« 【温泉】いつ泊まるの?今でしょ!横向温泉下の湯滝川屋(★★★★★) | トップページ | 【旅行】石巻市(FUTABA INN、石巻ハリストス正教会、六文銭、さかな処三吉、銀玉水)、陸前高田市(奇跡の一本松) »

2013/11/06

【旅行】田代島(猫島)でねこに囲まれて幸せになる

Img_6593_2
 9月中旬、ぽん太とにゃん子は、猫島として有名な宮城県の田代島に行ってきました。
 昔から行きたいと思っていたのですが、震災のため延びのびになっておりました。今回ようやく行く機会に恵まれました。
 Img_6558 田代島に行くには、石巻市の旧北上川河口近くにある発着所からフェリーにのります。車の駐車場もあります。利用するのは「網地島ライン」で、ホームページはこちら。1日7便ほど運行しておりますが、よほどのマニアでなければ、田代島に2時間ぐらい滞在する感じのプランニングでいいかと思います。
Img_6560 こちらがフェリー船です。切符は船内で買います。田代島には大泊(おおどまり)と仁斗田(にとだ)という二つの港がありますが、仁斗田の方が猫が多いので、仁斗田で下船するのがいいと思います。ぽん太とにゃん子はぶらぶらと大泊まで歩き、帰りは大泊から乗船しました。
Img_6564 秋の空。気持ちいいにゃ〜。大雨の影響で、海面は茶色く濁ってます。
Img_6566 田代島が見えて参りました。ひょっこりひょうたん島のモデルとも言われているそうです。もっとも、そういわれている島は他にいくつもあって、瓢箪島(ひょうたんじま)は瀬戸内海に浮かぶ無人島である。愛媛県今治市と広島県尾道市の県境にある生口島、東京都八丈支庁八丈町の八丈島、岩手県釜石市の三貫島と大槌町の蓬莱島、青森県八戸市の蕪島などがそういわれているそうです(Wikipedia)。
Img_6573 船に乗ること約1時間、仁斗田港に到着です。港には特に観光施設はないので、あらかじめ地図をプリントして持って行った方がいいでしょう(地図1地図2)。それから店もほとんどありませんので、お弁当などもご持参を。
 さあ、出発です。猫はいるかな〜。
Img_6575 第一猫発見。なんか、狭い所に入ってます。
Img_6581 第二猫です。
Img_6585 その後も続々とにゃんこちゃんが……。ちなみにいわゆる「猫島」は、田代島以外にもあちこちにあるようです。こちらのTuiTuiのページには、神奈川県江ノ島、岡山県真鍋島、滋賀県沖島、香川県佐柳島、愛媛県睦月島、山口県祝島、福岡県藍島、佐賀県加唐島、沖縄県竹富島が挙げられています。
Img_6587 フーッ!!けんか中です。猫の形のゴミ箱(?)が可愛いです。
Img_6590 村の風景。のんびりしてます。
Img_6596 眠り猫。左甚五郎作か?
Img_6622 阿部商店です。こちらが最大の猫ポイント。
Img_6615 表のベンチに座って弁当を食べていたら、ご覧の通り猫が群がってきました。エサはあげないようにしましょう。猫ちゃんたち、ごめんね。
Img_6625 ね、ねむ…。
Img_6631 美人さんですね〜。ほっぺのホクロがチャーミングです。
Img_6645 バイクと猫。
Img_6651 猫神社です。
Img_6650 猫神社の由来です。
Img_6654 大泊港の猫。
Img_6674 あくび猫。
Img_6679 猫と猫車。
Img_6686 弘法様の井戸。案内板によると、1613年に支倉常長率いる慶長遣欧施設を載せた船が牡鹿半島の月ノ浦から出航する際、この井戸から水を汲んだという言い伝えがあるそうです。
Img_6690 再びフェリーに乗って石巻に到着。空き地一面に生えた猫じゃらしが夕日に輝いてきれいでした。

|

« 【温泉】いつ泊まるの?今でしょ!横向温泉下の湯滝川屋(★★★★★) | トップページ | 【旅行】石巻市(FUTABA INN、石巻ハリストス正教会、六文銭、さかな処三吉、銀玉水)、陸前高田市(奇跡の一本松) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【旅行】田代島(猫島)でねこに囲まれて幸せになる:

« 【温泉】いつ泊まるの?今でしょ!横向温泉下の湯滝川屋(★★★★★) | トップページ | 【旅行】石巻市(FUTABA INN、石巻ハリストス正教会、六文銭、さかな処三吉、銀玉水)、陸前高田市(奇跡の一本松) »