« 【登山】猫魔八方台から猫魔ヶ岳・猫石 | トップページ | 【旅行】西会津(久保田三十三観音石像・軽井沢銀山跡・蕎麦ふなき・C11244・鮭立磨崖仏・小栗山道祖神 »

2013/08/13

【温泉】二つの源泉を持つ西会津の山里の宿・西山温泉滝の湯(★★★★)

Img_5575
 猫魔ヶ岳に登ったぽん太は、磐越道を西に走り、会津坂下から沼田街道(国道252号線)を南下し、西山温泉に向かいました。西山温泉は、数件の旅館が散在する小さな温泉ですが、全ての宿が自家源泉を持っており、奥会津に山あいの雰囲気を色濃く残しているのが魅力です。つげ義春が訪れたという中の湯や、古い建物のままで独特の浴室がある老沢温泉旅館にも泊まりたいところですが、今回は日本の秘湯を守る会に所属している「滝の湯」さんにお世話になりました。宿の公式サイトはこちらです。
Img_5592 こちらが宿の外観です。木の梁が見える白壁が、レトロな雰囲気をかもし出します。
Img_5578 ただ客室棟はやや新しい建物となり、普通にひなびた感じなのが残念でした。
Img_5567 さてお風呂は、男女別の内湯と、混浴の露天風呂(女性タイムあり)があります。二つの内湯はそれぞれ源泉が違っており、時間で入れ替えになります。源泉は川の反対側の滝の横にあります(冒頭写真参照)。これが「滝の湯」の名の由来でしょうか。
 左の写真の源泉は「荒湯」で、泉質は含硫黄・ナトリウム・塩化物温泉です。無色透明で、少量のゆば状の白い湯の花が舞います。なめると少し塩っぱく、微かな硫黄臭があります。加水・加温・循環なしの源泉掛け流しです。
Img_5588 もう一方の内湯です。こちらの源泉は「滝の湯」。やや薄緑色のうす濁りで、なめるとやはり塩味があり、ちょっと油臭があります。泉質はナトリウム・塩化物温泉で、ことらも源泉掛け流しです。
Img_5589 こちらが露天風呂です。源泉は荒湯です。川に面していて風情はありますが、石張りの浴槽にたたきはコンクリートと、野趣にはちょっと欠けます。
Img_5579 こちらが夕食です。ダイエット中のぽん太は、一番安い料金を選択しました。上のランクだと、会津地鶏などが加わるそうです。若い人にはちょっと物足りないかもしれませんが、ぽん太には十分です。恐らく宿の裏手の畑で自家栽培してるんじゃないかな〜、夏野菜がとっても新鮮で美味しいです。西会津名産の車麩に卵を付けて煮たお料理(写真左上)は、ぽん太は初めていただきました。オカヒジキもあり。シソの天ぷらみたいなのは、エゴマだそうです。
Img_5581 こちらが朝食です。普通のメニューですが、トマトやご飯が美味しかったです。
 二種類の源泉を持つ掛け流しの温泉や、おいしい田舎料理、西会津の山里の雰囲気が魅力。ただ宿泊棟の建物や浴室が新しいのが、ぽん太の好みからすると減点となり、ぽん太の評価は4点です。

|

« 【登山】猫魔八方台から猫魔ヶ岳・猫石 | トップページ | 【旅行】西会津(久保田三十三観音石像・軽井沢銀山跡・蕎麦ふなき・C11244・鮭立磨崖仏・小栗山道祖神 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】二つの源泉を持つ西会津の山里の宿・西山温泉滝の湯(★★★★):

« 【登山】猫魔八方台から猫魔ヶ岳・猫石 | トップページ | 【旅行】西会津(久保田三十三観音石像・軽井沢銀山跡・蕎麦ふなき・C11244・鮭立磨崖仏・小栗山道祖神 »