« 【登山】ロープウェイのお気軽散歩で富士山を見る!箱根山(駒ヶ岳、神山)、付:願成就院・国宝の運慶作仏像が5つもあり | トップページ | 【登山】軟弱にゃんにゃん・仁科峠から猫越岳(ねっこだけ)(付:道の駅 花の三聖苑伊豆松崎) »

2013/12/20

【温泉】巨石風呂にじぇじぇじぇ!料理もうまい・湯ヶ島温泉白壁館(★★★★)(付:天城湯ヶ島金山跡)

Img_7212
 運慶のありがたい仏像を拝観してすっかり気持ちが安らぎ、俗世間の欲望を超越したぽん太は、湯ヶ島温泉白壁荘に泊まりました。
 事前に宿泊プランを見ていたら、わずかの値段の追加で、「露天風呂付き客室+貸し切り温泉利用+夕食伊勢エビ付き」というプランがあったので、それをお願いしました。
 実はぽん太はこれまで露天風呂付き客室というものに泊まったことがありません。あゝ、セレブの世界、一度は泊まりたい露天風呂付き客室。ついにそれが実現するのです。それから夕食の伊勢エビ。食品偽装が社会的問題になっている今、絶対に本物がいただけます。あゝ、うれしや楽しや俗世間。公式サイトはこちら。宿泊日は11月下旬です。
Img_7247 こちらが玄関の写真。茶色い瓦屋根でけっこう普通の建物ですが…
Pb220210 内部は民芸調・旅籠調となっております。
Img_7245 宿はけっこう広くて部屋数も多く、コンクリート造の部分もあったりしますが、古風な感じが保たれています。井上靖や木下順二が泊まった宿でもあるそうです。
Img_7243 お部屋は落ち着いた和室で、けっこう広いです。
Img_7240 中庭に面していて、庭に出て散策することもできます。
Img_7242 じゅうたん敷の広縁の端が畳敷きになっており、ちっちゃなコタツが置かれています。一見とって付けたように見えますが、ちゃんと掘りごたつになってます。
Img_7239 部屋の名前は「茜」でしたが、室内に「あかね」という草の押し花に、歌が添えてあります。なかなかの心遣いです。
Img_7221 さて、温泉です。まずは生まれて初めての部屋付きの露天風呂から。木製の樽風で、展望はありませんが、狭苦しい感じもしません。貸し切りであることはもちろんのこと、部屋からすぐに入れるのがいいです。
Img_7238 お湯は無色透明。なめると少し塩っぱいです。泉質はカルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉。泉温は46度。もちろん源泉掛け流しです。
Pb220177 こちらは部屋付きの内湯。金属製の浴槽ですが、蛇口から出て来るのは源泉だそうです。ぽん太はわざわざ入りませんでした。
Img_7213 さて、大浴場の方に移り、こちらは「巨石露天風呂」。おもわず「じぇじぇじぇ!」と叫んでしまいました。写真ではわかりませんが、かなり巨大で、重量感に圧倒されます。長さは5メートルくらいあるでしょうか。重さは53トンだそうです。
Img_7216 普通に考えると、お湯の熱がすべて岩に奪われてしまうような気がしますが。湯量が豊富だからこそ可能なのかもしれません。
Img_7234 こちらは「巨木風呂」。時間制で巨石風呂と男女入れ換えになります。ガボン共和国の樹齢1200年くらいのブビンガという木を繰り抜いて作ったものだそうです。
Img_7229 まだまだお風呂があります。こちらが男性用の大浴場「瑠璃の湯」。窓の外は美しい紅葉。湯気が朝日で輝いてきれです。これぞ朝風呂の醍醐味。
Img_7209 最後に貸し切り露天風呂。露天といっても目の前は崖で、上の方に少し空が見えるだけです。それでも、これでもかというほどたくさんの温泉に、ぽん太とにゃん子は大満足。
Img_7194 夕食は、お食事処のなかの個室でいただきました。彩りも鮮やかで、ちょっと華やいだ感じがするお料理です。
Img_7199 前に書いたように、今回の宿泊プランは「伊勢エビ」つきです。もちろん偽装なし。ありがたや、ありがたや。拝んでから頂きました。ちょっと小さめでしたが、美味しかったです。
Img_7196 湯ヶ島といえばワサビの産地。生ワサビが付いてきます。ここで生まれて初めていただいたのが「ワサビ酒」。すり下ろしたワサビをけっこう大量に冷酒に混ぜます。すると不思議ふしぎ。お味はなんと柑橘系。しかし後味は辛いです。ちなみにワサビを置いてある木製の台はイノシシの形ですが、この宿はイノシシがマスコットになっているようです。
Img_7198 ということで猪鍋です。以前に泊まった近くの吉奈温泉さか屋でもイノシシ料理が名物でした。この辺りはイノシシが多いのでしょうか。そういえば最近は全国的に鹿が増えすぎて困っているとのこと。ぜひとも美味しく頂いてあげたいです。
Pb210146 箸置きもイノシシです。
Img_7205 器もイノシシです。
Img_7203 定番の岩魚の塩焼きですが、笹を使った盛りつけがお見事。
Img_7206 このほかにも色々なお料理が出ました。〆はワサビご飯。炊きたてのご飯の上に下ろしたての生ワサビを乗せ、醤油を少々。口の中がすっきりして美味しゅうございました。
Img_7224 こちらが朝食です。伊豆の干物や、ワサビの小鉢。今が旬の桜えびもついて、なかなか凝ってました。
 「伊豆の山中のひなびた宿」という雰囲気ではなく、規模も大きいし、風呂やお食事なども「けれん」が感じられます。でもそれが嫌みったらしくならず、旅の雰囲気を華やかに盛り上げ、ウキウキした気分にさせてくれます。豊富な湯量で温泉力もなかなか。ぽん太の評価は4点です。

Img_7249 翌日、西伊豆スカイラインに出るべく、湯ヶ島から西へ向かう山道を車で登って行くと、「工場萌え」系の建物がありました。天城湯ヶ島金山の跡です。
Img_7251 古びた建物も残っております。
Img_7252 斜面にはいろいろと鉱山の遺跡が残っているようです。
Img_7253 廃坑となった鉱山を訪ねることを趣味としている人々がいるようです(例えばこちらこちら)。これも楽しそうですが、ぽん太はまだ深入りする気にはならず、車窓からの見学だけでパスしました。

|

« 【登山】ロープウェイのお気軽散歩で富士山を見る!箱根山(駒ヶ岳、神山)、付:願成就院・国宝の運慶作仏像が5つもあり | トップページ | 【登山】軟弱にゃんにゃん・仁科峠から猫越岳(ねっこだけ)(付:道の駅 花の三聖苑伊豆松崎) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】巨石風呂にじぇじぇじぇ!料理もうまい・湯ヶ島温泉白壁館(★★★★)(付:天城湯ヶ島金山跡):

« 【登山】ロープウェイのお気軽散歩で富士山を見る!箱根山(駒ヶ岳、神山)、付:願成就院・国宝の運慶作仏像が5つもあり | トップページ | 【登山】軟弱にゃんにゃん・仁科峠から猫越岳(ねっこだけ)(付:道の駅 花の三聖苑伊豆松崎) »