« 【松茸・温泉】●●●●(★★★★★) | トップページ | 【登山】滝は見えれど富士見えず・滝子山(ずみ沢往復) »

2013/11/12

【登山】霧のなかの霧ヶ峰(八島ヶ原湿原、車山、旧御射山)

Img_6835
 おいしい松茸を堪能したあとは、カロリーを消費したいところでしたが、天気は小雨まじりの曇り。湿原歩きなら小雨でもいいだろうと、霧ヶ峰に行くことにしました。登り始めはお昼前。天気と時間を見ながら臨機応変でコースを変更するつもりでしたが、けっきょく雨には降られず、車山まで行くことができました。

【山名】車山(1925.0m)
【山域】八ヶ岳・蓼科
【日程】2013年10月3日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】曇り
【ルート】一11:25八島ビジターセンター…12:16物見山…12:41蝶々深山…13:18車山…車山肩…15:16八島ビジターセンター

(※大きい地図や3D地図、当日の天気図などはヤマレコの記録へ)
【マイカー登山情報】八島ビジターセンターに広い駐車場があります。

Img_6806 八島ヶ原湿原はすっかり秋の姿でした。残念ながら茶色系で、草紅葉とはいきませんでした。天気が悪いせいか、観光客もまばらでした。霧ヶ峰という名の通り、霧が周辺の山々を覆っています。
Img_6815 写真では色が出ていませんが、赤い木のみが色鮮やかでした。
Img_6826 霧が高くなって来たので、物見石から蝶々深山への道を辿ることにしました。ツツジの紅葉が綺麗でした。
Img_6832 風に揺られるススキの穂が、寂寥感を誘います。
Img_6837 車山の山頂にある車山神社です。諏訪地方では、「7年目」ごとに有名な御柱祭が行われますが、それが終わると各地区に祭りの舞台が移っていくのだそうです。ここ車山神社で行われる車山御柱小宮祭では、御柱を山頂に向かって引き上げるという、諏訪地方でも唯一の方法で行われるそうです。車山御柱小宮祭の公式サイトはこちらです。
Img_6845 何の変哲もない原っぱに見えますが、御射山(みさやま)遺跡だそうです。八島ヶ原湿原の南、ヒュッテ御射山の東側です。中央奥に見える石碑に書かれた文字は、たぶん「史跡雚御射山競技場」だと思いますが、ぽん太には意味が分かりません。
Img_6843 案内板によると、ここは、平安時代から元禄年間まで、下社の御射山祭が行われた場所です。江戸初期に移転した後は、旧御射山(もとみさやま)と呼ばれるようになったそうです。毎年七月の下旬に行われ、豊作を祈願したそうです。
Img_6844 同時に騎射の技比べなどが行われ、競技場のまわりには観戦用に築かれた土塁が残っているそうです。近くには御射山神社もあるようですが、土塁とともに、今回はぽん太は見逃してしまいました。そのうち、草の少ない時期に行って確認してみようと思います。
 「御射山」でググっているうちに、京都に「御射山町」という町名があることがわかりました。こちらのページにあるように、以前に御射山神社があったため、このような町名になったんだそうです。

|

« 【松茸・温泉】●●●●(★★★★★) | トップページ | 【登山】滝は見えれど富士見えず・滝子山(ずみ沢往復) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/58531177

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】霧のなかの霧ヶ峰(八島ヶ原湿原、車山、旧御射山):

« 【松茸・温泉】●●●●(★★★★★) | トップページ | 【登山】滝は見えれど富士見えず・滝子山(ずみ沢往復) »