« 【観光】別所温泉(北向観音、モハ5250)、信濃追分(堀辰雄文学記念館) | トップページ | 【登山】火山特有の景観が美しい/秋田駒ヶ岳 »

2013/10/12

【温泉】世にも不思議なバスクリン色の湯を味わうべし・国見温泉石塚旅館(★★★★★)

Img_6121 8月末、ぽん太とにゃん子は、岩手県は国見温泉の石塚旅館に泊まってきました。まるでバスクリンのような緑色をした世にも珍しいお湯が有名で、以前から泊まりたいと思っていたのですが、冬から春は営業していないこともあって、なかなか機会に恵まれませんでした。こんかいようやく夢がかないました。宿の公式サイトはこちらです。
 岩手県と秋田県の境界、秋田駒ヶ岳の南山麓に国見温泉があります。8月9日の豪雨でアプローチの道路が一部崩落して営業を停止していたそうです。8月末に道路が修復され、営業再開した直後にぽん太とにゃん子が泊まることになりました。

Img_6087 こちらが宿の建物です。洒落たロッジ風に見えますが、よく見ると古いというか、ボロいとゆうか、いい味を出しております。
Img_6092 部屋は、トイレなしの古い本館と、トイレ付きの新しい客室の二種類があります。宿の人のお勧めもあり、トイレ付きの新しい部屋にしましたが、きれいで快適な和室でした。写真は本館の部屋。いい味を出してますが、混んでいるときは隣室の気配が気になるかもしれません。
Img_6096 さて、いよいよ温泉です。写真は男女別の小浴場です。う〜ん、不思議な色です。自然のものと思えないというか、ひとことで言うとバスクリンの色です。透明なお湯ですが、湯船の底に湯の花がたっぷりと泥状になって沈殿しており、入っているうちに白く濁ってきます。味は苦く、ちょっと油臭があります。泉質は含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩泉。源泉掛け流しです。
Img_6097 床には温泉成分がうろこ状に結晶化しております。
Img_6120 宿を出て10メートルほど歩いた所に、混浴の露天風呂があります。味気ない長方形の浴槽ですが、温泉成分によってすっかりコーティングされています。
Img_6101 こちらが男女別の内湯の薬師湯です。
Img_6105 お湯の表面に、白いオリのようなものが浮いているのがわかるでしょうか。これもこの温泉の特徴のひとつです。
 国見温泉のお湯がなぜこのような色になるのかに関して、東邦大学理学部の高松信樹先生が研究をなさったそうで、その結果はこちらで読むことができます。
Img_6111 夕食はこちら。地元の食材を使ったおいしいお料理です。
Img_6124 こちらが朝食です。
Img_6125 温泉を使った湯豆腐(?)です。緑色はしてません。お豆腐が半分溶けた感じになり、美味しゅうございました。
 建物は立派とは言えませんが、秋田駒山麓の大自然のなかにあり、食事も美味しいです。世にも不思議な緑色の温泉がF何度と判定され、ぽん太の評価は5点満点です。温泉ファンなら一度はこのお湯を味わうべし。

|

« 【観光】別所温泉(北向観音、モハ5250)、信濃追分(堀辰雄文学記念館) | トップページ | 【登山】火山特有の景観が美しい/秋田駒ヶ岳 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】世にも不思議なバスクリン色の湯を味わうべし・国見温泉石塚旅館(★★★★★):

« 【観光】別所温泉(北向観音、モハ5250)、信濃追分(堀辰雄文学記念館) | トップページ | 【登山】火山特有の景観が美しい/秋田駒ヶ岳 »