« 【演劇】(ネタバレ注意!)同時代的な重いテーマに三谷幸喜一流の笑い「国民の映画」 | トップページ | 【オペラ】震災後の喪失感を癒してくれる「死の都」新国立劇場オペラ »

2014/03/15

【歌舞伎】キラキラと光輝く玉三郎・七之助の「二人藤娘」2014年3月歌舞伎座昼の部

 2月の歌舞伎座は昼の部だけの観劇。公式サイトはこちらです。
 まずは「壽曽我対面」で華やかな幕開き。梅玉の工藤祐経は悪役には見えず、曽我兄弟を前にしても鷹揚たる態度。大きさと懐の深さが感じられます。橋之助の曽我五郎は声も大きく勢いがあっていいが、セリフを言った後にすっと納まってしまうのが、ちょっと淡白に見えました。孝太郎の曽我十郎はきちんとしてますが、ちと色気がありません。傾城には児太郎と梅丸の若手を抜擢。
 続いて「身替座禅」。菊五郎の山蔭右京は定番ですが、吉右衛門の玉の井はぽん太は初めてです。ぽん太の好きな壱太郎が侍女千枝でしたが、今回は玉の井を双眼鏡で見る方を優先させていただきました。白塗りの大きな顔に最小限の紅を差さし、大げさな表情を作らずほとんど無表情なその顔は、あたかも巌(いわお)のごとくして、吉右衛門の「俊寛」のラストの表情を思わせます。その菊五郎の右京の惚けぶりはいつもながらというか、いつも以上だった気がします。最初から最後まで笑いっぱなしでしたが、それでいてお笑いに走らず、歌舞伎としての品格を崩さないのは、菊五郎の好みと芸のなせる技でしょうか。太郎冠者の又五郎がしっかりと仕事。ラストであっさりと幕が降りたのは、時間の関係でしょうか?
 三番目は藤十郎の「封印切」で、これまた定番。扇雀の梅川、翫雀の丹波屋八右衛門と身内で固めて、息の合った舞台でした。上方風の情感を堪能させていたしました。でも奥座敷で扇雀が闇の中を探るときのロボットのような動きはいただけませんでした。秀太郎の井筒屋おえんに、我當の槌屋治右衛門。特に秀太郎がラストシーンでにっこりと微笑みながら門口に立つ姿は、それだけで錦絵のような風情がありました。
 最後は「二人藤娘」。ぽん太は「二人」は初めて見ました。玉三郎と七之助の饗宴。舞踊がわからないぽん太も感動いたしました。若くて美しい七之助の踊りも良かったですが、二人を比べてみると玉三郎の方が動きが少ないけど、やはり動きのおもしろさ、形の美しさは勝っておりました。なんだか舞台がキラキラ輝いていて、衣装を替えるたびに観客席からため息がもれました。


歌舞伎座新開場柿葺落
鳳凰祭三月大歌舞伎
歌舞伎座松竹経営百年
先人の碑建立一年
平成26年3月13日 歌舞伎座

昼の部

一、壽曽我対面(ことぶきそがのたいめん) 
 工藤祐経 梅 玉
 曽我五郎 橋之助
 曽我十郎 孝太郎
 近江小藤太 松 江
 八幡三郎 歌 昇
 化粧坂少将 児太郎
 喜瀬川亀鶴 梅 丸
 梶原平次景高 桂 三
 梶原平三景時 由次郎
 大磯の虎 芝 雀
 鬼王新左衛門 歌 六
 小林妹舞鶴 魁 春

二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)  
 山蔭右京 菊五郎
 太郎冠者 又五郎
 侍女千枝 壱太郎
 同 小枝 尾上右近
 奥方玉の井 吉右衛門

恋飛脚大和往来
三、玩辞楼十二曲の内 封印切(ふういんきり)
 亀屋忠兵衛 藤十郎
 傾城梅川 扇 雀
 丹波屋八右衛門 翫 雀
 井筒屋おえん 秀太郎
 槌屋治右衛門 我 當

四、二人藤娘(ににんふじむすめ)  
 藤の精 玉三郎
 藤の精 七之助

|

« 【演劇】(ネタバレ注意!)同時代的な重いテーマに三谷幸喜一流の笑い「国民の映画」 | トップページ | 【オペラ】震災後の喪失感を癒してくれる「死の都」新国立劇場オペラ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59295865

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】キラキラと光輝く玉三郎・七之助の「二人藤娘」2014年3月歌舞伎座昼の部:

« 【演劇】(ネタバレ注意!)同時代的な重いテーマに三谷幸喜一流の笑い「国民の映画」 | トップページ | 【オペラ】震災後の喪失感を癒してくれる「死の都」新国立劇場オペラ »