« 【宿】住宅街の先に…まるで隠れ里のような湯之沢渓山荘(★★) | トップページ | 【登山】一度は歩きたい・一度でいい、笹尾根(上川乗〜九頭竜の滝) »

2013/12/29

【登山】おしろいを塗った富士山とデート。雪頭ヶ岳(せっとうがたけ)・鬼ヶ岳

Img_7480
 湯之沢渓山荘で一泊したぽん太とにゃん子。翌日は冬晴れの快晴。これは富士山に近づいて行き、富士が見える山に登るしかありません。富士五湖の西湖の北側の山に登ることにしました。最初は毛無山からの縦走も考えたのですが、岩場や鎖場があるとのこと。凍える手で冷たい鎖をつかむのはいやだし、ましてや岩に雪や氷が付いていると危険なので却下。根場から鬼ヶ岳に登り、あとは時間次第でルートを決めることにしました。

【山名】雪頭ヶ岳(せっとうがたけ)・鬼ヶ岳1738m
【山域】富士・御坂
【日程】2013年12月5日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】快晴
【ルート】根場浜駐車場10:24…雪頭ヶ岳12:28…鬼ヶ岳12:51-13:11…鍵掛峠…根場浜駐車場15:06

(※大きい地図や3D地図、当日の天気図などはヤマレコの記録へ)
【マイカー登山情報】西湖沿いに根場浜駐車場あり(トイレ付き)。取り付きは川の右岸(上流に向かったら左側)を登っていくのですが、ちょっといった左にも駐車スペースがあります。さらにRV車や軽なら堰堤の手前まで入ることができますが、行って来いならいいけど、周遊には不向き。

Img_7450 根羽浜の駐車場からの富士。ちょっと逆光になっているのが残念ですが、違った迫力があります。
Img_7453 のどかな風景のなかを登山開始。正面に見えるのが雪頭ヶ岳か。
Img_7457 少し行くと、巨大な砂防堰堤の前を横切ります。自然破戒ではありますが、それはそれで、なかなか迫力ある構造物です。
Img_7458 最初は針葉樹の植林のなかを登っていきます。
Img_7459 木の幹にビニールテープが螺旋状に巻いてありました。けっこう登山はしているつもりですが、初めて見た気がします。虫が登らないようにするためかとも思いましたが、帰って調べてみると、クマやシカが樹皮を剥がないようにするためだそうです。
Img_7460 やがて明るいカラマツ林となります。天然でしょうか植林でしょうか。
Img_7463 さらに登るとブナ原生林となります。厳しい気候のためか、細くて低いです。
Img_7473 やがて樹木が低くなって来て、富士山が見えてきます。ん、ん、ん、崇高です。雪をかぶったところに陰影があって、すごい迫力です。世界遺産として自負するに値する美しさです。
Img_7484 雪頭ヶ岳到着。富士山の眺めがいいです。
Img_7486 少し鬼ヶ岳の方向に進んだところに、眺めのいいピークがあります。写真は東北東方面にのびて行く稜線。中央やや右の奥にある山が三ツ峠山です。
Photo_2
 南アルプスを端から端まで見たのは初めてかも。一番右に甲斐駒が見えて、その左が鳳凰三山と、白い仙丈。二枚目の雪を冠ったのが北岳、間ノ岳、農鳥岳。三枚目の右に塩見が顔を出し、四枚目との境が悪沢、その左四枚目には赤石と尖った聖、雪を冠ってない三角のピークを飛び越して、左のなだたらかな稜線が光でしょうか。
Img_7498 鬼ヶ岳山頂です。
Img_7500 山頂にあるツノ。鬼ヶ岳という名前の由来と言われております。
Img_7504 八ヶ岳も見えました。空気は冷たかったですが、快晴で日差しが強かったので、寒いと感じるほどではありませんでした。風が当たらず景色がいいところを探してお弁当をいただきました。時間を計算して、鍵掛峠をまわって下ることにしました。
Img_7505 鍵掛峠までの稜線歩きは、明るい雑木林のなかの道。適度なアップダウンもあります。
Img_7507 鍵掛峠から下山。巨大な露岩があちこりにあり、この山稜の中身が岩出あることがわかります。
Img_7508 その下は、雑木林の中のジグザグ道が延々と続きます。登りの道には使わない方がいいかもしれません。
Img_7510 根場の集落まで下ると、茅葺きの趣きある建物が立ち並んでしました。「西湖いやしの里根場」とう施設で、ここらあたりの古い民家が移築保存されているようです。近くで見るには入場料が必要です。
Img_7519 近くに神社がありました。薬明神社という名前のようで、十二ヶ岳の山頂に最上権現を祀っているんだそうです。
Img_7527 根羽浜の駐車場に戻って富士山をパチり。逆光で写真にはよく撮れてませんが、肉眼では雪がキラキラ輝いて見事でした。

|

« 【宿】住宅街の先に…まるで隠れ里のような湯之沢渓山荘(★★) | トップページ | 【登山】一度は歩きたい・一度でいい、笹尾根(上川乗〜九頭竜の滝) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/58783947

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】おしろいを塗った富士山とデート。雪頭ヶ岳(せっとうがたけ)・鬼ヶ岳:

« 【宿】住宅街の先に…まるで隠れ里のような湯之沢渓山荘(★★) | トップページ | 【登山】一度は歩きたい・一度でいい、笹尾根(上川乗〜九頭竜の滝) »