子は群馬県は万座温泉の松屋ホテルに泊まってきました。ホームページはたぶんこちら
Img_5478 宿の外観です。ちょっと古びたスキーロッジ風。
Img_5483 宿の前は冬はゲレンデになるようです。
Img_5480 入り口を入ったところも、(ちょっと昔の)スキー場の食堂という雰囲気です。
 ところが宿のおばさんに話しを聞くと、昨シーズンから、宿の前にある朝日山ゲレンデは閉鎖になってしまったんだそうです。帰宅してからぐぐってみると、お隣の宿の湯の花旅館のご主人がつぶやいてました(→こちら)。万座スキー場を経営しているプリンスホテルから、電話一本で閉鎖の通告があったそうです。あゝ、資本主義。
Img_5481 内部も、(昔の)スキー場の宿という感じ。なんか懐かしいです。
Img_5482 部屋は普通の和室です。布団は既に敷いてあります。
Img_5494 さて、いよいよお風呂ですが、これが絶品です。万座独特の白濁した酸性の硫黄泉。使い込まれ、温泉成分がしみ込んで、見事な風合いとなった床。カランは冒頭の写真の右奥にある一つのみ。湯量は豊富で、左の写真のように、長く引くことで温度を下げるシステムですが、下がりきれないところは冷水で調節しております。その加水以外は源泉掛け流しです。源泉の温度は76.2度、pHは2.5。露天風呂がないのが残念ですが、最高レベルのお風呂です。
Img_5495 ここで温度を下げるとともに、入浴しやすいように硫化水素を飛ばしているそうです。
Img_5503 宿の部屋数に比べて温泉が狭いな〜と思って探したら、もひとつお風呂があったので、写真だけ撮らせていただきました。放射状に貼られた床板は、沢渡温泉を思い出します。こちらはカランはまったくありません。
Img_5496 夕食はこちら。これに鮎の塩焼きがつきます。刺身こんにゃくが群馬の郷土料理ですが、その他は海老フライや豚肉の陶板焼きなど、スキー風のお料理です。スキーに来た人にはこれでいいのでしょうが、ぽん太のように温泉を目的で来た客には、山菜や嬬恋の野菜を使った郷土料理が選べるといいのですが。
Img_5505 こちらが朝食です。温泉旅館の定番ですね。硫黄で黒ずんだ温泉卵が美味しかったです。
 歴史ある万座温泉も、新しくて立派な旅館やホテルが多くなってきました。鄙びた温泉宿が好きなぽん太やにゃん子が行けるリーズナブルな宿は、こんかいお世話になった松屋ホテルや、お隣の湯の花旅館、以前に泊まった豊国館ぐらいになってしまいました。松屋旅館の建物は、ぽん太にとってはノスタルジックな記憶を呼び起こす昔のスキー旅館風。しかし、源泉掛け流しのお風呂は、最高級の評価です。露天風呂がないのがちょっと残念ですが。目の前のスキー場が閉鎖になった今、ぜひとも山菜や嬬恋のおいしい野菜を使ったお料理を工夫して、温泉ファンを引きつけて欲しいと思います。ぽん太の評価は4点です。

|

« 【東日本大震災】石巻は2年たっても復興がすすんでニャイ! | トップページ | 【登山】コマクサの巨木(?)が満開の草津白根 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】最高の温泉に入れるリーズナブルな宿・万座温泉松屋ホテル(★★★★):

« 【東日本大震災】石巻は2年たっても復興がすすんでニャイ! | トップページ | 【登山】コマクサの巨木(?)が満開の草津白根 »