« 【宿】築200年の茅葺き屋根と美味しい鱒料理の民宿/鱒の家@忍野(★★★★) | トップページ | 【うどん】吉田のうどんを初めて頂きました/白須うどん »

2014/01/15

【登山】富士山で登り初め!ただし0合目〜1合目手前まで(富士吉田登山道)

Img_7599
 忍野の鱒の家に泊まった翌日、天気予報によればこの冬一番の寒波が訪れ、夕方には雪が降るかもしれないとのこと。なるべく標高の低い所を歩くことにし、歴史ある富士吉田登山道を歩くことにしました。
 
【山名】富士山(3776m)の裾野
【山域】富士・御坂
【日程】2014年1月9日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ
【ルート】北口本宮冨士浅間神社10:30…富士林道交差点12:12…北口本宮冨士浅間神社13:15

(※大きい地図や3D地図、当日の天気図などはヤマレコの記録へ)
【マイカー登山情報】北口本宮冨士浅間神社の駐車場を利用できます。でも、シーズン中は大混雑かも。また、富士急バスのループバス(時刻表はこちら)が冬季も中の茶屋まで毎日運行しているので、帰りに利用できます。ただし同じ路線を循環しているので、「中の茶屋→浅間神社」は、かなり遠回りとなります。
【参考サイト】フジヤマNAVI:富士吉田登山道の一合目から五合目までの案内があります。

Img_7586 まずは北口本宮冨士浅間神社にお参り。公式サイトはこちらです。江戸時代に関東からの富士登山の拠点だったことが伺われる、立派な社殿です。
Img_7587 拝殿の見事な彫刻と、面白い形の注連縄。
Img_7588 境内には杉の巨木が何本も生えております。
Img_7591 最初は舗装道路を登っていきます。すぐ左手にある小さな丘は大塚丘と呼ばれ、鳥居と祠があります。日本武尊がここから富士山を遥拝したという伝説が残っているそうです。
Img_7592 大塚丘のちょっと上から案内に従って右手に曲がり、登山道に入ります。以前は車が走っていたそうですが、現在は登山道として整備され、少し横に立派な舗装道路が作られています。
Img_7593 少し歩くと、処々に雪が現れます。
Img_7594 両側はかなり立派な赤松林です。天然林ではなく、江戸時代初期に、雪解け水による土石流を防ぐために植林されたものだそうです。
Img_7595 中の茶屋です。冬は営業しておりません。
Img_7596 ここから先はかなり雪が深いです。なめきってストックも軽アイゼンも持って来なかったので、足がすべって歩きにくかったです。おかげで普段使ったことのない筋肉を鍛えることができました。
Img_7597 中の茶屋のちょっと先にある馬頭観世音です。
Img_7598 12:46分のループバスに乗れるように、ここで折り返すことにしました。趣きある道ですが、途中で富士山がバーンと見える所がないのが、ちょっと残念です。
Img_7600 中の茶屋のバス停に戻った所で、浅間神社に行くには遠回りであることに気がつき、歩いて下ることにしました。歩きにくい雪道を下る気力がなくなり、舗装道路を歩いて帰りました。
 富士吉田登山道、ぽん太とにゃん子は、以前に五合目から山頂までは登りました。今回は登山口から一合目の手前まででしたが、何回かにわけてでも、いつか麓から山頂まで制覇したいところです。

|

« 【宿】築200年の茅葺き屋根と美味しい鱒料理の民宿/鱒の家@忍野(★★★★) | トップページ | 【うどん】吉田のうどんを初めて頂きました/白須うどん »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/58920134

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】富士山で登り初め!ただし0合目〜1合目手前まで(富士吉田登山道):

« 【宿】築200年の茅葺き屋根と美味しい鱒料理の民宿/鱒の家@忍野(★★★★) | トップページ | 【うどん】吉田のうどんを初めて頂きました/白須うどん »