« 【歩かないと行けない温泉(10)】秘密の呪文でたどり着けます。ガラメキ温泉(歩行時間片道1時間)(★★★★) | トップページ | 【バレエ】ギエムの「カルメン」で東京バレエ団を見直す »

2013/11/28

【クラシック】ブッフビンダーとウィーンフィルが呼吸を合わせての名演/ベートーヴェン協奏曲第1番・第5番「皇帝」

 いや〜素晴らしいというか、すごいというか、久々に感動する演奏でした。
 え?ウィーンフィルなら良くて当たり前だろうって?いえいえ、そんなレベルではありません。公式サイトはこちらです。
 こんかいの席はステージの上手で、ピアニストの顔がだいたい正面から見える所。開演前、舞台をぼーっと眺めていて、「あれ〜?指揮台がないな〜」とぼんやり思いました。指揮台なしで指揮するなんてずいぶん控え目な指揮者だな〜などと考えていたら、舞台に一人しか出て来なかったので、ようやく弾き振りだと納得しました。
 なんの予習もしてなくてごめんなさい。ルドルフ・ブッフビンダーというピアニストも、ぽん太は初めてでした。
 第1番は、ややゆっくり目の速度でスタート。オーケストラによる主題提示につづいてピアノが加わりますが、柔らかく、暖かみがあって、とても深い音色でした。テンポも自然な揺れ動きがあり、最近の理屈っぽい演奏とは異なり、まさに「音楽」、音を楽しんでいるという感じでした。なにげないパッセージに宿る美しさや「味」は、歌舞伎の名優のちょっとした仕草や、優れたバレエダンサーの動作に見られる美しさと似てました。
 ブッフビンダーのピアノはちょっとヴィルトーゾ的で、フォルテではホロヴィッツみたいなバシャバシャという音をたてたり、また速いパッセージを軽い音で並べたりしました。また、フレーズの頭をワンテンポ置いてからゆっくり始めるなど、テンポの揺れ動きも多かったです。しかし、かといって大時代的で技巧をひけらかすような演奏ではなく、あくまでも優雅で、演奏を楽しんでいるという感じでした。
 確かにこうした音楽をやるには、独奏者とオケの間にワンクッション指揮者が入るのがもどかしいかもしれません。ピアニストとオケが直接的に息を合わせることで、初めて可能になる演奏なのでしょう。もちろんそれにはオケが優秀であるというのが大前提で、こんな離れ技をなんなくやってのけるウィーンフィルにも、うなるしかありませんでした。
 公式サイトのプロフィールを見ると、ブッフビンダーは室内楽の経験が豊富なようで、今回の演奏も「室内楽的」なのかもしれませんが、ぽん太にはさらに「ジャズ的」にさえ聴こえました。ブッフビンダーの弾き振りは「ピアノを弾きながら指揮もします」というものではなく、弾き振りでしかできない音楽を聴かせてくれたと思いました。
 第5番「皇帝」は、こんどこそ指揮者が入るのかと思っていたら、こちらも弾き振り。さすがにちょっとテンポの乱れもありましたが、やはり素晴らしい演奏でした。最終楽章の末尾、ティンパニと互いにアイコンタクトを取り合いながらのリタルダンドなどは、すごい緊張感と迫力でした。
 熱狂的な拍手に応えて、ピアノ独奏のアンコールを二曲演奏。最初は『悲愴』の最終楽章。二曲目は聞いたことがないヴィルトーゾ的な曲で、シュトラウスのメドレーみたいでしたが、他の人のサイトによれば、アルフレッド・グリュンフェルトの「ウィーンの夜会~ヨハン・シュトラウス『こうもり』等のワルツの主題による演奏会用パラフレーズ作品56」だそうです。


ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2013
ベートーヴェン ピアノ協奏曲チクルス
2013年11月13日
サントリーホール

曲目 ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 op.15
          : ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73「皇帝」

ピアノ&指揮:ルドルフ・ブッフビンダー
出演:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

|

« 【歩かないと行けない温泉(10)】秘密の呪文でたどり着けます。ガラメキ温泉(歩行時間片道1時間)(★★★★) | トップページ | 【バレエ】ギエムの「カルメン」で東京バレエ団を見直す »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/58572466

この記事へのトラックバック一覧です: 【クラシック】ブッフビンダーとウィーンフィルが呼吸を合わせての名演/ベートーヴェン協奏曲第1番・第5番「皇帝」:

« 【歩かないと行けない温泉(10)】秘密の呪文でたどり着けます。ガラメキ温泉(歩行時間片道1時間)(★★★★) | トップページ | 【バレエ】ギエムの「カルメン」で東京バレエ団を見直す »