« 【登山】軟弱にゃんにゃん・仁科峠から猫越岳(ねっこだけ)(付:道の駅 花の三聖苑伊豆松崎) | トップページ | 【観光】蓮台寺温泉から下田を観光、途中美味しい金目鯛をいただいた後、伊東温泉の北里柴三郎別荘千人風呂跡を訪ねる »

2013/12/22

【温泉】有名な「千人風呂」はさすがです・伊豆下田河内温泉金谷旅館(★★★★★)

Img_7294_2
 「千人風呂」で有名な金谷旅館に行ってきました。公式サイトはこちらです。
 場所は伊豆半島は下田のやや北側。ぽん太は蓮台寺温泉に属するのかと思ってましたが、それとは別の河内温泉(こうちおんせん)の一軒宿という位置づけだそうです。
Img_7360 広々とした敷地、丁寧に刈り込まれた庭木に囲まれ、のんびりとした趣きです。
Img_7297 建物もなかなか年季が入っていていい感じ。ぽん太の好みです。
Img_7294 正面の本館は昭和4年に建てられたものだそうです。
Img_7299 玄関です。伊豆の旅館らしい風情です。
Img_7298 木造の円形の建物が面白いです。女性用の大浴場「万葉の湯」の端っこだそうです。
Img_7352 帳場です。重厚な北国の温泉旅館とは異なり、明るくて軽快な感じです。
Img_7350 帳場から続く廊下。奥の右手が名物の千人風呂です。
Img_7346 客室は、昭和4年に造られた本館、昭和31年の客室、そして鉄筋二階建ての別館があります。古い建物が好きなぽん太とにゃん子は、本館を部屋をお願いしました。玄関の2階にあるちょっと良い部屋も空いてたのですが、隣りに宴会目的の団体が入るとのことなのでお断りし、奥まった所にある角部屋をお願いしました。あまり広くはありませんが、静かで落ち着くお部屋です。
Img_7310 洗面所の傍らにあったコイン式のヘアドライヤー。
Img_7319 玄関の横にある休憩室。丸窓がいいですね。
Img_7305 さてお風呂です。千人風呂は混浴でもあることもあって撮影禁止です。噂に違わず広いです。浴室は木製で、天井はカマボコ型になってます。浴槽も木製で、プールのような長方形で、幅5メートル、長さ15メートル。手前はやや浅くなっていて、ところどころに彫刻がお湯の中から突き出ています。奥は1mぐらいの深さがあり、まさしくプールです。ぽん太も他のお客さんがいないときに、ちょっと泳いでみました。泉質は単純温泉で無色透明、無味無臭です。加水・加温・循環なしの源泉掛け流しです。千人風呂の一番奥には露天風呂があり、まあまあの広さなのですが、千人風呂のインパクトにはかないません。
 もともとは大正4年に建てられましたが、平成14年に改装されたそうです。以前の記事で書いたように、千人風呂の先駆けとなったのが北里柴三郎が伊東の別荘に造った千人風呂で、これが大正2年(1913年)ですから、その2年後に造られたことになります。
Img_7303 こちらは「一銭湯」。現在は家族風呂として使われていますが、元々は明治時代の末期に作られたもので、箱に一銭を入れて利用したので、一銭湯と呼ばれているそうです。いわゆる「銭湯」ってやつですかね。シンプルでアルカイックでぽん太的にはかなり得点が高いです。
Img_7323 夕食は、お食事どころの個室で頂きました。先付けには大女将手製の干し柿です。
Img_7324 紙鍋はキンメ入りの海鮮鍋、煮物もキンメです。
Img_7326 お造りはなんと舟盛りで登場。しかも伊勢エビが先頭を飾っております。
Img_7328 焼き物と、白身魚湯葉あんかけ。
Img_7330 炊く寸前に精米した新潟産コシヒカリのご飯、手製の赤だし味噌を使ったお味噌汁もおいしかったです。
Img_7334 朝食も品数が多く、見た目も華やかです。昨日の舟盛りの伊勢エビ君が、赤くなって再登場。おかえりなさい
Img_7318 旅館のあちこちに若女将の絵が架けられています。また廊下には、自分を撮った写真がはってあったり。ご趣味が高じてダンスホールも造ったそうです。ぽん太自身も趣味に走っている方ですが、見ていてちょっと手前味噌っぽくて引いてしまいます。
Img_7356 こちらはご主人のご趣味の天体望遠鏡。
Img_7353 広くてゆったり。どこかのんびりした感じの金谷旅館。なんと言っても千人風呂が、アイディアといい、造形といい、歴史的価値といいすばらしく、F難度認定で、一回ぐらいジャンプで転倒しても優勝間違いありません。温泉ファンなら一度は入るべし。建物も古くて鄙び感もあり、まさしくぽん太の好み。料理も伊豆らしく魚が美味しく、手が込んでいます。ぽん太の評価は5点満点です。

|

« 【登山】軟弱にゃんにゃん・仁科峠から猫越岳(ねっこだけ)(付:道の駅 花の三聖苑伊豆松崎) | トップページ | 【観光】蓮台寺温泉から下田を観光、途中美味しい金目鯛をいただいた後、伊東温泉の北里柴三郎別荘千人風呂跡を訪ねる »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】有名な「千人風呂」はさすがです・伊豆下田河内温泉金谷旅館(★★★★★):

« 【登山】軟弱にゃんにゃん・仁科峠から猫越岳(ねっこだけ)(付:道の駅 花の三聖苑伊豆松崎) | トップページ | 【観光】蓮台寺温泉から下田を観光、途中美味しい金目鯛をいただいた後、伊東温泉の北里柴三郎別荘千人風呂跡を訪ねる »